FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・11月消費者物価指数ですが、前月比+0.4%と市場予想通りの結果となりました。また、米・11月住宅着工件数も市場予想通りの57.4万件、11月建設許可件数は市場予想57.0万件に対し、結果58.4万件と予想より強い結果となりました。
今週1番の注目材料だったFOMC政策金利発表ですが、FFレートの誘導目標レンジの維持、異例の超低金利政策が長期にわたり維持される方針が発表されました。FOMC声明では、「異例の低金利政策、長期にわたり正当化する可能性が高い」「大半の資金供給措置は来年2月1日までに解除へ」などと発表され、その政策に大きな変更点はないものの、大半の資金供給措置は来年2月1日までに解除する方針が示されたことや、労働市場の下げ止まりや住宅セクターの改善の兆しなどが示され、ドル買いとなりました。
昨日のNYダウは、強弱材料出たもののほぼ横ばいの小幅下落、前営業日比-10.88ドルの10441.12ドルで引けました。

今日の経済指標ですが、英・11月小売売上高指数、加・11月消費者物価指数、米・新規失業保険申請件数、米・12月フィラデルフィア連銀景況指数などが予定されています。欧州時間は英・11月小売売上高指数に注目したいです。今回予想は+0.4%となっていますが、予想より強い結果となりポンドドルは昨日の高値を超え、レンジ抜けをしっかりしていけるかを見たいです。また、NY時間には米・12月フィラデルフィア連銀景況指数の発表が予定されています。前回は16.7という結果となっており、今回予想は16.0です。こちらも予想を上回る好結果となるかに注目です。

ドル円はなかなか90円台へ復帰できませんが、今日はユーロドルが先ほど1.45ドルを割り1.4451ドルまで下落と気になる動きをしています。今日はまたドル買いが加速していきユーロドル続落となるのか、ドル円は90円台へ定着できるのか、しっかり流れを見ていきたいと思います。


今日は、90円近辺では上値が重いドル円、さきほど1.45ドルも下抜け続落が懸念されるユーロドル、堅調にじりじり上昇のポンド円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。今週14日は88.94円でオープンしたものの、ドバイ・ワールド傘下の不動産会社ナキールが抱える35億2000万ドルのイスラム債の償還をめぐる懸念などからリスク回避の流れとなりドル円は一時88.37円まで下落し円高が進みました。しかしドバイ・ワールドがナキールのイスラム債を返済する方針を示したためそれ以上のリスク回避の流れとはなりませんでした。15日は88.6~88.80円での狭いレンジとなっていましたが東京午後から上昇、欧州時間には89円を超え89円台前半での推移となり、NY時間には89.5円も抜け、89.94円と90円に迫るところまで上昇しました。昨日も89.5円をサポートにし堅調推移も、またも89.97円で上昇が止まりなかなか90円台へ乗せることができませんでした。

今日はユーロ売り・ドル買いが進んでおり、ドル円も先ほど90円台へ戻し90.07円まで上昇、90円付近で推移しています。現在89.8円付近ではしっかりサポートされており、ここから引き続き89.8円~50日線も位置する89.5円をしっかりとしたサポートとし、90円台を固めることができるかを見たいです。上値の重いドル円、90円台に入ると一段と売られ上値の重さが目立ちそうですが、今月4日の高値90.76円までの上昇となるか、また、難しいとは思いますが90.76円をこえ、92円台への上昇とつながるか、ドル買いがどこまで続くのかユーロドルとともに注目しています。
一方89.5円を維持できず下抜けとなれば89円付近では止まれるか、止まれなければ11月27日の安値84.80円から12月4日の高値90.76円の38.2%押しの88.48円付近、そして11月27日の安値84.80円から12月4日の高値90.76円の半値押しの87.78円付近までの下落も考えられます。


【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。今月4日の米雇用統計後から下降基調となっているユーロドル、先週末11日は米・11月小売売上高の発表後からユーロは大きく売られ、それまでのサポートライン1.46ドル台後半も割って一時1.4585ドルまで下落し、1.4612ドルで引けました。
今週は1.4622ドルでオープンし1.46ドル台の狭いレンジで推移していましたが、15日は1.46ドルの新サポートも割れ、1.4503ドルまで下落、そして昨日も軟調ながら、なんとか1.4505ドルで止まり、1.45ドルがサポートとして機能していました。

ところが今日はその1.45ドルのサポートも破れ9月8日以来の水準・1.4388ドルまで急落、現在は1.44ドル付近での推移となっています。流れは明確に下向き継続となっており、ここからは1.44ドル付近でなんとか踏みとどまれるか、1.44ドルも明確に割れると200日線の位置する1.4350ドル付近が見えてきます。1.44ドルは今年夏のレジスタンスでもありましたし、いきなり簡単に割れないとは思いますが、いきなり逆張りせず様子を見ながら、という流れです。
一方1.44ドル付近こそはしっかりと守り、ここから反転上昇となれば、まず1.45ドル~1.462ドル付近まで戻していけるかを見たいです。

商品価格はこのところ軟調気味に推移し、NY金は4日からドル高を背景に反落しており軟調に推移、今週もドル高・金価格下落が続けばユーロドルも更なる下落が懸念されます。今のところ下落は落ちついてきていますが、商品価格の大幅な調整には十分注意し、引き続き金・原油等商品価格も見ておきたいところです。


【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。9日に一時141.98円の安値をつけてからは上昇基調となっており、今週は144.52円でオープンし、一時143.13円まで下落したもののおおむね堅調に推移し、15日はドル円の上昇もあり、146.05円まで上昇、そして昨日は146.92円まで上昇しました。

今日はドル円が90円台へ戻しているものの、ユーロドルの大幅下落でドルストレートには逆風、クロス円にとってもかなり厳しい流れとなっています。今日はここから今日の安値146.24円付近を守りながら、昨日から上昇を止められている147円を超えてくる流れになるかに注目です。
1.62ドル~1.63ドル台前半でもみ合いを続けていたポンドドルは昨日欧州時間に1.63ドル台前半を上抜け上昇、NY時間に一時1.6410ドルまで上昇しましたが、今日東京時間には再び前のレンジ1.62ドル~1.63ドル台前半へ戻し、ドル円が上向きでもいまいち上昇できない流れとなっています。今日もポンドドルの動きに注意しながらドル円は上昇基調なものの、ポンド円などクロス円の方は慎重に対応したいものです。
一方、今日の安値146.24円付近を破り146円を割れ下落となれば、下方向だと21日線146.27円付近で止まることができるかを見たいと思います。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後に以下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
         ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ

★アンケート実施中です、ご協力よろしくお願いします♪
「あなたのFX歴は?」 投票、コメント、よろしくお願いいたします!




★CMS×「誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ」タイアップ企画!当ページより口座開設され初回入金25,000円以上で、私・しましま作成「移動平均線レポート」プレゼント!           


★ODL、高機能な分析チャートソフト・MetaTrader4を取引取引プラットフォームに採用しています。証券CFDもメタトレーダーを使って取引可能です!
                         ↓↓
ODL
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
お世話になっております。
ポンド今若干戻してきていますね。
146.6を抜けば上に
144.4をきれば下落しそうです
一旦上昇して再度下落。という展開になりそうです。
2009/12/18(金) 07:56 | URL | デイトレダー #-[ 編集]
クロス円売られてますね~。ポンド円も今の流れでは上昇難しそうですが、今日は日銀政策金利発表がありますからね。どうなるでしょうか。
2009/12/18(金) 09:39 | URL | FX大好きママ(しましま) 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐF #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1237-4d8b90c6
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替