FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・11月小売売上高は市場予想前月比+0.6%に対し結果前月比+1.3%、自動車を除くベースも市場予想前月比+0.4%に対し結果前月比+1.2%と、予想より強い結果となりました。また、米・12月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値は市場予想68.8に対し結果73.4と、こちらも予想より強い結果となりました。
これらの強い米指標結果を受けドルが大きく買われ、ドル円は89.80円まで上昇、ユーロドルは1.4585ドル、ポンドドルは1.6195ドル、AUD/USDは0.9089ドルまで下落しました。
NYダウは、11月小売売上高や12月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値の好結果を受け、前日比+65.67ドルの10471.50ドルと3日続伸で引けました。商品市場は金が-6.3ドルの1119.9ドル、NY原油は8営業日連続の下落と軟調な流れとなっています。

来週はFOMC,日銀短観に注目の週です。
14日に日銀短観の発表が予定されていますが、大企業製造業業況判断指数の市場予想はは-27、大企業非製造業業況判指数は-23と、9月に発表された前回調査より改善すると見られています。
また、16日にはFOMC政策金利発表が予定されています。4日に発表された米雇用統計では驚くべき改善結果となりましたが、7日にはバーナンキFRB議長が講演で出口戦略や景気見通しについて大変慎重な姿勢を見せていますし、各種指標は改善を示しているものの、やはり異例の超低金利政策は当分継続するとの内容となりそうです。声明での景気見通しなどにも注目したいと思います。

今週の政策金利関連ですが、15日にRBA議事録、18日に日銀政策金利発表が予定されています。日銀は今月1日に緊急の日銀金融政策決定会合を行い、政策金利は0.10%で据え置き、追加緩和策として「0.1%で期間3カ月の資金を10兆円供給する」ことを決定し、10日に新型オペを実施しましたが、今回の会合でまた更に追加緩和策が出るのかどうかに注目しています。

その他来週の経済指標ですが、14日に欧州・10月鉱工業生産、15日に英・11月消費者物価指数、独・12月ZEW景況感調査、米・11月生産者物価指数、米・12月ニューヨーク連銀製造業景気指数、加・11月景気先行指数、米・10月対米証券投資、米・11月鉱工業生産、16日に豪・第3四半期GDP、英・11月失業率/11月失業保険申請件数、米・11月消費者物価指数、米・11月住宅着工件数、17日に英・11月小売売上高指数、加・11月消費者物価指数、米・新規失業保険申請件数、米・12月フィラデルフィア連銀景況指数、18日に独・12月IFO景況指数などが予定されています。

来週はFOMCをはじめとして注目材料が多く、その発表内容に左右されそうな週です。再来週にはもうクリスマス、そしてその次の週はもう新年です。実質来週が今年最後の週となるでしょうし、商いが薄くなる中注意して、来週も頑張っていきましょう!

今日は、昨日一時89.8円まで戻し、来週の展開が気になるドル円、ついに1.47ドルのサポートを割り、一時1.4585ドルまで下落しこれまた来週の動きが気になるユーロドル、そしてオセアニア通貨も記事にしたいということでオージー円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。ドル円は先週末のポジティブサプライズの雇用統計を受け88円前半から一気に90.76円まで驚くべき上昇を見せ、更なる上昇が期待されましたが、今週7日は90.17円で下窓を開けオープン、バーナンキFRB議長が出口戦略や景気見通しについて大変慎重な姿勢を見せたため早期利上げ期待はしぼみ、89円台前半まで売られ、8日もドバイ債務問題の長期化への懸念、ギリシャの国債格付が引き下げられたことなどから、リスク回避のクロス円の下落につられ88円台へ、NY時間には一時88.17円まで売られました。そして8日は今週からのリスク回避の流れを引き継ぎ欧州時間にドル円は87.36円まで下落、しかし株価や商品価格の下げ止まったことからリスク回避の流れも和らぎ、NY時間には87円台後半~88円付近で推移しました。
10日のドル円は87.7円~88.4円の間での推移となり8日から抑えられている88.5円は超えられませんでしたが、昨日11日のドル円は東京時間から堅調に88.5円を超え88円台後半で推移、そして米・11月小売売上高の発表後89円を超え上伸、一時89.8円をつけ、89.10円で引けました。

89.5円を維持して引けることはできなかったものの、89円台は維持したドル円、来週はFOMCの結果次第で大きく流れが変わりそうですが、下落しても89円~88.5円を維持し50日線も走る89.5円付近をしっかりと超え90円台へ、そして12月4日の高値90.76円まで目指せるかを見たいです。
一方88.5円を維持できず続落となれば、20日線88.20円付近で止まれるか、そして11月27日の安値84.80円から12月4日の高値90.76円の半値押しの87.78円付近までの下落、止まれなければ9日の安値87.36円、大幅に下落するようだと61.8%押しの87.08円付近までの下落が考えられます。



