FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米6月住宅着工件数は市場予想の53.0万件に対し結果58.2万件と強い結果、建設許可件数も、予想52.4万件に対し結果56.3万件と、前年12月以来の高水準となりました。
そして大変注目されていたシティグループの第2四半期決算発表ですが、傘下の証券部門スミス・バーニーの売却益が寄与したため、純利益は42億8000万ドル1株当たり利益は予想-0.33ドルに対し結果0.49ドルと予想を上回りました。また、バンカメの第2四半期決算発表は1株当たり利益0.33ドルと、予想0.18ドルを予想を上回る決算となりました。
昨日のNYダウは、米住宅指標の好結果や金融機関決算の好決算が発表されたものの、ゼネラル・エレクトリックの決算が芳しくなかったことや、週末ということもあり上値は重く、前日比+32.12ドルの8743.94ドルで引けました。

さて来週ですが、政策金利関連では21日にBOC政策金利発表が予定されています。政策金利は据え置きの予想となっており、そう大きく値動きに影響はないものと思われます。その他21日にRBA議事録、22日にBOE議事録の公表が予定されていますが、新たに注目材料が出る可能性は低く、値動きにはあまり影響ないのではと思われます。
来週の主な経済指標ですが、20日に豪・第2四半期生産者物価指数、22日に豪・第2四半期消費者物価 、加・5月小売売上高、23日に英・6月小売売上高指数、米・6月中古住宅販売件数、24日に独・7月IFO景況指数、英・第2四半期GDP・速報値、米・7月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値などの発表が予定されています。

また、来週も米国主要企業の第2四半期決算発表が続きます。21日にキャタピラー、コカ・コーラ、ヤフー、22日にモルガン・スタンレー、ウェルズ・ファーゴなどの発表が予定されており、決算を受けてのNYダウの動向には注意しておきたいです。
米CITグループの行方も気になるところです。破たん回避に向け短期融資を受ける方向で、JPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスと協議しているとのことですが、早ん回避となるか、来週もCIT関連の報道には気をつけておきたいです。また、21日、22日にバーナンキ米FRB議長の議会証言が予定されていますので、こちらも気にとめておきたいです。


今日は、週末のクロス円分析ということで、ユーロ円、ポンド円、オージー円を勝手に分析します。続きをご覧ください。


【EUR/JPY 日足】
eurjpy
ユーロ円日足です。今週は週初の13日、一時128円割れをしましたがそれからは130円を超え上昇、15日には131円台半ばのレジスタンスを超え200日線のある133円50銭付近からの上抜けを試しに行きますが失敗、今週は133円50銭を超えることができず132.82円で引けています。

今週はドル円が94円台を回復、そしてユーロドルも1.4ドル台を回復し、来週双方が上値を試しに行くようなことになればユーロ円は200日線を上抜け135円台前半、7月1日の高値136.88円、そして137円台前半までの上昇が期待できます。
しかし流れが変わりやすい状況が続いており、来週反転し下落方向となれば、131円台半ばではしっかりサポートされるのかどうかを注視したいところです。サポート割れで再び130円、128円までのレンジに戻る展開となりそうです。

ユーロドルはここのところ1.41ドル付近を中心として推移していますが、ここから16日の高値1.4165ドル、そして1日の高値1.42ドルを超え、6月5日の高値1.4267ドル、3日の高値1.4338ドルを目指す流れとなってくるのか、そして1.4338ドルを超え、昨年12月18日の高値1.4718ドルを目指す流れとなれば、ユーロ円、クロス円も急上昇の可能性十分です。近々ユーロドルのブレイクがあるのかにも注目したいです。

【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。ここしばらく155円~160円付近での値動きが続いていましたが、7日にはついに200日線を明確に割り込み下落、一時151.99円までの下げとなりました。そして8日はついに150円も割り込む急落を見せ、一時146.73円まで下落しました。
今週に入ってからは上昇の流れとなり150円台回復、そし15日は今まで抑えられていた152円台前半の壁を抜け上昇、15日には155.16円、16日も155.02円まで上昇しましたが、155円前半の壁に阻まれ153円付近まで下落し、今週は153円86銭で引けています。

やはり155円前半の壁を抜けていくのはなかなか難しそうなポンド円ですが、来週は下げても152円台前半をサポートに、200日線も重なっており抜けていくのが困難であるだろうと思われる155円台前半のレジスタンスにトライ、そして抜けて155円~160円へのレンジとなっていけるかを見たいと思います。
今週前半レジスタンスとなっていた152円台前半が後半ではサポートとなってきましたが、来週流れが変わりこの152円台前半がサポートとならず下落となれば、150円割れ~148円台半ばまでの下落も想定。

ポンドドルは昨日1.636ドル付近のサポートを維持できず下落、一時1.6264ドルを付けました。今週は1.6333ドルで引けています。堅調ではあるものの上昇していくにも力が足りていない状況で、1.62ドル~1.66ドルでのレンジに収まる動きがまだ続くでしょうか。上方向にはなかなか行けないポンドドル、底堅さはあるものの、引き続き急落となり1.62ドル割れ、1.6ドル割れという展開も可能性として頭に入れておきたいです。

【AUD/JPY 日足】
audjpy
オージー円日足です。今週はゴールドマン・サックスなどの好決算からリスク選好の流れとなり、オージー円も先週の急落からは回復し76円手前の水準まで回復、75.59円で今週は引けています。

オージー円は先月11日高値80.44円まで上昇、しかしそこが今のところ天井となり、下落基調となっています。今週は週初70.7円まで下落しましたが、米国金融機関の好決算などでリスク選好の流れとなり、76円手前の水準まで戻してきています。
来週は、74.5円付近をサポートに、先週止められている76円を超え、76円をサポートとする流れに変わってくるかです。0.77ドルまで下落したAUD/USDが、来週0.8ドルをサポートに上昇していければ、オージー円も上昇しやすいのですが。
一方来週また下落基調となれば、先週はあっさり割れてしまいましたが73.5円には200日線も重なっており、74.5円が守れなければ、この73.5円のラインがサポートとして機能されるか見たいと思います。

先週~今週初めにはリスク回避の流れとなり、大きく下落したオージー円ですが、市場が落ち着けば大きく伸びるのもまたオセアニア通貨です。市場心理がリスク回避なのか、リスク選好なのか、一喜一憂する相場の流れに柔軟についていかねばならない展開はまだ続きそうです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後この2つのバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
        ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ

★アンケート実施中です、ご協力よろしくお願いします。
「いちばんニガテな通貨ペアを教えてください。」現在ポンド円がトップ、ユーロドル次点となってます!!






★マネーパートナーズさんの新キャンペーン!!口座開設+ログインのみで3000円、プラス10万円以上入金だけで2000円もらえちゃいます!
                         ↓↓

スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1077-37899568
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替