FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・2月個人所得は、市場予想前月比+0.1%に対し結果前月比±0.0%と市場予想より弱い結果に、また米・2月個人消費支出は前月比+0.3%と市場予想通りの結果となりました。米・2月PCEコアデフレーターは、市場予想前月比+0.1%に対し結果前月比±0.0%と市場予想より弱い結果となりました。
NYダウは、米財務省がシティの保有株77億株を今年中に売却する方針を明らかにしたことを受けシティグループが3%安だったものの、商品高からエネルギー関連株が上昇、大型工業株や通信セクターも買われ、前営業日比+45.50ドルの10895.86ドルで引けました。


今日の主な経済指標ですが、英・第4四半期GDP・確報値、米・1月S&P/ケース・シラー住宅価格指数、米・3月消費者信頼感指数などの発表が予定されています。
また、明日31日日本時間9:30に豪・2月小売売上高の発表が予定されています。予想は前月比+0.3%となっていますが、予想を上回る強い数字が出るか、追加利上げ期待高まるオージーだけに、明日の豪・2月小売売上高の発表は要注目です。

昨日ドル円はほぼ92.40~92.70円の間での小動きとなり、ユーロドル、ポンドドルともそう大きな動きとならなかったためユーロ円、ポンド円の方も小動きでした。昨日はオージーなど資源国通貨が堅調で、AUD/USDは朝方の安値0.9033ドルからNYクローズ時には0.9170ドルまで大きく上昇、オージー円も84.91円と85円台に手が届く位置まで上昇してきています。
今週は、週末2日に米国雇用統計を控えしっかりした方向が出にくそうですが、あまり無理せず今日も頑張りましょう!

今日は、92円台は維持できるかのドル円、1.3450ドルをサポートとできるかのユーロドル、明日豪・2月小売売上高を控えてのオージー円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。クリックしてご覧ください。
ドル円は3月上旬より今週まで90円台中心の狭いレンジが続いていましたが、先週24日ドル円は対ユーロでのドル買いが影響する形で上昇し91円台へ上昇、そして短中長期債の金利上昇も手伝い92円を狙う動きとなり、損切りの買いや大口のドル買いが出たことで92円台へ上昇、2月19日の高値92.14円をも超え、92.39円の高値を付けるという、レンジブレイクならではの大きな動きとなりました。そして25日もめずらしくドル円は続伸、91.8円付近をサポートに底堅く推移し、NY時間には24日の高値92.39円を超え一時92.95円と93円台目前まで上昇しました。
先週末26日も上昇基調を維持、92.4円付近をサポートに92.89円まで上昇しましたが、25日の高値92.95円は超えることができず、92.51円で引けました。
週明けの昨日は、目立った動きはなく92.40~92.70円の間での小動きとなりました。そして今日は一時92.16円まで下落、現在92.25円付近で推移しています。

