FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。
今日はFX専業初の上場企業マネーパートナーズからのお知らせです。
 
マネーパートナーズ、またまたすごいキャンペーンを始めました!!今度のキャンペーン期間は2009年9月1日~2010年2月28日までです。今度のキャンペーンはまず新規口座開設+ログイン3,000円もらえちゃいます。そして10万円以上の新規入金をするとまたさらに2,000円プレゼントと、超太っ腹です!!
 
マネーパートナーズ、10,000通貨単位が最小取引単位である一般的なFX取引サービスの100分の1となる、なんと100通貨単位を最小取引単位とする新しいFXサービス『パートナーズFXnano』の提供をしています。なんとドル円の証拠金200円ですので、超お手軽にFXをお試しすることができます。FXnano口座の開設には、パートナーズFXの口座開設が必要で、パートナーズFXの口座開設後はWEB上ですぐにnano口座の開設が可能です。資金移動もクリックのみで移動でき、大変便利です!持ち越しはできませんのでデイトレの練習をされたい方には超お勧めの『パートナーズFXnano』、興味がおありの方はぜひ口座開設して試してみて下さい!

また、株券を担保にFXができる会社は非常に少ないのですが、マネーパートナーズは東証・大証・名証の1部・2部上場の株券および株式会社マネーパートナーズの株券を担保にしてFXができます。代用有価証券を預り、一定の掛目(証券取引所の前営業日終値の50%)で株券を評価し、その評価額をFX取引口座における純資産として反映させ、FX取引の証拠金として使用できます。ただ証券口座に株を眠らせておくだけの方にとっては、株券の有効利用ができ、とてもお得な制度だと思います。 
株をされてる方ならご存知でしょうが、マネーパートナーズは平成19年6月21日に大証ヘラクレスに上場しています。もちろん信託保全(SG信託銀行)ですし、FX業者の行政処分が相次いでいる今の状況の中、安心を求められる方にもぜひお勧めしたい業者です。

今日は日曜日ということで、FXの基礎知識を更新します。国産テクニカル・一目均衡表について、今日は基準線と転換線についてです。では、続きをご覧ください。


一目均衡表は、昭和11年(1936年)に都新聞で商況部長をしていた一目山人(本名:細田悟一)が発表したテクニカル指標です。一目均衡表は、一目山人が延べ2000人のスタッフと約7年の歳月をかけて作られたもので、その理論は奥深く、現在正確に理解している人はほとんどいないのでは、と言われています。

一目均衡表における相場理論は、「波動論」、「時間論」、「値幅観測論」の三大骨子に基づいて展開されています。その三大骨子の中で、一目均衡表は「時間論」を軸とし、「相場の主体はあくまでも「時間」である」という概念のもと、この理論は展開されています。

なお、一目均衡表という名前ですが、「相場は売り手と買い手の均衡の元に形成されており、両者の均衡が破れた方に大きく傾くことで、相場の帰趨が一目瞭然にわかる」というところに由来しています。

以下は一目均衡表についての過去記事です。あわせてご覧いただければ幸いです。
一目均衡表について①(一目均衡表の構成について)



先週は、一目均衡表の構成をお話しましたが、今週からは「転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパン」の見方をお話したいと思います。

まず、転換線・基準線についてですが、先週以下のようにご説明しました。

転換線・・・当日から過去9日間の最高値・最安値の中心値を当日の転換値とし、
       それを線にしたもの
       転換値=(過去9日間の最高値+過去9日間の最安値)÷2

基準線・・・当日から過去26日間の最高値・最安値の中心値を当日の基準値とし、
       それを線にしたもの
       基準値=(過去26日間の最高値+過去26日間の最安値)÷2

「基準線の向き」はとても重要な要素となります。基準線が上を向いているのか、下を向いているのかは相場の流れを判断する上で重要となります。

転換線は短い日数である9日間、基準線は26日間という転換線より長い日数を使用しています。ということは、転換線は基準線よりも直近の相場の状況を反映しやすく、反応が速いといえます。
ですから、上昇相場では、転換線が基準線の上に位置し、下降相場では、転換線が基準線の下に位置することになります。(下の図をご覧ください)

itimoku




ここまでの説明を読んでいただいて、「あれ、移動平均線と似ていない?」と思われる方も多いかと思います。たしかに似ておりますし、一目均衡表には「好転」「逆転」という、移動平均線の「ゴールデンクロス」「デッドクロス」と似た現象があります。

「好転」・・・上昇相場への移行時に、下に位置していた転換線が基準線を
       下から上へ抜けていく現象
「逆転」・・・下降相場への移行時に、上に位置していた転換線が基準線を
       上から下へ割り込んでいく現象

itimoku2
チャートを表示してみました。正直こちらを直接売買の指標にするのは無理があると思いますし、もともと移動平均線と違い、この好転・逆転にはそういった直接の売買サイン、という意味はないです。以後ご紹介する先行スパン1・先行スパン2・遅行スパンなどとの総合判断で現在の相場状況を把握する、といった形になるでしょうか。

次回は「先行スパン1・先行スパン2・遅行スパン」、そして雲についてお話したいと思います。この一目均衡表、「波動論」、「時間論」、「値幅観測論」の三大骨子についてもまだまったく触れておりませんし、奥深い相場理論だけに、ここからまたかなり長く続くと思われますが、気長にお付き合いをお願いいたします。

ちなみにこちらは移動平均線の過去記事です。もしよろしければご覧ください。
①移動平均線の種類について
②単純移動平均線について
③加重移動平均線について
④指数移動平均線について
⑤ゴールデンクロス・デッドクロスについて

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後この2つのバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
        ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ

★皆さまへのアンケート:ご協力よろしくお願いします♪
「あなたのFX歴は?」 投票、コメント、よろしくお願いいたします!





★マネーパートナーズさんの新キャンペーン!!口座開設+ログインのみで3000円、プラス10万円以上入金だけで2000円もらえちゃいます!
                         ↓↓

スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1137-1c289398
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替