FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・7月ISM製造業景況指数ですが、市場予想46.5に対し結果48.9となり、昨年8月以来の高水準という大変強い結果となりました。9月初旬に発表予定の8月ISM製造業景況指数は、景気を見極めるうえでの分岐点となる50を上回る可能性も出てきました。
NYダウはこの米・7月ISM製造業景況指数の大変強い結果から、景気回復への期待が高まり大幅上昇、前営業日比+114.95ドルの9286.56ドルで引けました。NYダウは3日続伸、2008年11月4日以来の高値となり、とにかく強いです。


ついにユーロドル、6月3日の高値1.4338ドルを抜けてきましたね。2か月ぶりの高値更新です、この瞬間を長く待っていました。ポンドドルも1.6987ドルまで高値更新です、1.62~1.66ドルのレンジを上抜けてから、ポンドらしい上値追いとなっています。
昨日はドルストレートでは大きくドル売りに傾き、ドル円も95.42円まで上昇したことでクロス円は大幅上昇、ユーロ円は137.55円、ポンド円は161.79円、オージー円は80円台復帰で80.34円までの上昇を見せました。

今日は13:30にRBA政策金利発表が予定されています。今回、政策金利は3.00%で据え置きの予想ですが、オージーに関しては豪経済の見通しが楽観的になっていることから年内利上げ観測も出ており、今回の声明での今後の豪経済見通しに注目したいです。
今日10:30に発表された豪・6月小売売上高は市場予想前月比+0.5%に対し結果前月比-1.4%と、予想より弱い結果となりましたが、同時刻に発表された豪・第2四半期住宅価格指数が市場予想前期比+2.0%に対し結果+4.2%と大変強い結果となり、AUD/USDは0.8469ドルまで上昇し年初来高値更新、オージー円も80.81円まで上昇し、6月11日の高値80.44円を更新し年初来高値更新してきており、楽しい展開となっています。

今日の各国経済指標はスイス・7月消費者物価指数、欧州・6月生産者物価指数、米・6月個人所得/6月個人支出、米・6月PCEコア・デフレーター 、米・6月中古住宅販売保留の発表が予定されています。
週明けから大きくリスク選好の流れとなっていますが、今日もこの流れが続くのか、NYダウは高値更新を続けるのか、今日もPCの前から離れられない展開となりそうです。


今日は、ついに6月3日の高値1.4338ドルを上抜け1.44ドル台へ突入のユーロドル、6月12日の高値162.57円を目指す流れのポンド円、80円突破し本日年初来高値更新、RBA政策金利発表を控えてのオージー円を勝手に分析します。


【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。ユーロドルは1.4ドル台を維持しながら上昇中、6月3日の高値1.4338ドルを目指す展開となっていましたが、昨日NY時間に6月3日の高値1.4338ドルを超え大きく上昇し、1.44ドル台へと上伸、一時1.4445ドルの高値を付けています。
ユーロドルは7月23日に一時1.4290ドルとあと一歩で1.43ドルというところまで上昇、27日も一時1.4297ドルまで上昇、そして28日はついに一時1.4304ドルと、1.43ドルを超えてきたのですが、1.43ドルをつけてから上昇できず大きく下落、何度も1.43ドル超えを目指し失敗、結果下落となりました。しかし1.4ドル付近まで下落はしたものの1.4ドル台を守り、先週31日は1.40ドル台後半から上昇しNY時間には1.4279ドルの高値をつけ、再び1.43ドルに迫りました。
週が明けて昨日3日午前には1.4309ドルまで上昇、そしてNY時間に6月3日の高値1.4338ドルを超え1.44ドル台へと上伸、ついに2か月もみあった1.374ドル~1.4338ドルのレンジを上抜け、一時1.4445ドルの高値を付けてました。今日も1.44ドルをサポートに堅調推移となっています。

今日は1.44ドル台を維持しながら、昨年12月18日の高値1.4718ドルを目指し上昇する流れとなってくるかです。実は昨年12月の高値を付けた際も、1.4404ドルより上にはローソク足の実体はなく髭とな
っており、1.44ドル台にしっかり実体があるのは昨年9月29日となっています。前回の1.4718ドルへの上昇というのは、極めて一時的だったといえます。
ここからは、ユーロドルが1.44ドル台にしっかり定着し、ロウソク足の実体を1.44ドル台より上に残しながら、昨年12月18日の高値1.4718ドルを目指しじわじわと上昇を続けることができるかが焦点となってきそうです。
サポートは1.44ドルが直近、そして何度も超えられなかった1.43ドル付近が、今度は強固なサポートとなってくれるかがポイントです。

ユーロドルの息の長い上昇が可能であれば、ユーロ円をはじめとしたクロス円はここからまだ上昇し、年初来高値更新を続ける可能性も十分です。引き続き重要通貨ペア・ユーロドルの動きには要注目です。


【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。ここのところ200日線155.25円付近にサポートされ、7月30日には7月2日以来の158.07円まで上昇、31日も158.57円まで上昇、そして昨日8月3日NY時間には160円をしっかり超え、一時161.79円まで上昇と、上値を狙う動きが続いています。

