FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

今日はまずCMSさんとのタイアップ企画のお知らせからです。

2009年12月31日までに当ブログよりオンライン口座開設申込をされ、その後初回入金期間内に25,000円以上の初回入金をされ新規口座を開設された方全員に、私が執筆しました「移動平均線レポート」をプレゼントさせていただきます!

レポートの内容ですが、目次は

はじめに
1.移動平均線の種類(VTトレーダー)
2.単純移動平均線(Simple Moving Average) の計算式
3.加重移動平均線(Weighted Moving Average)の計算式
4.指数移動平均線(Exponential Moving Average)の計算式
5.移動平均線の計算の基となる値について
6.日数設定について
7.ゴールデンクロス・デッドクロスについて
8.流れを感じるために使用する
おわりに

となっておりまして、CMSの機能充実のVTチャートを使用して、移動平均線について私が普段移動平均線を使って感じたことなどをご説明させていただいてます。拙い文章・内容で恐縮ではございますが、口座開設されてレポートを読んでくださる方は、下のバナーから、または当ブログ右最上部のバナーよりお申込み下さい。

口座開設申込はこちらからどうぞ!!(今月末が締め切りです!)


今日は日曜日ということで、FXの基礎知識を更新します。一番身近だけどおろそかにしがちな「ローソク足」について、2回目の更新です。では、続きをご覧ください。


ローソク足はテクニカル分析の基本中の基本といわれます。あまりに身近すぎて、つい他の派手なテクニカルに目を奪われてしまいがちですが、大切にしたいテクニカルです。このローソク足の形や並び方のパターンから、「この形が出たからこれから上昇していきそうだ」などと予測をすることが可能です。
ローソク足は見た目の通り形がローソクに似ていることから「ローソク足」と名付けられています。ローソク足の歴史は古く、江戸時代に「相場の神様」と呼ばれる本間宗久が考えつき、大阪・堂島の米取引で使われていたということですが、その真偽は定かではありません。本間宗久が編み出した、ロウソク足の組み合わせから売り場・買い場を判断する、「三山、三川、三空、三兵、三法」の「酒田五法」はあまりにも有名です。

以下はローソク足についての過去記事です。あわせてご覧いただければ幸いです。
ローソク足について①(陽線・陰線について)



今回はローソク足の第2回目ということで、ローソク足の形状とその意味をお話したいと思います。

【陽線】
ro1
こちらは陽線の図です。怪しい図ですが(汗)、クリックしてご覧ください。
以下がこの図の①~⑨までの陽線についての説明です。

①大陽線(陽の丸坊主)・・・始値から終値までずっと上昇の非常に強い形。
              続伸が期待できる。超強気

②大陽線(陽の大引坊主)・・・いったん売られるも引けにかけて大きく買われた形。
             連続下げ後でのこの形は、上昇する可能性が高い。強気

③大陽線・・・    大きな上昇を示す。底値圏で出た場合、急反発する可能性が高い。強気

④大陽線(陽の寄付坊主)・・・高値圏でこれが出ると売りか。強く買われる材料があったことを
                  示す。やや強気も注意必要

⑤下影陽線・・・    途中下げるも上昇して引ける形。底値圏、上昇中は買い。強気

⑥小陽線・・・     実体は短いが、買い方の方が強い状態。強気継続

⑦小陽線(陽の極線・コマ)・・実体、ヒゲ、どちらも短く気迷い状態。持合状態

⑧下影陽線(カラカサ)・・・ 高値引けの強い形。底値圏で出れば上昇転換、しかし高値圏で
               出れば首つり線となるので注意。強気

⑨上影陽線・・・高値圏でのこの形が出たら弱気に。やや弱気




【陰線】
ro2
こちらは陰線の図です。こちらもまた怪しい図ですが(汗)、クリックしてご覧ください。
以下がこの図の①~⑨までの陰線についての説明です。

①大陰線(陰の丸坊主)・・・始値から終値までずっと下落の非常に弱い形。続落示唆。超弱気

②大陰線(陰の大引坊主)・・・いったん上昇するも引けにかけて大きく売られた形。
                 続落する可能性が高い。弱気

③大陰線・・・    大きな下落を示す。高値圏で出た場合、急反落する可能性が高い。弱気

④大陰線(陰の寄付坊主)・・・底値圏でこれが出ると買いか。一般的には弱い線。
                 やや弱気

⑤上影陰線・・・    途中上昇も、下落して引ける形。弱い線で高値圏で出ると下落の
              可能性高い。弱気

⑥小陰線・・・     実体は短いが、売り方の方が強い状態。弱気継続

⑦小陰線(陰の極線・コマ)・・実体、ヒゲ、どちらも短く気迷い状態。持合状態

⑧下影陰線(カラカサ)・・・ 底値圏で出れば買いとなるが、高値圏では売り。あまり強い
                 形ではない。やや強気

⑨下影陰線・・・底値圏でのこの形が出たら強気に。やや強気


ふだん何気なく見てるローソク足ですが、陽線、陰線といっても、実体の長さや位置、ヒゲの長さなどでそのローソク足の解釈が大きく違ってきます。そういわれればそうだなあと納得でき、興味深いですね。
今回寄引同事線も入れようと思っていたのですが、時間の都合でできませんでした。次回は、寄引同時線などについてお話したいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後この2つのバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
        ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ

★皆さまへのアンケート:ご協力よろしくお願いします♪
「あなたのFX歴は?」 投票、コメント、よろしくお願いいたします!



スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1233-0719a5e4
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替