FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・第2四半期GDP・改定値は、市場予想前期比-1.5%に対し、結果前期比-1.0%と、予想より強い結果となりました。また、米・第2四半期個人消費・改定値も、市場予想前期比年率-1.3%に対し結果-1.0%と予想より好結果となりました。米・週間新規失業保険申請件数は市場予想56.5万件に対し結果57.0万件と、弱い結果となりました。
NYダウは、原油相場が持ち直しエネルギー関連株に買いが入ったことなどから、前日比+37.11ドルの9580.63ドルと、2007年4月以来となる8営業日続伸・年初来高値をまた更新して引けました。反動の大幅下落が懸念されるものの、非常に底堅い動きとなっています。


今朝発表された7月全国消費者物価指数(生鮮食品除・前年比)は-2.2%と市場予想通りの結果、7月失業率は市場予想5.5%に対し結果5.7%と、過去最悪記録を更新しています。日本の失業率の悪化はいつ止まるのか、厳しい数字はまだしばらく続きそうです。

今日の主な経済指標ですが、英・第2四半期GDP・改定値、米・7月個人所得/7月個人支出、米・8月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値などの発表が予定されています。
昨日も速いペースで流れが変わり、方向を掴みづらく早めの決済が求められる相場でしたが、今日も結局一方向へは行かないでしょうか。今日はドル円が昨日の安値93.21円を下回ってこないか、ユーロドルは上値トライを続けることとができるのか、ドル売りの流れが継続するのかを見ながら取引したいと考えています。
今週末は衆議院選挙の投票日です。週明けの窓開けも状況次第ではないともいえませんので、できればポジションはない状態で週末を迎えたいですね。

今日は、昨日93.21円まで下落し安値更新のドル円、再び一時1.44ドル台まで戻してきたユーロドル、昨日は151円まで下落、弱い流れ継続のポンド円を勝手に分析です。 では、続きをご覧ください。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。ドル円は先週は週初から下げ基調でなかなか底打ち感が見えず、21日は19日の安値93.66円を下回り93.41円まで安値を更新してきましたが、米・7月中古住宅販売件数の好結果や、バーナンキFRB議長の世界経済回復に向けての力強い発言により急進、一時94.71円まで上昇し、94.37円で先週は引けました。

今週は94.36円でオープン、先週末の上昇の流れを引き継ぎ順調に上昇し、95.06円まで上昇したものの、そこからは戻り売りに押され再び94円台へあっさり下落、そして94円台も守ることができず上値を切り下げてきています。今週は連日上値を切り下げてきており、昨日は21日安値93.41円も下抜け93.21円まで下落し、まだまだ底打ちを感じられない展開となっています。

今日は今のところ93.66円近辺で落ち着いていますが、ここから93.4~9.3.8円辺りでの動きでとりあえず落ち着いてくるでしょうか。下向きの流れは継続しており、昨日の安値93.21円を破り下落となると、7月22日の93.09円、92円台半ば、そして7月13日の安値91.73円が意識されます。
今日反転上昇となると、ここからなんとか93.8円を回復し94円台へ戻し、94円台半ばを回復し再び95円台へトライする流れとなってこれるかですが、とにかく上値が重く上昇は厳しそうで、特に上昇できたとしても94.4円を超える上昇は厳しいのではないかと思います。


【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。ユーロドルは先週初めに1.405ドル付近まで下落したものの、その後上昇地合となり、週末には1.43ドル台へ上昇し、1.4324ドルで引けました。
週が明けてからは1.43ドル付近を挟んで、方向感に欠ける動きとなっていましたが、一昨日1.426ドルのサポートを割り下落、一時1.4206ドルまで売られ、昨日も1.4219ドルまで下値をつけましたが、1.4220ドルがサポートとなり下値は底堅く推移しました。そしてNY時間午後には1.43ドルを超えドル売りの流れに乗り大きく上昇、一時8月7日以来の1.4406ドルをつけました。

現在は1.426ドル台でほとんど動いていない状態です。今日はここからは、1.434ドルをサポートにし、下げても1.43ドル~1.428ドルををサポートとし上昇、1.44ドル台に乗せる流れとなるかを見たいです。8月5日の高値1.4446ドルを目指し、そして超える流れとなってくるでしょうか。
一方1.428ドルがサポートとならない下落となれば、1.428~1.422ドル付近での値動きとなるのではと考えています。

ここからのポイントは大きく下落しても1.4ドルを守れるか、となってくると思います。ここで止まることができれば流れは切れず、再び前回高値1.44ドル台以上まで、そして1.44ドル台をしっかり超えてくれば昨年12月の高値1.4718ドルを目指す展開も期待できます。
ユーロドルは多少調整は入るものの上昇基調継続となっており、簡単に1.4ドルを破り1.3ドル台へ下落することは可能性として薄いとは思いますが、引き続き大きめの調整、急落には注意しておきたいところです。


【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。先週は153.5円~157.5円でのレンジとなり、明確な方向性は見出せずとなっていましたが、今週は下向きの力が勝っており、サポートとなっている153円台半ばも維持できず、ここからもう一段の下落となってくるかが気になるところです。

今週は週初に先週末の上昇の流れを引き継ぎ156.81円の高値を付けましたが、157円を前に失速し一転下落が続き、一昨日は153円台半ばのサポートも明確に割り、一時152.21円の安値を付け、昨日はまたさらに下値拡大で一時151.03円までの下落となりました。
先週の「500億ポンドの資産買取枠拡大が6対3の結果だった」などのネガティブ材料などが重しとなっているポンド、なかなか上昇しにくそうで買いづらく、一層の下落も懸念される形となっています。

先週は17日、19日に153円台半ばまで、そして21日も153.55円まで下落したものの、153円台半ばではしっかり反発しておりましたが、一昨日は153円を明確に割れ昨日は151.03円付近まで下落、Lここからは節目の150円から前回下落が止まった位置の148円台中盤、そして7月8日の安値146.73円までの下落も考えられる動きとなってきており、注意が必要です。
1時間足で見ると、一応底を打って上昇しているのですが、買いはポンドドルが1.63ドルを超えて強い上昇となってこれるかなども見ながら、慎重に対応したいところです。
ドル円はなかなか上昇できず上値を切り下げてきており、ポンドドルが昨日1.615ドル付近まで下落、現在は1.62ドル台後半まで戻していますが、再び1.62ドルも割り込み1.6ドルを目指す下落となってきたら、ポンド円も一層大きく下落してくるでしょうし、引き続き注意が必要です。

ユーロポンドは右肩上がりの上昇を続け、昨日は0.8838の高値を付けてきており、現在も0.88付近をサポートに時上昇を続けています。ここからまたユーロとポンド、一層乖離が進みユーロがますます強い展開となるのかに注目したいと思います。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後に以下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
         ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ

★アンケート実施中です、ご協力よろしくお願いします♪
「あなたのFX歴は?」 投票、コメント、よろしくお願いいたします!




★マネーパートナーズさんの新キャンペーン!!口座開設+ログインのみで3000円、プラス10万円以上入金だけで2000円もらえちゃいます!
                         ↓↓

スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/08/28(金) 17:08 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1120-f7fc7c38
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替