FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

おはようございます。FX大好きママしましまです。

今年になって、今からご紹介する大手の業者さんが1000通貨単位の取扱いを開始されています。1000通貨単位で取引したいという、個人投資家の要望が多いことが窺えます。初心者の方や自信のない方は1000通貨単位で練習を重ねて、自信がついてから1万通貨単位でトレードされるとよいですね。
私がFXを始めたころ(2005年)は、1000通貨単位の会社はほどんどありませんでしたし、スプレッドも広く手数料もとられていましたが、今はほとんどの会社が手数料無料でスプも狭く、1万通貨単位の取引と変わらない環境で有利に1000通貨単位の取引が可能となっています。

7月からは、東証1部上場企業マネックスブループのグループ会社マネックスFXが、1000通貨単位の取引を開始しています。マネックスFXは約定率が非常に高く、その約定率(ストリーミング注文時)は99%となっており、私達が常に約定できるプライスを提示することを重要視してくれています。スプレッドも安定しており、安心して取引ができる会社です。

ジャスダック上場企業FXプライムも、8月末から1000通貨単位の取引を始めました。FXプライムは完全固定スプレッドなので、相場が動いてもスプレッドの広がりがないので取引しやすく、システムも強靭で、こちらも安定した取引をすることができます。

以前から1000通貨単位の取引を扱っていた業者外為どっとコムも大手で安心して資金を預けることができますね。1000通貨単位の取引でご自分のトレードの形を掴んでから、1万通貨単位の取引へ移行されると、けがが少なくてよいかと思います。


今日は日曜日ということで、FXの基礎知識を更新します。国産テクニカル・一目均衡表について、今日は三大骨子の一つ・「波動論」についてのまとめです。では、続きをご覧ください。


一目均衡表は、昭和11年(1936年)に都新聞で商況部長をしていた一目山人(本名:細田悟一)が発表したテクニカル指標です。一目均衡表は、一目山人が延べ2000人のスタッフと約7年の歳月をかけて作られたもので、その理論は奥深く、現在正確に理解している人はほとんどいないのでは、と言われています。

一目均衡表における相場理論は、「波動論」、「時間論」、「値幅観測論」の三大骨子に基づいて展開されています。その三大骨子の中で、一目均衡表は「時間論」を軸とし、「相場の主体はあくまでも「時間」である」という概念のもと、この理論は展開されています。

なお、一目均衡表という名前ですが、「相場は売り手と買い手の均衡の元に形成されており、両者の均衡が破れた方に大きく傾くことで、相場の帰趨が一目瞭然にわかる」というところに由来しています。

以下は一目均衡表についての過去記事です。あわせてご覧いただければ幸いです。
一目均衡表について①(一目均衡表の構成について)
一目均衡表について②(転換線・基準線について)
一目均衡表について③(先行スパン1・先行スパン2・遅行スパン・雲について)
一目均衡表について④(時間論・基本数値について)
一目均衡表について⑤(時間論・対等数値について)
一目均衡表について⑥(波動論・波動の種類について)
一目均衡表について⑦(波動論・波動の継続・終息)
一目均衡表について⑧(値幅観測論・V計算値、N計算値)
一目均衡表について⑨(値幅観測論・E計算値、NT計算値)
一目均衡表について⑩(一目均衡表まとめ①)
一目均衡表について⑪(一目均衡表まとめ②)



今回は一目均衡表の三大骨子「波動論」、「時間論」、「値幅観測論」の一つ、「波動論」についてまとめていきます。

波動論では
○基本波動であるI波動、V波動、N波動
○中間波動であるP波動、Y波動
といった5種類の波が存在する。


【基本波動の種類】

○I波動
itimoku
・上昇しました、下降しました、という最もシンプルな波動

○V波動
itimoku2
・下降して上昇しました、上昇して下降しました、という波動
V波動は2つのI波動により構成されている

○N波動
itimoku3
・上昇して下降してまた上昇しました、下降して上昇してまた下降しました、という波動
・N波動は3つのI波動により構成されており、I波動、V波動の集まりがこのN波動
 「すべての波はこのN波動に集約される」と考えられている

★N波動の構成を見ながら、「時間論」や「値幅観測論」による分析を組み合わせ、「その目標値に、いつ頃到達しそうか」ということを、総合的に予測していくことに、一目均衡表による分析の意義がある。


【中間波動の種類】
○P波動(縮小波動)
itimoku4
・中心線より上に収斂していく場合は上へ、中心線より下へ動くときは下へ放たれていく。
・中心線に収斂した場合は、どちらか抜けた方へと動いていく。

○Y波動(拡大波動)
itimoku5
・高値も切り上がり、安値も切り下がりで、方向感なく値幅が徐々に拡大していく波動。
・均衡がくずれ、どちらか抜けた方へと動いていく。

★P波動・Y波動はまさに保合いの形。これらP波動・Y波動は、数か月~数年の単位までに現れる中間波動で、10年以上の期間で発生することはほとんどないと言われている。



ここからは「波動の継続」「波動の終息」を、チャートと図を使い見ていきます。

【波動の継続】

○上昇相場でのN波動~ユーロドル~
itimoku
・上昇相場でのN波動
・N波動は3つのI波動、2つのV波動により構成され、すべての波はこのN波動に
 集約されると考えられている
・ユーロドルは今年3月4日に1.2453ドルの安値をつけてから上昇転換、
 高値、安値とも切り上げながら上昇
・上昇の力が働いているためその上げ幅は大きく、下げ幅は小さくなっている
 (2009年10月18日の時点)

○下降相場でのN波動~ドル円~
itimoku2
・下降相場でのN波動です
・ドル円は今年4月6日に101.44円の高値をつけてから上昇転換、
 高値、安値とも切り下げながら下降中
・下落圧力が強い相場となっており、その上げ幅は小さく、下げ幅は大きくなっている


波動の終息
itimoku3itimoku4
・長く続いているトレンドもいつかは終息し、新しいトレンドが始まる

・どこでトレンドが途絶えたかというのを判断する際に、
 上昇相場であれば前のN波動の安値を下回った時
 下降相場であれば前のN波動の高値を上回った時
 を目安にする

・日足レベルだと、N波動は
 N波動の2連続の5波動、3連続の7波動、4連続の 9波動あたり
 でトレンドが終息することが多いと言われている


一目均衡表の波動論は、波動論と言えばまず思い浮かぶ「エリオット波動論」と似た部分が多いように思いますが、波動の形などエリオット波動よりずっとシンプルで、かつ相場の本質をしっかりついてきていますね。高値・安値を抜くか抜かないかは普段から意識して見ている勘所だといえますし、ぜひ参考にしたいところです。
今回はかなり長くなってしまいました。(まとめなのに・・・汗)次回は、「波動論」、「時間論」、「値幅観測論」の三大骨子の最後の一つ、「値幅観測論」についてまとめていきたいと思います。
スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
相場をずぅーーと見続けてきましたが、「拡大波動」って、なかなか遭遇しない波動ですよね(^^) シストレが発達しようが、この波動がなかなか形成されないということは、相場における人間の心理・行動パターン(仕掛け、利食い・損切り・・)が、昔から変化なしと言うことの現われかもしれないですね☆
2009/11/22(日) 12:30 | URL | junichi #-[ 編集]
縮小の方はよく見かけますが、拡大はないですよね~。
さすが相場歴の長いjunichさんです、たしかに人間心理は
昔から変化ないのでしょうね。
2009/11/23(月) 10:25 | URL | FX大好きママ(しましま) 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐF #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1211-41d85712
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替