FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された独・7月IFO景況指数は、市場予想86.5に対し結果87.3と、予想より強い結果となりました。一方、英・第2四半期GDP・速報値は市場予想前期比-0.3%に対し結果-0.8%と予想より弱い結果で、前年比では-5.6%となり、1955年以来最大のマイナス幅を記録しました。これらの結果から、ユーロ買い、ポンド売りが進みました。
NY時間に発表された米・7月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値は、市場予想65.0に対し結果66.0と予想より強い結果となりましたが、その反応は薄いものでした。
昨日のNYダウは小幅高、前日比+23.95ドルの9093.24ドルと、昨年11月以来の高値で引けました。

来週は30日日本時間6:00にRBNZ政策金利発表が予定されています。政策金利は2.5%で据え置きの予想となっています。昨年7月24日の政策金利発表で8.25%から8.00%に利下げ、それ以来約1年利下げが続いてきましたが、前回、先月11日の政策金利発表でやっと金利据え置きとなりました。NZの政策金利も2%が下限と見られており、のりしろを残したまま、このまましばらく政策金利は据え置きが続くでしょうか。ボラードRBNZ総裁は「政策金利は若干低下する可能性がある」「政策金利は2010年末より前に上がることは無い見通し」などと述べ引き続き慎重な姿勢ですが、今の落ち着気を取り戻しつつある経済状況を見ると、当面利下げはないだろうと思われます。

来週は27日に米・6月新築住宅販売件数、28日にNZ・6月貿易収支、米・5月S&P/ケース・シラー住宅価格指数、米・7月消費者信頼感指数、29日にNZ・6月住宅建設許可、米・6月耐久財受注、ベージュブック、独・7月消費者物価指数・速報、30日に日・6月鉱工業生産・速報値、豪・6月住宅建設許可、米・週新規失業保険申請件数、31日に日・6月全国消費者物価指数、欧州・7月消費者物価指数・速報値、欧州・6月失業率 、加・5月GDP、 米・第2四半期GDP・速報値、米・第2四半期個人消費・速報値、米・7月シカゴ購買部協会景気指数などの発表が予定されています。
子供たちも夏休みに入り毎日何かと忙しいですが、この土日ゆっくり休んで7月最後の週を頑張りましょう!

今日は、ちょっと気分を変えて、ユーロ円・オージー円を週足・月足で勝手に分析します。(ひとりごとです・汗)


【EUR/JPY 週足/月足】
eurjpyeurjpy2
ユーロ円、左が週足で右が月足です。
ユーロ円は2007年~2008年7月にかけて170円に迫る上昇を見せるものの、170円超えは達成できず、2008年9月のリーマンショックが引き金となり200日線の走る152円のサポートを割り込み、長期的な上昇トレンドを終わらせる下落となりました。
昨年10月下旬に113.62円まで下落したのち、週足チャート②のように大方115円~128円の間での値動きとなっていましたが、今年3月下旬ごろからは約5か月継続したレンジを抜け、大方128円~138円での値動きとなっています。
このパターンが続くのであればですが、ユーロ円はそろそろ約5か月継続したレンジを抜け、140円を超え144円手前にある200日線を超える上昇をし、昨年秋の急落分を埋めるべく150円を目指す上昇となってくるでしょうか。しかし、上昇時はゆるやかなものですし、近いうちに昨年前半の水準までというのは無理がありそうで行っても150円付近が最大なのではと思います。そしてそこからは、やはり200日線をしっかり超えられず再下落、という可能性もありえます。

月足を見ると、前回の上昇局面は2000年10月の88.94円~2008年7月の169.96円、前々回はユーロ発足前となりますが、1995年4月の106.8円~1998年8月の162.91円となっています。
私たちは日々の上下に「また急落が起こるのか?」「この上昇は本物なのか?」と悩みますが、長い目で見ると、もしかすると息の長い上昇トレンドがもう始まっている、という可能性もあるのかな、など考えています。ユーロドルやユーロポンドの動向などもしっかり見ていきたいところです。


【AUD/JPY 週足/月足】
audjpyaudjpy2
オージー円、左が週足で右が月足です。
オージー円は昨年9月はじめに90円を割り込んで90円がレジスタンスに変化し流れが変わり、そして昨年10月6日に高値81.22円から安値70.29円まで急落、その後10月24日には55.09円まで下落し多くの悲劇が起こったのですが、今年2月2日に55.54円まで下落した後は、いくつもの節目をこなしながら堅調に上昇し、先月から大きな節目・80円~81円台前半に近づいてきました。この昨年10月6日の暴落幅はほとんど埋めて来てはいますが、この80~81円の壁を超えるのはかなりのエネルギーが必要かと思います。しばらくは80円付近では押し戻される展開となるのではないかと考えています。
月足で見ると、前回2000年10月に55.54円という安値をつけてからは約1年65円がレジスタンスとなりもみ合い、2001年9月に56.04円をつけてから2001年末にやっと65円のレジスタンスを超えてきています。それを見ると今回の上昇はかなり急ピッチであるといえます。

ドル円は昨年10月の暴落前の水準・104円台までまったく戻してきていないのにオージー円がここまで堅調なのは、AUD/USDの上昇に他なりません。AUD/USDの今週の終値は0.8170ドルと、すでに昨年9月の水準まで回復しており、長期チャートで見ても高値圏に入っているといえるでしょう。今後AUD/USDが0.8ドル台を守りながら堅調に上昇できれば、オージー円も底堅く推移していくでしょう。
主要通貨の中では1番の高金利であり、資源国であり現在商品価格が堅調に推移していること、そして経済指標も好結果で他の先進国に比べると豪経済が痛んでいないこと、主要貿易相手国である中国の景気安定化の兆しなどがオージー上昇を後押しした要因と言えます。
しかし、オージーなどリスク志向時に買われる通貨は、その反動の下落もかなり激しいです。昨年の下落を教訓にして、上昇基調だからと油断せず、資金管理は常にしっかりし、何が起こってもすぐ対応できるようにしておきましょう。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後この2つのバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
        ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ





★マネーパートナーズさんの新キャンペーン!!口座開設+ログインのみで3000円、プラス10万円以上入金だけで2000円もらえちゃいます!
                         ↓↓

スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
シティの商品トレーダーが1億ドルの給与支払いを求めて提訴?だかのニュースを見ましたが、アメリカは、規模が違いますね~(^^;)
日本の商品トレーダーも、このくらい稼げると最高なんですけどね☆
2009/07/25(土) 20:21 | URL | junichi #-[ 編集]
1億ドルってすごすぎてちょっと想像つかないですよね~。ほんと、規模が違いますよね!
2009/07/26(日) 10:03 | URL | FX大好きママ(しましま) 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐF #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1084-65eea6a5
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替