FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

今週は、先週末のプライスからほとんど変わらずのスタートですが、現在は少々ドル買い方向で推移しており、ドル円は91.5円を超えてきており、ユーロドルは1.47ドル割れ、ポンドドルも1.62ドル台前半となっています。

今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週の大きな注目材料は、23日(日本時間24日3:15)のFOMC政策金利発表と、24日・25日のG20首脳会合です。
政策金利関連ですが、FOMCに関しては政策金利は据え置きで間違いないと思われますが、利上げ時期も気になりますしFRBの景気見通しなど、その声明文の内容に注目です。
また、23日にはBOE議事録の公表が予定されています。今回注目されていた資産買取枠ですが、1750億ポンドを維持したのは果たして全会一致だったのか、今回の議事録で更なる金融緩和の方向へ進みそうな内容になれば、現在進行中のポンド売りがさらに強まる可能性があり、今回の議事録の公表は要注目です。

今週の経済指標ですが、22日に加・7月小売売上高、23日にNZ・第2四半期GDP、24日に独・9月IFO景況指数、米・新規失業保険申請件数、米・8月中古住宅販売件数、25日にNZ・8月貿易収支、米・8月耐久財受注、米・9月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値、米・8月新築住宅販売件数の発表が予定されています。
今週末24日・25日にはピッツバーグでG20首脳会合が開催されますので、週末のポジション持ち越しはできるだけ避けておきましょう。ドル売りの波は一旦今週で止まるのか、大きな流れとなりまだまだ続くのか、今週もドルの流れを慎重に見ながら、頑張っていきましょう!

今日は、91円台半ばを超え上昇できるかのドル円、今週は先週高値を更新し1.48ドル台へと道を開けるかのユーロドル、今週も売り基調継続となるかのポンド円を勝手に分析です。 では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。先週は90.28円でオープンと窓開け下落で始まり、90.19円の安値を付けましたが、そこからは上昇に転じ91.63円まで上昇、しかし再び下方向へ進み、16日は藤井財務相の「為替が緩やかに動くなら、為替介入には反対」などの発言によりロンドン時間前半に90.12円と14日の安値90.19円を更新、しかし90円台はなんとか守り切り上昇、91.28円で引けました。

今週は91.31円でオープンし、91円40銭台~50銭台と、ややドルが買われての推移となっています。
ドル円は三度90円割れを守り切ったということで、下攻め今度こそ終了と見たいところですが、91円台は上値が重く弱い基調であり、91.5円を超え、今回下抜けてしまった7月13日の安値91.73円のラインをしっかり超えてくるまでは、売り圧力が強い相場と言えると思います。日足でも回復基調ではありますが、戻りもそんなに強くないですし、様子を見ながら大きくは狙わず、短時間で取引したいです。
今日は91円台前半をサポートに緩やかに上昇してきていますが、ここからは7月13日の安値91.73円まで上昇できるか、そして91円台後半をしっかり超えて下落の流れを断ち切ることができるのかを見ていきたいです。一方、下に行くと再び90円台では止まれるか、90円台を守ることができるかが焦点となります。

下向きの流れは8月中旬から長く継続しており、もし流れが変わり90円を明確に割れてくれば、今年1月21日の安値87.12円を目指していく流れとなってくるでしょうか。そう簡単に90円を割れて87円台を目指しに行く動きにはなってこないとは思いますが、全体的にドル売り優勢の流れですし、相場が急変しての更なる下抜けには引き続き注意しておきたいです。


【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。ユーロドルはレンジ相場が続き方向感のない相場となっていましたが、8日ついに1.44ドルを上抜け、その後も堅調に上昇基調を維持し続けています。
先週は1.4599ドルでオープンしドル売り方向で始まり、少々悩ましい動きをしがらも上昇トレンドは継続、14日には1.4652ドル、15日には1.4685ドル、16日にはついに1.47ドルを超え、上下に振れながらも1.4736ドルの高値を付け、17日は1.4766ドルまで高値を更新してきました。週末の調整もあり、先週末は高値更新はならず、一時1.4646ドルまで下落したものの、終値は1.4710ドルと1.47ドル台で引けており、強い流れは継続しています。

今月8日に長い間止められていた1.44ドルの壁を超え、先週は昨年12月18日の高値1.4718ドルも更新してきており、強い流れは継続しています。今週は今のところ1.47ドル割れの水準で小動きとなっていますが、下落しても引き続き1.465ドル付近ではしっかり止まり、17日の高値1.4766ドルを超え、今度は1.48ドルを目指してくるのか、そして昨年9月22日の高値1.4866ドル~昨年8月21日の高値1.4908ドルを目指すのか、じわじわと上昇を狙うユーロドルに注目です。

昨年12月18日に高値1.4718ドルを付けた際は、1.4404ドルより上にはローソク足の実体はなく髭となっており、1.44ドル台にしっかり実体があるのは、今回の上昇を除いては昨年9月29日より前となっています。前回の昨年12月の1.4718ドルへの上昇というのは、極めて一時的なことだったといえます。
ユーロドルは1.44ドル台以上にしっかり定着し、ロウソク足の実体を1.44ドル台より上に残しながら、昨年12月18日の高値1.4718ドルを16日に超えてきました。
ここからは、今までの1.44ドル~1.47ドルのレンジを終了し、1.47ドルをサポートに1.5ドルを目指す新しいステージに入ってくるのかが焦点となってきます。1.475ドル付近では止められ上昇の勢いが弱くなってきてはいるものの、非常に底堅いユーロドル、調整の流れとならないかに注意しながらも引き続き押し目買いで考えています。


【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。先週はキングBOE総裁の議会財務委員会での「準備預金の金利を引き下げることを検討している」とのサプライズな証言、ブラウン英首相からも英国経済に対しネガティブな発言が出たこと、そして18日の英紙の「英銀ロイズが政府保証からの脱却を断念」との記事や、ウォールストリートジャーナルの「ポンドは円、ドルに次いでポンドもキャリートレードの資金調達通貨になる可能性がある」との観測記事など、売り材料には事欠かない週となり、ポンドは大きく売られました。

ポンド円は先週150円台を守れず下落、先週末は148.23円の安値を付け148.51円で引けました。今週は148.15円と、先週の終値から少々窓を開けての下落でスタート、ポンドドルが先週下落し続けていることもありポンド円も下げ基調となっており、ポンド円はほかのクロス円と比べるとずいぶん軟調な展開となっています。
ここからは148円、7月8日の安値146.73円が意識される展開となってきそうでうす。ポンドドルが下げ止まりを見せなければ下落は止まらないでしょうから、ポンドドルの流れもしっかり見ていきたいところです。一方、上昇となればまず149円台へ戻り、149円台を固めながら150円の大台まで戻ってこれるかですが、ポンドドルの下落が顕著な今、上昇はあまり期待できなさそうです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後に以下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
         ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ

★アンケート実施中です、ご協力よろしくお願いします♪
「あなたのFX歴は?」 投票、コメント、よろしくお願いいたします!




★マネーパートナーズさんの新キャンペーン!!口座開設+ログインのみで3000円、プラス10万円以上入金だけで2000円もらえちゃいます!
                         ↓↓

スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
ドル円君、見ない間に92円台とは(^^;)

世界の通貨制度がどうなるか、動きだしますかね♪
2009/09/21(月) 18:09 | URL | junichi #-[ 編集]
今日はまたドルが売られ気味ですね。FOMCを前に、微妙な動きとなっています。
2009/09/22(火) 10:37 | URL | FX大好きママ(しましま) 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐF #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1145-05416b54
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替