FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

このところ1000通貨単位の取扱いを開始される業者が増えています。1000通貨単位で取引したいという、個人投資家の要望が多いことが窺えます。初心者の方や自信のない方は1000通貨単位で練習を重ねて、自信がついてから1万通貨単位でトレードされるとよいですね。
私がFXを始めたころ(2005年)は、1000通貨単位の会社はほどんどありませんでしたし、スプレッドも広く手数料もとられていましたが、今はほとんどの会社が手数料無料でスプも狭く、1万通貨単位の取引と変わらない環境で有利に1000通貨単位の取引が可能となっています。

MT4を取引プラットフォームに採用している会社で、1000通貨単位でも取引可能なのがフォレックス・ドットコムMT4です。MT4を試してみたいというMT4ビギナーの方にお勧めの業者さんです。

去年7月からは、東証1部上場企業マネックスブループのグループ会社マネックスFXが、1000通貨単位の取引を開始しています。マネックスFXは約定率が非常に高く、その約定率(ストリーミング注文時)は99%となっており、私達が常に約定できるプライスを提示することを重要視してくれています。スプレッドも安定しており、安心して取引ができる会社です。

ジャスダック上場企業FXプライムも、昨年8月末から1000通貨単位の取引を始めました。FXプライムは完全固定スプレッドなので、相場が動いてもスプレッドの広がりがないので取引しやすく、システムも強靭で、こちらも安定した取引をすることができます。

以前から1000通貨単位の取引を扱っていた業者外為どっとコムも大手で安心して資金を預けることができますね。1000通貨単位の取引でご自分のトレードの形を掴んでから、1万通貨単位の取引へ移行されると、けがが少なくてよいかと思います。


今日は日曜日ということで、FXの基礎知識を更新します。一番身近だけどおろそかにしがちな「ローソク足」について、今日も先週、先々週に続き底値圏での買いパターンについてお話ししたいと思います。では、続きをご覧ください。
(今週の相場については昨日の記事の方をご覧ください。)


ローソク足はテクニカル分析の基本中の基本といわれます。あまりに身近すぎて、つい他の派手なテクニカルに目を奪われてしまいがちですが、大切にしたいテクニカルです。このローソク足の形や並び方のパターンから、「この形が出たからこれから上昇していきそうだ」などと予測をすることが可能です。
ローソク足は見た目の通り形がローソクに似ていることから「ローソク足」と名付けられています。ローソク足の歴史は古く、江戸時代に「相場の神様」と呼ばれる本間宗久が考えつき、大阪・堂島の米取引で使われていたということですが、その真偽は定かではありません。本間宗久が編み出した、ロウソク足の組み合わせから売り場・買い場を判断する、「三山、三川、三空、三兵、三法」の「酒田五法」はあまりにも有名です。

以下はローソク足についての過去記事です。あわせてご覧いただければ幸いです。
ローソク足について①(陽線・陰線について)
ローソク足について②(ローソク足の形状とその意味について①)
ローソク足について③(ローソク足の形状とその意味について②)
ローソク足について④(2本のローソク足の組み合わせについて)
ローソク足について⑤(酒田五法・三山について)
ローソク足について⑥(酒田五法・三川について)
ローソク足について⑦(酒田五法・三空について)
ローソク足について⑧(酒田五法・三兵について)
ローソク足について⑨(酒田五法・三法について)
ローソク足について⑩(底値圏での買いパターンについて)
ローソク足について⑪(底値圏での買いパターンについて②)



今回はローソク足の第12回目ということで、前回、前々回に続き底値圏での買いシグナルとなるパターンについてお話ししていきたいと思います。

【三手大黒線・下位の陽線五本】
ro1
三手大黒線
左の図は「三手大黒線」のパターンです。クリックしてご覧ください。
三手大黒線は、下げ相場において下放れないで始まる大陰線が3本続けば、その3本目の大引けで買いとなります。
さらに翌日陽線が出れば上昇相場へ転換が確かになったと考えて、買い増しで対応したいところです。


下位の陽線五本
右の図は「下位の陽線五本」のパターンです。クリックしてご覧ください。
下位の陽線五本ですが、底値圏において陽線が5本も続くということで、ここから上昇転換してきたい状況と見ることができ、買いとなります。
上値を抑えられているので売り圧力は依然として強い状態ですが、その中陽線が5本も続くということで売り方も徐々に劣勢に感じ手仕舞い、踏み上げ相場となる可能性が強い形と言われます。


【最後の抱き線(下位)・捨て子線(下放れ)】
ro2
最後の抱き線(下位)
左の図は「最後の抱き線(下位)」のパターンです。クリックしてご覧ください。
最後の抱き線(下位)は、下落相場の中でめずらしく陽線引けとなった翌日に、上から下へと
大陰線が前日の陽線を抱く形となったものです。
一見まだ下げそうに見える形ですが、この形が出た翌日は上寄りすることが多く,
上寄りしてきたら成り行き買いをするとよいとされています。
しかし、まだ翌日下寄りするようであれば見送りとなります。
(普段使われる「抱き線」についての説明は、ローソク足について④(2本のローソク足の組み合わせについて)をご覧ください。)


捨て子線(下放れ)
右の図は「捨て子線(下放れ)」のパターンです。クリックしてご覧ください。
捨て子線(下放れ)は、かなり下落の進んだ相場の中,更に下放れて始まりますが十字線となった形です。
翌日陽線となれば「捨て子底」となり相場転換のサインとして買いとなります。
(十字線、寄引同事線についてはローソク足について③(ローソク足の形状とその意味について②)をご覧ください。)


次からは天井圏での売りシグナルとなるパターンについてお話ししたいと思います。

やっと申告書作成完了しましたので、今日これから申告会場へ持っていきます。つ、疲れました…。憂鬱な作業が終わり解放感を感じてますが、これから2度の納税がまだ残ってますのでやっぱり憂鬱かも。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後この2つのバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
        ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
御世話になっております。
ポンドはこのままの流れでは
133円割れはしそうですね。
136円を超えてこれば上に
動きそうな感じですが
基本売りスタンスで攻めたいと
思います。
2010/03/01(月) 07:51 | URL | デイトレダー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1316-20b39fcc
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替