FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・8月ADP全国雇用者数ですが、市場予想-25.0万人に対し結果-29.8万人と、予想より弱い結果となりました。今週金曜日に発表される 8月非農業部門雇用者数の予想は-22.5万人となっていますが、今回の雇用統計は予想を下回る結果となってくるでしょうか。
そしてFOMC議事録は、「MBSと機関債の購入縮小を議論」「景気の持ち直しは2010年と予想」などの内容が公表されましたが、市場の反応は限定的でした。
昨日のNYダウは、米・8月ADP全国雇用者数や米・7月製造業受注指数の弱い結果を受け下落、前日比-29.93ドルの9280.67ドルで引けました。

今日はECB政策金利発表が予定されています。政策金利は据え置かれることが確実視されていますが、日本時間21:30のトリシェECB総裁の会見内容には注意しておきたいです。

その他今日の経済指標ですが、欧州・7月小売売上高、米・新規失業保険申請件数、米・8月ISM非製造業景況指数などの発表が予定されています。 雇用統計の先行指標ともいわれるADP全国雇用者数ですが、今回は-29.8万人と予想より弱い結果となっています。新規失業保険申請件数の市場予想は56.5万件となっていますが、明日に米雇用統計を控え、今日の新規失業保険申請件数にも注目です。また、8月ISM非製造業景況指数の市場予想は48.0となっていますが、こちらも予想を上回り好不況の判断の目安・50に近づけるか注目です。

昨日はドル円がまたも下落、92.5円付近を守ることができず92円台前半へ、そして今日は一時92円を割れてきており、7月13日の安値91.73円を意識する展開となっています。今日はまた対円でドル売りとなるのか、また、リスク回避が強まり対ユーロなどではドル買いとなるのか、それとも他通貨に対してもドルは売られるのか、ドルの方向を慎重に見ていきたいと思います。

今日は、一時92円を割れたドル円、ECB政策金利発表を控えてのユーロドル、ユーロ円を勝手に分析です。 では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。ドル円は先週も下げ基調でなかなか底打ち感が見えず、28日は21日の安値93.41円を下回り93.21円まで安値を更新し終値は93.59円と、94円台へは戻れないまま先週は引けました。

週明けの31日は、民主党勝利を受け93.29円と先週末より30銭円高の水準でオープン、それから大きく円高となり93円を割れ、31日は一時92.54円、1日は92.51円、2日92.07円と安値を更新し続けており、まだまだここから下攻めの心配される展開が続いています。

今日は午前に一時92円を割れ91.94円を付けましたが、今のところ92円台前半での推移となっています。今日反転上昇となると、ここからなんとか92.5円のレジスタンスを超え93円台へ戻していけるかですが、とにかく上値が重く上昇は厳しそうで、まずは昨日まではサポートだった92.5円をしっかり超えてこれるかを見たいです。しかし流れは下向きで売り優勢です、戻りを狙いロングされる場合は十分注意しましょう。
下向きの流れが長く継続しており、昨日はついに92.5円付近も破り下落となったことで、7月13日の安値91.73円が強く意識される展開となっています。今日再び91円台をつけに行く流れとなるかに注目しています。


【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。ユーロドルは先週1.42ドル~1.44ドルの間での値動きと底堅いものの、なかなか1.44ドル台を超える上昇は難しそうです。

今週は、1.43ドル台前半を主にしたレンジ相場となっていましたが、1日にはリスク回避の流れによりユーロドルは大幅下落、1.42ドルを割れ1.4176ドルの安値を付けました。しかし1.41ドル台は一時的なものですぐ1.42ドル台へ戻り、昨日も一時1.42ドル割れの場面もありましたが、1.42ドルをサポートとする動きとなりNY時間には一時1.4294ドルまで上昇しました。
今日は今のところ1.426-1.428ドル付近での値動きですが、ここからは1.428ドルを超え、そして1.428ドルをサポートとし1.43ドル台へ戻す上昇の流れとなってこれるかを見たいと思います。
ユーロドルは上昇しても上値は1.44ドル付近でおさえられ、徐々に上値が重くなってきている感じが気になりますが、なんとか近日中に1.44ドルを超え8月5日の高値1.4446ドルを目指し、そして超える流れとなってくるでしょうか。
一方1.425ドルを割り、そして1.42ドルがサポートとならない下落となれば、1.41ドル付近までの下落が見えてきます。1.42ドル~1.44ドルの間で推移し、なかなか次の動きになってこないユーロドルですが、どちらに抜けていくかに注目です。

ここからのポイントは大きく下落しても1.4ドルを守れるか、となってくると思います。ここで止まることができれば流れは切れず、再び前回高値1.44ドル台以上まで、そして1.44ドル台をしっかり超えてくれば昨年12月の高値1.4718ドルを目指す展開も期待できます。
ユーロドルは多少調整は入るものの上昇基調は継続しており、簡単に1.4ドルを破り1.3ドル台へ下落することは可能性として薄いとは思いますが、株価暴落を引き金とした急落などには十分注意しておきたいところです。

先述しましたが、今日はECB政策金利発表が予定されています。政策金利は据え置かれることが確実視されており、そう大きく動く内容にはならないかと思いますが、トリシェECB総裁の会見内容には注目したいと思います。


【EUR/JPY 日足】
eurjpy
ユーロ円日足です。ユーロ円は8月7日には138.72円まで上昇、しかしそこからは上昇できず反転し下落基調となっており、昨日は131.02円の安値をつけています。ドル円が異様に上値が重くずるずると下げ続けていますので、ユーロドルが比較的堅調推移でもユーロ円は大変軟調な展開となっています。

ここのところユーロ円は133~136円付近での値動きで、明確な方向をつかみづらくなっていましたが、今週に入り133円がサポートとならず、131円までの下落となっています。ここからはまず130円台半ば~130円ではしっかりサポートされるのかどうかを注視したいところです。130円を割れてくると、7月13日の安値127.98円、そして7月8日の安値126.99円までが意識される展開となってきます。
ここから上昇となれば、まず133円まで上昇、そして133~136円付近のレンジに戻れるかですが、ドル円がこのような軟調さでは、ユーロ円も上昇は難しいでしょう。

ここからドル円が更に下落する心配、NYダウが大きく崩れユーロドルもリスク回避により売られる懸念など、ユーロ円の下方向へのリスクはまだ大きそうで、買いはしっかり反転するまで様子を見たいところです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後に以下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
         ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ

★アンケート実施中です、ご協力よろしくお願いします♪
「あなたのFX歴は?」 投票、コメント、よろしくお願いいたします!




★マネーパートナーズさんの新キャンペーン!!口座開設+ログインのみで3000円、プラス10万円以上入金だけで2000円もらえちゃいます!
                         ↓↓

スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
一時、91円台に入ったんですね☆
今晩から、大きく動くか、毎晩寝れ無さそうかもです(^^;)
2009/09/03(木) 17:38 | URL | junichi #-[ 編集]
昨日は92円止まりで反転しましたね~。今日は雇用統計、さて、どちらでしょうか??
2009/09/04(金) 07:11 | URL | FX大好きママ(しましま) 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐF #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1126-6d1248ea
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替