ドル円は依然上昇基調を維持しており、中長期で流れが変わる可能性が出てきています。今週も堅調に推移し、昨年4月からの下降トレンドライン、そして2007年の高値からの下降トレンドラインをしっかりとブレイクしてくる上昇となるかが注目されます。
上値の重さが少し気になりますが、まだ上昇継続となると、今日の安値92.16円付近をサポートに25日の高値92.95円を上抜け93円台へ乗せ、1月7日の年初来高値93.77円を目指す上昇となってくるのでしょうか。93.77円を抜けると次は昨年4月6日の高値101.44円から昨年11月26日の安値84.80円までの下落幅の61.8%戻しである95.08円までの上昇が期待できそうです。
一方、反転し軟調な流れとなれば、今日の安値92.16円付近、そして日足の200日線91.78円付近ではしっかり止まれるかを見たいです。そこで止まれなけば91円付近まで見えてきそうですが、現在ユーロドルの流れと合わせて考えても、ドル円の大幅な下落の可能性は薄いと考えています。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。クリックしてご覧ください。
ユーロドルは1.345~1.385ドルの大きめのレンジ内での動きを2月4日から長く続けていましたが、ついに先週24日に3月2日の安値1.3433ドルを割り込み1.34ドル付近へ下落、欧州時間序盤には1.34ドルも割りこむ下落となりました。その後英格付け機関フィッチが、ポルトガルのソブリン格付けをAA-に引き下げ、見通しをネガティブとしたことが更に上値を重くし、NY時間には1.3360ドル付近をレジスタンスとする流れとなり1.33ドル台前半へ下落、1.3305ドルの安値を付けました。25日にもユンケルユーログループ議長の「今夜中にもギリシャ救済案が成立する可能性」との発言や独仏のギリシャ支援への合意、ダウの上昇などからユーロドルは1.3387ドルまで上昇するも、トリシェECB総裁の「IMFのギリシャ救済はvery very bad(非常に悪いことだ)」などの発言や、ダウが1年半ぶりの高値をつけた後大幅に下げたことなどにより、1.33ドルを割り込み一時1.3266ドルまで下値を更新しました。先週末26日は、EU首脳会議で緊急時にユーロ圏諸国による二国間融資とIMFの両方がギリシャを支援することで合意され、ギリシャ問題に対する懸念が薄れたこと、ギリシャ中銀関係者が「欧州連合(EU)などの支援を利用すると考えない」と発言したことなどから上昇、NY終盤にかけて1.3424ドルまで回復し、1.3408ドルで引けました。

週明けの昨日は1.3471ドルでオープン、1.3493ドルまで上昇するもその後は下落し1.3418ドルの安値を付け、そこからまた1.3505ドルまで上昇するも1.35ドルでは上値を抑えられ1.34ドル台前半へ下落と、はっきりしない流れとなりました。今日は1.3470~1.3490ドルのレンジで小動きとなっています。
ユーロドルは現在反発の流れとなっていますが、ここから今までのレンジ下限1.3450ドル付近をしっかりとしたサポートとする流れとなってくるかに注目です。しっかりと1.3450ドルをサポートとする動きとなれば、再び1.345~1.385ドルのレンジ内での動きとなることが考えられ、まずは現在抑えられている1.35ドルを超え、1.356ドル付近を目指せるかを見たいです。
一方、ここからまた1.345~1.34ドルを割り下落が進めば、1.33ドル、そして25日の安値1.3266ドルは守れるのかを見たいです。ギリシャ問題がとりあえず解決しましたし、下へ簡単に行かないと思いますが、あっさり下抜けてしまうと1.32ドル付近まで、そして一昨年後半、昨年前半にレジスタンスとなった1.31ドルまでの下落も考えられます。

ギリシャ問題はとりあえず決着した形になりましたが、まだこの問題が完全に解決したわけではなく、他にもポルトガル、スペイン、イタリア等の信用問題もありますし、まだまだユーロを積極的に買っていく環境ではなさそうで、戻りは売られやすいと思われます。
ユーロドルは昨年11月25日に1.5143ドルの高値を付けてからの下落がまだまだ続いていると見られ、今後も中長期で下を目指すのか、他通貨にも大きく影響するユーロドルの動きは今後も要注目です。


【AUD/JPY 日足】
audjpy
オージー円日足です。
オージー円は、ドル円の下落とAUD/USDの上昇に揺れる形で、昨年8月中旬から76円台半ば~80円のレンジ相場を形成、トレンドがはっきりしない状態を続けていましたが、昨年10月6日にRBAは、政策金利を0.25%引き上げ3.25%にすることを発表し追加利上げの可能性も示唆、そして10月8日に発表された豪雇用統計の予想外の好結果が追い風となり、オージー円はレンジを上抜け80円台へ上昇しました。
10月15日には、スティーブンスRBA総裁が講演で「利上げに消極的になりすぎることはできない」「必要がないのに金利は低水準には維持出来ない」などと追加利上げを示唆する発言をしたことからオージー円はさらに買われ、8月7日の高値81.91円をついに上抜き今までのレンジを完全に抜けて82円を超え強い上昇基調となり、10月23日には一時85.31円の高値をつけました。しかし10月23日に85.31円の高値を付けてからは調整の流れが主流となり、11月26日には一時76.55円までの下落となりました。しかしそこからは上昇の流れとなり12月31日には83円のレジスタンスを超え、年明けからは連日上値を切り上げ、1月11日には一時86.19円まで上昇しました。