【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。4日の米雇用統計後流れはドル買いに傾き、今週は1.4855ドルでオープンし1.49ドルまで上昇しましたが、1.49ドルの壁は重くしっかり1.49ドル台へ乗せる事ができず、8日はドバイ債務問題の長期化への懸念、ギリシャの国債格付が引き下げられたことなどからユーロは大きく売られ、重要なサポートライン1.48ドルを大きく下回り1.47ドル付近へ、そして9日も軟調な展開、朝に一時1.4668ドル、NY時間にも一時1.4673ドルを付けましたが、1.46ドル台後半ではしっかり止まり、1.47ドル台へ戻しています。10日も1.4683ドルまで下落したものの、1.46ドル台後半ではサポートされ1.47ドル台へ戻す流れで、軟調ながらも1.46ドル台後半ではしっかりサポートされていました。

しかし昨日は米・11月小売売上高の発表後からユーロは大きく売られ、ついにサポートライン1.46ドル台後半を割って一時1.4585ドルまで下落し、1.4612ドルで引けました。
来週はドバイの債務問題やFOMCの結果で大きく動く可能性がありますので気をつけたいですが、ここからユーロがまだ売られる流れとなると、1.45ドル~10月2日の安値1.4479ドル付近までの下落も考えられます。急激な下げにはならないとは思いますが、あまり上昇を期待できない流れとなっています。
一方反転上昇となれば今までのサポートであった1.46ドル台後半~1.47ドルまで、そして1.48ドル~1.485ドル付近まで上昇していけるかを見たいです。

商品価格は軟調に推移し、NY金は先週末からドル高を背景に反落しており、今週も軟調に推移、来週もドル高・金価格下落が続けばユーロドルも更なる下落が懸念されます。昨日も金は下落しており、金がここから大幅調整の流れとなるとユーロも大幅調整となることが予想されますし、引き続き金・原油等商品価格にも注意しておきたいところです。


【AUD/JPY 日足】
audjpy
オージー円日足です。オージー円は、ドル円の下落とAUD/USDの上昇に揺れる形で、8月中旬から76円台半ば~80円のレンジ相場を形成、トレンドがはっきりしない状態を続けていましたが、10月6日にRBAは、政策金利を0.25%引き上げ3.25%にすることを発表し追加利上げの可能性も示唆、そして10月8日に発表された豪雇用統計の予想外の好結果が追い風となり、オージー円はレンジを上抜け80円台へ上昇しました。
10月15日には、スティーブンスRBA総裁が講演で「利上げに消極的になりすぎることはできない」「必要がないのに金利は低水準には維持出来ない」などと追加利上げを示唆する発言をしたことからオージー円はさらに買われ、8月7日の高値81.91円をついに上抜き今までのレンジを完全に抜けて82円を超え強い上昇基調となり、10月23日には一時85.31円の高値をつけました。

10月23日に85.31円の高値を付けてからは大きく調整の流れとなり、11月2日には一時79.44円の安値をつけましたが、その後は上昇に転じ堅調に推移し、11月12日には84.21円の高値をつけました。
しかし、11月17日に公表されたRBA議事録では次の追加利上げは様子を見ながらというスタンスが示されたことや、ドル円の軟調推移などによりオージー円は再び軟調な展開へ、そして今週はドル円の大幅下落やリスク回避のドル買いにより、オージー円は80円のサポートも割れ、11月26日には一時76.55円までの下落となりました。

それからは回復基調にあるオージー円ですが、上値も重くなかなか上昇ができずにいます。10日に発表された豪雇用統計は大変強い結果だったものの、ドバイ関連から欧州の信用問題、商品価格の下落でリスク資産を買いづらい状況が続いています。オージー円は80円割れからはその良好なファンダメンタルから底堅く推移しそうですが、82~83円にかけては上値を抑えられる流れとなるのではと考えています。

自国通貨安歓迎のポンドと違い、「豪ドルはパリティとなっても問題はない」というのが現状の当局のスタンスです。自国通貨高容認、そしてほかにこの利上げに追随する国も見当たりませんし、オージーは下げれば買われてくる通貨だという考えは引き続き持っています。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後に以下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
         ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ

★アンケート実施中です、ご協力よろしくお願いします♪
「あなたのFX歴は?」 投票、コメント、よろしくお願いいたします!




★CMS×「誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ」タイアップ企画!当ページより口座開設され初回入金25,000円以上で、私・しましま作成「移動平均線レポート」プレゼント!           


★ODL、高機能な分析チャートソフト・MetaTrader4を取引取引プラットフォームに採用しています。証券CFDもメタトレーダーを使って取引可能です!
                         ↓↓
ODL
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/13(日) 00:37 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1232-d6032325
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替