FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

雇用統計明けの今日、ドル円は90.45円でオープン、一時90.67円まで上昇し現在は90.40円付近で推移しています。日経平均も今日は182円高で前場引けており堅調で、リスク選好の流れからユーロドルも1.3631ドルでオープンした後、じわじわ上昇し現在1.3680ドル付近での推移となっています。

今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週は11日の豪雇用統計、12日の米・2月小売売上高に注目しています。

まず政策金利関連ですが、11日にRBNZオフィシャル・キャッシュレート、SNB政策金利発表が予定されています。政策金利はどちらも据え置きと予想されています。
今週の主な経済指標ですが、8日に独・1月鉱工業生産、加・2月住宅着工件数、9日に英・1月商品貿易収支、10日に英・1月鉱工業生産、11日に豪・2月失業率/2月新規雇用者数、ECB月例報告、米・1月貿易収支、米・新規失業保険申請件数、12日にNZ・1月小売売上高指数、欧州・1月鉱工業生産・季調済、加・2月失業率/2月雇用ネット変化、米・2月小売売上高、米・3月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値などの発表が予定されています。
その中で注目している11日の豪雇用統計は、2月失業率が5.3%、2月新規雇用者数が+1.50万人の予想となっています。毎月強い数字の豪雇用統計ですが、今回も予想を上回り他国を圧倒する回復を見せてくれるかに注目です。
また、今週は9日に3年債400億ドル、10日に10年債210億ドル、11日に30年債130億ドル、総額740億ドルの米国債入札が予定されていますので、入札を受けての米長期金利の動向に注意しておきたいです。11日に発表が予定されている2月消費者物価指数、鉱工業生産などの中国の経済指標にも注意しておきたいです。

先週末は予想を上回る雇用統計の結果を受け、ドル円は発表後30分で89円台半ばから90円台前半へと上昇、その後も堅調なダウに支えられ90.58円まで上昇し、90.27円で引けました。リスク選好の流れとなったことでクロス円も大幅に上昇、ユーロ円は発表前の121.4円付近から高値123.32円と約2円の上昇、ポンド円も発表前の134.4円付近から高値137.04円までと約2.6円の上昇、オージー円は発表前の80.60円付近から高値82.29円と約1.7円の上昇となりました。
今日も今のところこのリスク選好の流れが維持されていますが、今週は円売り、ドル売りのリスク選好の流れが進んでいくのか慎重に見ていきたいと思います。

今日は、90円台を維持できるかのドル円、1.37ドル台に乗せることができるかのユーロドル、140円まで反発できるかのポンド円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。画面をクリックしてご覧ください。
先週末は予想を上回る雇用統計の結果を受けドル円はほぼまっすぐの上昇となり、発表後30分で89円台半ばから90円台前半へと上昇、その後も堅調なダウに支えられ90.58円まで上昇し、90.27円で引けました。

雇用統計明けの今日は90.45円でオープン、一時90.67円まで上昇し現在は90.40円付近で推移しています。
ドル円は4日の88.13円で一旦底打ちとみてよい流れになっており、今週も雇用統計発表後の流れを引き継げば90.30円~90円付近をサポートに、91円を目指す流れとなるでしょうか。
一方90円がサポートとならず下落すると、89.4円付近、そして89円ではなんとか止まれるかを見たいと思います。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。
ユーロドル、下はなんとか1.345ドル付近で止まり上昇するも、上は1.37ドルで抑えられてしまいレンジが続いています。雇用統計明けの今日は1.3631ドルでオープンした後、じわじわ上昇し一時1.3690ドルまで上昇、現在も1.3680ドル付近の高値での推移となっています。

実体は徐々に下値を切り上げる形のユーロドル、ここから上昇となると、まず今抑えられている1.37ドルへ上昇できるかです。リスク選好の流れで1.37ドルから上を目指してくれば、3日の高値1.3735ドル、そして2月17日高値1.3788ドルを目指せるでしょうか。個人的には1.38ドルを超える強い上昇となってこないなら、まだ弱気寄りで考えたいです。
一方また下向きとなると、1.36~1.358ドルでは止まれるかを見たいと思います。

ユーロドルは2月19日に一時的に昨年3月の安値1.2455ドル~昨年11月の高値1.5143ドルの61.8%押しの1.3482ドルを下抜き1.3444ドルまで下落、3月2日にも1.3433ドルと安値を更新しましたが、そこからは反発、下値を切り上げる流れとなっています。しかしまだ下向きの力は強く残っており、2日の安値1.3433ドルが当面の安値となるのかは、まだ慎重に見ていきたい場面です。
16日のEU財務相会合ではギリシャの財政赤字削減案を承認、ギリシャの自力での再生再建ということで一旦の決着が着きました。しかし、ギリシャ、ポルトガル等の信用問題は根本から解決するのが難しく、引き続き今後波乱の可能性も十分あり、ユーロを買いづらい流れはまだ続くのではないでしょうか。
もちろん反発もあるでしょうが、流れを変えるような好材料が出てこなければやはり1.38ドルからは上値を抑えられる展開となりそうだと考えています。



【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。
2月下旬に2月5日の安値138.23円を大きく下抜けてから更に弱さが鮮明に出たポンド円、先週1日はポンドドルが1.5ドルを割れ一時1.4782ドルまで、ポンド円も一時132円まで下落し安値を更新しましたが、そこからは徐々に回復しポンド円は132.5円をサポートにし、135円を狙う流れとなっていました。そして5日の雇用統計後は135円も破り、大きく上値を伸ばし一時137.04円まで上昇、136.61円で引けました。

雇用統計後一気に上昇のポンド円、今週は雇用統計後の上昇の流れが継続するかを慎重に見ながら、136.6円付近、下げても135円をサポートに138円~138.23円付近まで戻してこれるかを見たいです。しかし今度は138円~2月5日の安値138.23円付近では上値を抑えられそうで、ポンドドルの大幅上昇がないとここを抜けていくことはできないだろうと考えます。138円台前半~138.5円を抜ければ、次は139.7円付近のレジスタンスをしっかり抜け140円台へ戻していけるでしょうか。

一方再び下への流れとなり135円を割れてくるとまず134円~133円付近で止まれるか、まだ下にいっても1日の安値132円は割らずにすむか見たいです。
下落は速いポンド、もし132円を下抜けとなると昨年3月12日の安値131.46円、130円の節目、そして昨年1月の安値118.82円から昨年8月の高値163.06円の78.6%押しの128.29円まで下落してくる可能性も考えておきたいです。

ポンド円に関してはポンドドルの弱さも懸念材料でありましたが、下値を切り上げ回復しつつあります。今週も1.5ドル台を守りながら順調に上昇してくるとポンド円の下値にも目途がつくのですが、ポンドドルが上昇転換していけるのか、引き続きポンドドルに要注目です。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後に以下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
         ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキングBLOG誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
こんにちは~アドバイスありがとうございます。ちょっと上げていますね。欧州まで様子見してみます。
2010/03/08(月) 13:06 | URL | やっさん #-[ 編集]
ユーロドルは1.36ドル台を保ちましたが、ポンドドルは下げましたね~。
でも、1.5ドルをはっきり割れてくるかどうかは今の雰囲気からは微妙な感じがします。
もう手仕舞いされましたでしょうか。
2010/03/09(火) 10:28 | URL | FX大好きママ(しましま) 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐF #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1325-2e12600e
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替