FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。


今日は日曜日ということで、FXの基礎知識を更新します。一番身近だけどおろそかにしがちな「ローソク足」について、今日は前回の続きで酒田五法の「三法」についてお話ししたいと思います。では、続きをご覧ください。


ローソク足はテクニカル分析の基本中の基本といわれます。あまりに身近すぎて、つい他の派手なテクニカルに目を奪われてしまいがちですが、大切にしたいテクニカルです。このローソク足の形や並び方のパターンから、「この形が出たからこれから上昇していきそうだ」などと予測をすることが可能です。
ローソク足は見た目の通り形がローソクに似ていることから「ローソク足」と名付けられています。ローソク足の歴史は古く、江戸時代に「相場の神様」と呼ばれる本間宗久が考えつき、大阪・堂島の米取引で使われていたということですが、その真偽は定かではありません。本間宗久が編み出した、ロウソク足の組み合わせから売り場・買い場を判断する、「三山、三川、三空、三兵、三法」の「酒田五法」はあまりにも有名です。

以下はローソク足についての過去記事です。あわせてご覧いただければ幸いです。
ローソク足について①(陽線・陰線について)
ローソク足について②(ローソク足の形状とその意味について①)
ローソク足について③(ローソク足の形状とその意味について②)
ローソク足について④(2本のローソク足の組み合わせについて)
ローソク足について⑤(酒田五法・三山について)
ローソク足について⑥(酒田五法・三川について)
ローソク足について⑦(酒田五法・三空について)
ローソク足について⑧(酒田五法・三兵について)



今回はローソク足の第9回目ということで、前回までに続き酒田五法についてお話ししたいと思います。酒田五法には「三山、三川、三空、三兵、三法」の5つの基礎となるパターンがありますが、今日は五法の中から、三山、三川、三空、三兵に続き最後の1つ、「三法」についてお話しします。

酒田五法の最後の一つ「三法」は、

○「売り」「買い」「休む」の「三法」
○「上げ三法」「下げ三法」などの足型で相場状況を判断する

といったことが言われていますが、結局どちらも

「わからないときは休みなさい」

ということに集約された理論だと思います。



【「売り」「買い」「休む」の「三法」について】
まず、「売り」「買い」「休む」の「三法」についてです。
明らかにトレンドが出ているときは、私達はそのトレンドに従って「売り」「買い」をしていきます。
しかし、トレンドが掴めないレンジ相場もかなり多いですよね。
レンジ相場において無理にトレードしようとしても、無駄な体力を消耗し、結局今までの利益を減らしてしまう、むしろ損をしてしまうということにもなりかねないです。

必ず毎日トレードしないとならないという決まりなんてないです。
自分の得意な形、ポジションを持つ根拠となるサインが出たときのみトレードをし、わからないときには思い切ってポジションは持たず、チャンスを窺うことに徹するという姿勢が大切なんだ、ということをこの「三法」で説いているのだと思います。

私もポジポジするの、かなり好きなので少々耳の痛いこの「三法」です。(汗)



【上げ三法・下げ三法】
ro1
上げ三法・下げ三法の典型的なパターンです。クリックしてご覧ください。

上げ三法は、上昇の過程で大陽線を形成した後に3日間値を下げますが、下落しても大陽線の安値を下回らずに下げ止まりハラミ型となります。その次の日、前日のロウソク足より高寄りし、先の大陽線の高値を上抜く大陽線を形成したパターンをいいます。下げても先に出た大陽線の安値を割らないことで強い相場は継続していると考えられ、再び先の大陽線の高値を上抜く大陽線を形成したということで買いシグナルとなりますが、この「上げ三法」、実は変形して出現することのほうが多く、買いという判断ができないことが多いです。
結局は「はっきりとトレンドが出るまで休んだほうがよい」という判断につながることが多くなります。

下げ三法は、下降の過程で大陰線を形成した後に3日間値を上げますが、上昇しても大陰線の高値を上回らずに上げ止まりハラミ型となります。その次の日、前日のロウソク足より安寄りし、先の大陽線の安値を下抜く大陰線を形成したパターンをいいます。上げても先に出た大陰線の高値を抜けないことで弱い相場は継続していると考えられ、再び先の大陽線の安値を下抜く大陰線を形成したということで売りシグナルとなります。
実際は変形して出てくることが多く判断がかなり難しい、できないというのは上の上げ三法と同様です。

結局上記の足型で実際に行動に移るのは、明らかに高値を上抜いて引ける、安値を下抜けて引けたのを確認した後となるでしょう。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1292-18ad0f80
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替