今日も一時162.18円まで上昇しており、現在は161.80円付近で推移していますが、ここから今までのレジスタンスであった160円をサポートに、6月12日の高値162.57円に並び、昨年10月30日の高値165.06円を目指す上昇となってくるかを見たいと思います。

ポンドドルは、先週末7月31日に1.64ドル台後半から上昇、NY時間にはついに1.66ドルのレジスタンスを超え、一時1.6732ドルまで急上昇となりました。そして昨日3日は一時1.6987ドルと、あと少しで1.7ドルに手が届く水準まで上昇、今朝は一時1.7002ドルとついに1.7ドル台を付け、かなり強い基調となっています。
ドル円は94~95円台でもみ合っていますが、ポンドドルが1.66ドルを上抜け、昨年10月下旬のポンド急落前の水準・1.7ドル付近まで上昇する展開となったことでポンド円も上昇余地が広がり、ポンドドルの上昇次第では6月12日の高値162.57円を超え、昨年10月末の水準165円、そしてそれ以上を目指す展開も期待できそうです。

今週は6日にBOE政策金利発表が予定されています。資産買い入れの規模を拡大か、それとも据え置きを続けるのか、エコノミストの予想も2分しているようです。今回買い取り枠の拡大が決定すればポンド売り要因となるでしょうし、据え置き、または減額を示唆するような方向であればポンド上昇要因となってくるかと思います。
注目点の買い取りプログラムの顛末で大きくどちらかに動きそうな6日の政策金利発表には、個人的に特に注目したいと思います。


【AUD/JPY 日足】
audjpy
オージー円日足です。今週も先週の流れを引き継ぎ上昇、スティーブンスRBA総裁が、「豪州経済は他国と比較してよいようだ」「経済回復は6ヶ月前の中銀予想を上回る可能性」などと、豪州経済への明るい見通しを示したことで、AUD/USDが大変堅調な上昇を見せていることがオージー円上昇のサポートとなっています。

オージー円は6月11日高値80.44円まで上昇、そこからは下落基調となり今月13日には70.74円まを付けましたが、そこからは再び上昇トレンドとなり、ついに昨日のNY時間には80円を超え80.34円まで上昇、そして今朝は小売売上高は予想外に前月比マイナスとなったものの、大変強い住宅価格指数の数値からオージーが買われ、オージー円もオージー円も80.81円まで上昇し、6月11日の高値80.44円を超え年初来高値を更新してきており、今日あと1段上昇し、81円台へ乗せることができるか、注視したいと思います。
昨年10月6日にオージー円は高値81.22円から安値70.29円まで急落し多くの悲劇が起こったのですが、その高値81.22円~81円台中盤を超えていけるのかがこれからの課題となりますが、この水準を超えていくにはかなりの力を必要とし、そう簡単には上昇できないものと考え、高値追いはくれぐれも慎重にしたいものです。このあたりではもみ合うだろう、という前提から、逆張りショートも大変有効かと思いますが、ここをもし一発で抜けてくるようだと90円復帰までのテンポも速いかと思います。また下げるだろうという考えも危険です、損切りは丁寧に行いたいものです。
一方ここからもし80円台の達成感も出て下落基調となり、80円がサポートとならなければ78円まで、大きめの調整となれば76円付近まで調整が進みそうですが、76円近辺では底堅い動きとなってくるのではと思います。

AUD/USDは高値更新を続けており、今朝の指標時も0.8469ドルまで上昇と、大変堅調に推移しています。今週さらに上昇を目指す動きとなれば、オージー円もまた一段の上昇が期待できます。
主要通貨の中では1番の高金利であり、資源国であり現在商品価格が堅調に推移していること、そして経済指標も好結果で、昨日スティーブンスRBA総裁が講演で述べたとおり、他の先進国に比べると豪経済が痛んでいないこと、主要貿易相手国である中国の景気安定化の兆しなどがオージー独自の上昇要因と言えます。 今日のRBA政策金利発表でも、豪経済の見通しが明るいものとなるか、その声明に注目です。

現在非常に堅調なオージーですが、市場の流れがリスク回避となれば真っ先に売られるのがまたオセアニア通貨です。安心しきるのはまだ早く、今の市場心理がリスク回避なのか、リスク選好なのか、柔軟に対応していきたいところです。上昇するにしても急上昇はなく、上げ下げを繰り返しながらじわじわととなっていくでしょうから、あまり高値で飛びつかない方が危険は少ないかと思います。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後この2つのバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
        ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ





★マネーパートナーズさんの新キャンペーン!!口座開設+ログインのみで3000円、プラス10万円以上入金だけで2000円もらえちゃいます!
                         ↓↓

スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
いつのまにやら、80円突破してるんですね(^^)

 昨晩は、久々にドル円に参戦し、2,3pips~10pips×12回で、疲労MAXです(^^;)  

 そう言えば、本を見たら、大証FXは、板画面が見れるようですね!
2009/08/05(水) 09:56 | URL | junichi #-[ 編集]
そうなんです、突破したんですが、今また79円台に戻ってます。
junichiさんはけっこうスキャルピングされるのですね~。たしかに張り付いて緊張感のある取引してたら、疲れますよね。私もなんだか最近疲れがたまっています。
2009/08/05(水) 15:00 | URL | FX大好きママ(しましま) 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐF #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1095-de4a7673
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替