FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

今日はまずフォレックス・ドットコムMT4のご紹介をしたいと思います。

フォレックス・ドットコムMT4は、その名の通りあの世界で話題のメタトレーダー4(MT4)を取引プラットフォームに採用しています。MT4を取引プラットフォームに採用している会社は国内では数社のみとなっています。
ちなみにMT4は移動平均線、RSI、ストキャスティック他テクニカル分析ツールを30種類搭載 、過去データの検証から将来の取引戦略の予測か可能なバックテスティング機能を完備 、自動売買も可能など、いろいろなアプローチのできる自由度の高い素晴らしい取引ソフトで、多くのトレーダーから支持を得ています。

フォレックス・ドットコムMT4は、国内のMT4(メタトレーダー4)のサービス提供会社では唯一の1000通貨取引を取り扱ってくれています。MT4でも1000通貨単位で取引できるとは、これからMT4を使ってみたいと思っていらっしゃる方や少額取引の方にはうれしいサービスですよね!自動売買をされる方にも、1000通貨単位でできるので仕掛けの幅が広がりますのでおすすめです。

1000通貨単位で取引可能なフォレックス・ドットコムMT4では
○0.01ロット=1,000通貨単位-マイクロサイズ 
○0.10ロット=10,000通貨単位-ミニサイズ 
○1.00ロット=100,000通貨単位-レギュラーサイズ
と、3種類の取引単位を設けてあります。

fm
1ロットは10万通貨単位ですので、例えば1000通貨単位でトレードされる方は、注文画面の取引数量は上の図のように「0.01」を選択、1万通貨単位でトレードされる方は「0.1」と入力してください。

また、フォレックス・ドットコム MT4では4月1日より「ゴルゴ13ミッションキャンペーン」開催中です!!
期間中新規口座開設+13ロット(130万通貨単位)の取引をされた方全員に5650円(ゴルゴ)キャッシュバックしてくれます♪
また、新規口座開設+13ロット(130万通貨単位)の取引をされた先着300名にはさらに、
書籍「しろふくろうとはじめるFOREX.comMT4」をプレゼント!!
こちらは先着ですので、書籍も欲しい方はなるべく急いでプレゼント要件を満たしてくださいね!

MT4にご興味のある方、今年こそはMT4にチャレンジしてみようと思われている方は、キャンペーンも充実しているこの機会にフォレックス・ドットコムMT4の口座を持たれてみてはいかがでしょうか。

今日は日曜日ということで、FXの基礎知識を更新します。一番身近だけどおろそかにしがちな「ローソク足」について、今日も前回に続き「上昇相場での買いパターン」についてお話ししたいと思います。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場については、昨日の記事「来週もクロス円は上昇か!?週末のクロス円分析」の方をご覧ください。)


ローソク足はテクニカル分析の基本中の基本といわれます。あまりに身近すぎて、つい他の派手なテクニカルに目を奪われてしまいがちですが、大切にしたいテクニカルです。このローソク足の形や並び方のパターンから、「この形が出たからこれから上昇していきそうだ」などと予測をすることが可能です。
ローソク足は見た目の通り形がローソクに似ていることから「ローソク足」と名付けられています。ローソク足の歴史は古く、江戸時代に「相場の神様」と呼ばれる本間宗久が考えつき、大阪・堂島の米取引で使われていたということですが、その真偽は定かではありません。本間宗久が編み出した、ロウソク足の組み合わせから売り場・買い場を判断する、「三山、三川、三空、三兵、三法」の「酒田五法」はあまりにも有名です。

以下はローソク足についての過去記事です。あわせてご覧いただければ幸いです。
ローソク足について①(陽線・陰線について)
ローソク足について②(ローソク足の形状とその意味について①)
ローソク足について③(ローソク足の形状とその意味について②)
ローソク足について④(2本のローソク足の組み合わせについて)
ローソク足について⑤(酒田五法・三山について)
ローソク足について⑥(酒田五法・三川について)
ローソク足について⑦(酒田五法・三空について)
ローソク足について⑧(酒田五法・三兵について)
ローソク足について⑨(酒田五法・三法について)
ローソク足について⑩(底値圏での買いパターンについて①)
ローソク足について⑪(底値圏での買いパターンについて②)
ローソク足について⑫(底値圏での買いパターンについて③)
ローソク足について⑬(天井圏での売りパターンについて①)
ローソク足について⑭(天井圏での売りパターンについて②)
ローソク足について⑮(天井圏での売りパターンについて③)
ローソク足について⑯(上昇相場での買いパターンについて①)



今回はローソク足の第17回目、今回も前回に続き上昇相場での買いシグナルとなるパターンについてお話ししていきたいと思います。

【カブセの上抜け・小幅上放れ陰線】
ro1

カブセの上抜け
左の図は「カブセの上抜け」のパターンです。クリックしてご覧ください。
カブセの上抜けですが、まず上昇相場が続くも相当上伸後、高寄りし反落したカブセ線の陰線が出現します。そうなると一般的には売り転換の相場となるのですが、下げずに粘り続けた後、前の高値を抜く陽線が出現します。このパターンはめったにない大相場になる可能性が大きく、買いだといわれています。

※カブセ線については、ローソク足について④をご覧ください。



小幅上放れ陰線
右の図は「小幅上放れ陰線」のパターンです。クリックしてご覧ください。
小幅上放れ陰線は、安い水準で小幅なもみ合い相場となった後、上放れして陰線が出現するパターンをいいます。相場は休眠から覚めた状態となり、「以後六日間は上伸すべし」ともいわれており、買いの形です。しかしこの陰線の上ヒゲがロウソクの実体より長いものは基調が弱いと見られ、上昇はあまり期待できないので気を付けたいです。



【上げ三法】
ro2
上の図は「上げ三法」のパターンです。クリックしてご覧ください。
上げ三法は、上昇相場の一時的な休みの形です。上昇の過程で大陽線を形成した後に3日間値を下げますが、下落しても大陽線の安値を下回らずに下げ止まりハラミ型となります。その次の日、前日のロウソク足より高寄りし、先の大陽線の高値を上抜く大陽線を形成したパターンをいいます。下げても先に出た大陽線の安値を割らないことで強い相場は継続していると考えられ、再び先の大陽線の高値を上抜く大陽線を形成したことで買いシグナルとなります。
三本の陰線が先の陽線を下回ってしまうと「三羽鳥」となるので注意したいです。また、「上げ三法」の逆パターンが「下げ三法」となります。

※三法についてはローソク足について⑨でも記事にしています。
※三羽鳥については、ローソク足について⑬をご覧ください。


次回もまた、上昇相場での買いシグナルとなるパターンについてお話ししたいと思います。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後この2つのバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
        ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1352-50ab7b9d
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替