FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は東京時間から欧州時間にかけてドル円、クロス円は下値を試しました。13日昼の政府・与党連絡会議で麻生首相と与党幹部が7月21日解散で合意、投票は8月30日との報道で日経平均が急落、株価の急落を受け為替もリスク回避方向へと動きました。
しかしNY時間にはゴールドマン・サックス・グループの投資判断が「バイ」に引き上げられたことで米金融機関決算への期待からダウが大幅に上昇し、前日比+185.16ドルの8331.68ドルで引けました。ダウの上昇を受けドル円、クロス円もリスク許容の流れとなり、買い戻しが進みました。

昨日ドル円、クロス円は一時直近安値を更新する下げとなりましたが、米金融機関決算への期待からリスク許容の流れとなり反転、大きく上昇しました。ドル円は一時10日の安値91.77円を下回る91.73円まで下落したもののNY時間には大きく上昇し、今朝にかけて93.16円まで値を戻しました。

今週は米主要企業の第2四半期決算が数多く予定されており、本日14日はインテル、そして好決算が期待されているゴールドマン・サックスの決算発表が予定されています。これら決算を受けての
NYダウの動向には注目したいと思います。決算の数字が悪くNYダウがまた一段と下落ということに
なればリスク回避の円買い・ドル買い、逆に良ければリスク選好の流れとなるでしょうか。発表後大きく動く可能性もありますので、なるべく決算発表の前はノーポジでいたいですね。
また、今日は英・6月消費者物価指数、独・7月ZEW景況感調査、米・6月生産者物価指数、米・6月小売売上高と、注目度の高い指標の発表が予定されています。
外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」は、今日は私が当番となっております。またお時間ございましたらご覧下さい。

今日は、昨日V字回復、ここからまだ上昇できるかのドル円、1.4ドル台になかなか戻れないユーロドル、昨日の安値147.14円から一晩で151円台半ばまで上昇のポンド円を勝手に分析します。


【USD/JPY 日足】
usdjpy
ドル円日足です。先週今まで堅かった94円台のサポートを守れず8日には一時2月17日以来の安値91.79円、10日には8日の安値91.79円を下抜け一時91.77円、そして昨日は91.73円とわずかながら直近安値を更新しています。
昨日ドル円は一時10日の安値91.77円を下回る91.73円まで下落したもののNY時間には大きく上昇し、今朝にかけて93.16円まで値を戻しました。3度下を試して抜けきれなかったということを、下攻め終了ととらえるのはまだ早いかと思いますが、一旦底を打った可能性も十分考えられる展開となっています。

今日は92.8円~93円台前半でもみ合いとなっています。今日はここから93円付近をサポートに93.20~40円、そして9日の高値93.59円を超えて上昇といった流れになるのかを見たいと思います。今のところまだドル円の上値はかなり重く、93円台半ば~後半を抜けてしっかりと94円台まで上昇してくるのはかなり難しいのでは、と思います。
一方再び流れが下方向となり92円台半ばで止まれなければ、8日、10日、13日の安値91.75円付近まで下げてきそうで、今までは91.75円付近ではなんとか止まることができましたが、そこからの下抜けにも注意です。

【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。6月3日に1.4338ドルを付けてからは上値が切り下がる展開となっていますが、下も1.394、1.384ドル付近がサポートとなり、底堅く推移しています。

相変わらずいまいち方向感がつかめない展開が続いていますが、1時間足では徐々に下値・上値とも切り上げつつはあります。今日は東京午前に一時1.4006ドルまで上昇したのですが1.4ドルのラインで跳ね返され、現在1.39ドル台後半での推移となっています。
今日も下げても1.394ドル付近のサポートでは下げ止まり、1.4ドル台にしっかりと乗せ、1.405ドルを超えていく流れとなってくるか見たいと思います。もみ合いも長くなってきましたが、まだ1.39~1.4ドルに収まる時間が長い展開が続くでしょうか。
ここから1.394ドルで止まれず下方向へ行けば、また1.384ドル付近で止まれるかです。そして1.38ドル付近で止まれなければ重要サポートライン1.374ドルでの攻防になるかと思いますが、ここはなんとか守れるのかです。前回16日は1.3748ドルまで売られましたが、なんとかサポートは守りました。しかし1.374ドル付近を完全に割ってくると、今までの上昇の流れは断ち切られたと見てよいと思います。

今は1.374ドルを下抜けるのか、6月3日の高値1.4338ドルを超えてくるのか、次の展開を待つしかない、引き続き難しい状況が続いています。リスク回避の動きとなってくると下方向へ行きやすく、ユーロドルが崩れ1.374ドルを割り下落が加速するとクロス円総崩れが予想されますので、ユーロドルがこのあたりでなんとか下値を守るのかはかなりの注目ポイントかと思います。
ユーロドルがどちらに抜けるかで、今後の展開がかなり変わってくるのではないかと思います。引き続きユーロドルの動きには要注目です。


【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。ここしばらく155円台半ば~160円付近での値動きが続いていましたが、7日にはついに200日線を明確に割り込み下落、一時151.99円までの下げとなりました。そして8日はついに150円も割り込む急落を見せ、一時146.73円まで下落しました。現在そこからは回復してはいるものの、152円台前半では上値を抑えられています。

今日は朝に151.64円まで上昇も、東京午前には軟調推移で150.67円まで下落、しかしまた151円台前半へ戻してきています。今日は150円台後半を保ちながら152円台前半へ向け上昇、そして上昇の流れを止められているこの152円台前半の地点をしっかり超えることができるかを見たいと思います。そして米国企業の決算が好結果など、リスク選好の流れになれば155円台を試すところまで行く可能性もなきにしもあらずですが、たとえそこまで行けても今度は200日線も重なるこの位置は強いレジスタンスとなってきそうで、なかなか155円前半を超えるのは難しそうです。一方、今日発表される決算が期待外れの結果となるなどで、大きく円買い方向となれば、150円を割れ10日の安値148.35円、13日の147.14円、8日の安値146.73円へ向かいそうです。

ポンドドルは昨日英銀ロイズが損失計上の可能性があるという報道などから1.6031ドルまで下落、しかし1.6ドル割れをすることなくNY時間午後には1.62ドル台へ戻っています。このまま1.62ドル台を維持できればポンド円も底堅い展開となるでしょうが、まだ安定していない動きで、1.6ドル割れを目指す方向も十分考えられます。ポンドドルがリスク回避の動きから大きく売られてくればポンド円もかなりの値幅下落するのは免れないでしょうから、引き続きポンドドルの下抜けにも注意しておきたいところです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後この2つのバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
        ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ





★マネーパートナーズさんの新キャンペーン!!口座開設+ログインのみで3000円、プラス10万円以上入金だけで2000円もらえちゃいます!
                         ↓↓

スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1073-c8383446
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替