86.19円の高値をつけてからは下降トレンドに変化、1月21日には82円のサポートも割りこみ、1月29日はついに80円のサポートを割れて79.76円で引け弱い流れとなり、2月5日にはレンジ下限76円台半ばを破り一時76.18円まで下落しました。その後76.18円を底に上昇基調となり2月22日には一時82.80円まで上昇しましたが83円を前に反転下落、2月25日には78.18円の安値を付けました。そこからはまた上昇に転じ、時折押し目を作りながらも昨日の時点で高値84.91円まで上昇してきました。

ここからは85円で跳ね返されてしまうのか、しっかり抜けて1月11日の高値86.19円を目指すのか注目されます。このところ軟調だったAUD/USDが、昨日は朝方の安値0.9033ドルからNYクローズ時には0.9170ドルまで大きく上昇し、現在も0.9185ドル付近ですいいし、0.92ドルにあと一歩のところまで来ています。AUD/USDが、0.92ドルを超え、3月17日の高値0.9251ドルも抜けてくれば、オージー円も85円をしっかり超える堅調な流れが予想されます。
チャート上は高値を警戒する場面ですが、値ごろからのショートはAUD/USDの上昇を見ると危険であり、ドル円と合わせて見てもまだ押し目買いの流れと言えます。明日の豪・2月小売売上高が好結果であれば、来週の政策金利発表に向けまた強い展開となりそうで、微妙なプライスですが今の流れは押し目買いと考えます。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後に以下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
         ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキングBLOG誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
91.8にナンピンのL指してるのですがなかなか押してくれませんね(._.)


雇用統計まではあんまし動かないつもりなのでしょうか(._.)ツマラナイ


株式市場はなかなか好調ですね(^-^)


ニュースで見たのですが、役所に外国人の方々大量に押し寄せてるらしいですよ。

子供手当はやくくれと(-.-)

自分も子をもつ親ではありますが、子供手当ては断固反対ですが。


それにしてもなんて予想通りの展開・・・


結局は外国人参政権にしても通ってしまったら事前に危惧されてたとおりの事がおきるのでしょうね(._.)フアンナセイケンダ
2010/03/30(火) 17:01 | URL | 小遣い?ランドパパ #-[ 編集]
オージー85円ですね!
小刻みしてたら、大きな流れ取れなかったです(^^;)
2010/03/30(火) 20:06 | URL | junichi #-[ 編集]
ドル円93円台来ましたね~、年初来高値更新,95円到達なるかですね!
株は含み益に変わってる銘柄も多いですが、ダメ株はダメですね~。(苦笑)株価上昇は持ちっぱなしの株が多い優待主婦としてはかなり嬉しい展開です♪ちょっと最近株買ったり売ったりも忙しくて、為替も見なきゃブログも書きたい、で前場はなかなか大変です。

子供手当はただ票集めのために作られたのでしょうね。メリットがほとんどない、将来に大きな不安を残す、やめたほうがよい政策だと思います。我が家は子供2人いますが手当て受けても扶養控除はなくなるから、あまり恩恵はないような・・・。財源もないし1人2万6千円は無理でしょうしね。
外国人の方々の外国にいる子供達の分まで出る(これ本当なんですかね??)とか、よく意味のわからない手当ですよね・・。個人的には児童手当は自民党政権時からのままで、大型減税実施の方が公平感があって、成果も出てよいのではないかと思います。今の内閣見てると、このままで大丈夫なのかな日本…とは思っちゃいますね。
2010/03/31(水) 10:25 | URL | FX大好きママ(しましま) 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐF #-[ 編集]
オージー円昨日も来ましたね~♪
現在もうきうきロング中です!
2010/03/31(水) 10:26 | URL | FX大好きママ(しましま) 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐF #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1347-f8e07686
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替