FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・12月中古住宅販売保留ですが、結果前月比+1.0%となり、市場予想通りとなりました。なお、11月分は前月比-16.0%から-16.4%に修正されています。
NYダウは、強い米GDP、米・1月ISM製造業景況指数の結果や昨日の米・12月中古住宅販売保留の結果などから米景気回復への期待が高まっていることや、昨日発表された企業決算も良好だったことから連日の100ドル超の上昇となり、前日比+111.32ドルの10296.85ドルで引けました。商品市場も続伸となっています。


昨日のRBA政策金利発表では、政策金利は現行の3.75%で据え置きとなりました。直前になって据え置き予想が囁かれるようになりましたが、0.25%の利上げをし政策金利は4.00%となるという予想が大勢でしたので、この予想外の展開にオージーは急落、対米ドルでは0.89ドル台前半から0.87ドル台後半まで、対円では81円付近から79円台半ばまでの下落となりました。声明では「当面は政策金利の据え置きが適切と判断した」とされていますが、その当面の判断がなかなか難しいところです。
今回据え置きとなりましたが、利上げは完全に止まってしまったわけでなく、このまま経済指標の結果などが堅調であれば、4.25~4.50%まではそう遠くないうちに上昇してくるのではと考えています。

今日の経済指標ですが、欧州・12月小売売上高、米・1月ADP全国雇用者数、米・1月ISM非製造業景況指数などの発表が予定されています。米・1月ADP全国雇用者数は予想-4.0万人、米・1月ISM非製造業景況指数は予想51.0となっていますが、今日も堅調な数値となるか、どちらの指標にも注目したいです。

米国経済指標は好結果が続き株・商品市場は今週続伸し、リスク回避の流れはおさまってきている流れですが、為替市場はまだドル高・円高継続となっています。今日は米・1月ADP全国雇用者数、米・1月ISM非製造業景況指数、明日はBOE政策金利発表、ECB政策金利発表、そして明後日5日は米国雇用統計と相場のムードを大きく変えそうなイベントが続きます。雇用統計まで動きづらい状況でもあると思いますが、今日も慎重に頑張りましょう。


今日は、結局また90円台前半のドル円、そして昨日は1円超の下落・今日も軟調なオージー円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。画面をクリックしてご覧ください。
先週の値動きですが、25日は90.23円でスタート、徐々に下値を切り下げ27日は一時89.13円まで下落しましたが、昨年11月の安値84.80円から1月7日の高値93.77円の半値押し89.28円付近では底堅い動きとなり、徐々に上昇し29日の米GDP発表後には90.92円まで上昇し、90.26円で引けました。

明確に50日線90.60円付近を割りこみ下落し、引き続きここからの続落が懸念されたドル円ですが、週明けの1日は米・1月ISM製造業景況指数の強い結果により買われ一時90.94円まで上昇し、2日も90.91円まで上昇し、91円越えを目指しました。しかし、先週末からの91円超えトライは失敗に終わり、ドル円はまたも90円台前半へ押し戻されています。
90円台で方向感定まらないドル円、ここから上昇となれば、50日線の位置する90.58円付近~90.70円をしっかりとしたサポートに91円まで上昇できるか、そして91.5円~1月21日の高値91.86円まで戻してこれるか見たいです。
一方また90円~89.8円を割れてくる下落となると、直近サポート89.6円、そして昨年11月の安値84.80円から1月7日の高値93.77円の半値押し89.28円付近まで下げてきそうです。この89.28円付近を明確に下抜けてしまうと、89円~昨年12月18日の安値88.88円付近までの下落が考えられます。



【AUD/JPY 日足】
audjpy
オージー円日足です。オージー円は、ドル円の下落とAUD/USDの上昇に揺れる形で、昨年8月中旬から76円台半ば~80円のレンジ相場を形成、トレンドがはっきりしない状態を続けていましたが、昨年10月6日にRBAは、政策金利を0.25%引き上げ3.25%にすることを発表し追加利上げの可能性も示唆、そして10月8日に発表された豪雇用統計の予想外の好結果が追い風となり、オージー円はレンジを上抜け80円台へ上昇しました。
10月15日には、スティーブンスRBA総裁が講演で「利上げに消極的になりすぎることはできない」「必要がないのに金利は低水準には維持出来ない」などと追加利上げを示唆する発言をしたことからオージー円はさらに買われ、8月7日の高値81.91円をついに上抜き今までのレンジを完全に抜けて82円を超え強い上昇基調となり、10月23日には一時85.31円の高値をつけました。しかし10月23日に85.31円の高値を付けてからは調整の流れが主流となり、11月26日には一時76.55円までの下落となりました。しかしそこからは上昇の流れとなり12月31日には83円のレジスタンスを超え、年明けからは連日上値を切り上げ、11日には一時86.19円まで上昇しました。
86.19円の高値をつけてからは下降トレンドに変化、21日には82円のサポートも割りこみ、先週29日はついに80円のサポートを割れて79.76円で引け、弱い流れとなりました。

リスク回避の流れに押され弱いオージー円、今週1日は79.06円と窓開け下落スタートでしたがすぐ窓は埋められ、200日線の走る79.33円付近をサポートに79.3-80円での値動き、そして米・1月ISM製造業景況指数の発表後クロス円は買われ、オージー円も80円をしっかり超える上昇となり、81円付近まで値を伸ばしました。しかし昨日の政策金利発表で金利据え置きが決定し、声明でも「当面は据え置き」ということでこの予想外の展開にオージーは急落、対米ドルでは0.89ドル台前半から0.87ドル台後半まで、対円では81円付近から79円台半ばまでの下落となりました。
ここから下方向となると、200日線の走る79.36円付近~1日の安値79.06円では支えられるかを見たいと思います。押しても78円付近までかと考えていますが、78円を割れると昨年8月中旬からの強固なサポートである76円台半ばまでの下落も考えられる流れとなってきそうです。
一方しっかり80円付近をサポートにできれば、80-82円の間での値動きとなってきそうですが、現在下向きのAUD/USDが上向いてこないと、82円を目指すのは難しそうです。


今日は再来週にある小学校の給食試食会の打ち合わせのため、PTAのメンバーで小学校に行ってました。その当日の給食の献立が「ご飯、すき焼風に、切干大根のうまに」というあまり幼稚園児が喜びそうにない(笑)メニューで、栄養士さんも「すいませんね~」とおっしゃってました。でも、4月は学校に慣れるため、こどもたちに好感度が高いメニューばかりを揃えるそうです。給食もそういったことまで配慮して下さるのですね。(感心)
あと2ヶ月で次男も小学生、残り少なくなった幼児期の子育てを悔いのないよう(笑)楽しみたいと思います。
ということで今日は更新遅れ内容も簡単で申し訳ないです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後に以下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
         ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキングBLOG誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1288-834c5803
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替