FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・5月個人所得は市場予想前月比+0.3%に対し結果+1.4%となり予想より強い結果に、個人消費支出は前月比+0.3%、PCEコアデフレーターは前月比+0.1%と市場予想通りでした。また、米・6月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値は市場予想69.0に対し、結果70.8と、予想より強い結果となりました。
昨日は中国人民銀行が年次金融安定報告書で、一部の準備通貨への過度の依存を低減するよう国際社会に求める見解を表したことなどから、ドルが全体的に売られる展開となりました。

来週は注目材料が非常に多い週です。特に注目すべきものとしては7月1日に日銀短観、そして2日にはECB政策金利発表・米国雇用統計という2大イベントが重なっています。(3日は米国市場が独立記念日の振替休日のため休場なので、今月は2日に雇用統計の発表となっています。)

ECB政策金利発表ですが、ウェーバー独連銀総裁などの高官が、政策金利はこれ以上下げないことを示唆していますし、政策金利は今回も1.00%のまま据え置きなのはほぼ確実でしょうが、日本時間21:30に行われるトリシェECB総裁の会見での発言には注目したいと思います。そして今回は、米国雇用統計も同じく21:30に発表となっています。 6月非農業部門雇用者数は-37.0万人、 6月失業率は9.6%の予想となっていますが、先月に続き改善が見られる結果となるか、こちらも注目です。

その他来週は29日にNZ・5月貿易収支、NZ・5月住宅建設許可、30日に英・第1四半期GDP・確報値、欧州・6月消費者物価指数・速報値、加・4月GDP、米・6月シカゴ購買部協会景気指数、米・6月消費者信頼感指数、7月1日に豪・5月小売売上高、豪・5月住宅建設許可件数、米・6月ADP全国雇用者数、米・6月ISM製造業景況指数、米・5月中古住宅販売保留、2日に豪・5月貿易収支、欧州・5月生産者物価指数、3日は欧州・5月小売売上高など、数多くの指標発表が予定されています。
なかなか明確な方向が見えてこないですが、来週はどのような週となるでしょうか。来週は忙しい週となりそうです、今日・明日とゆっくり休んでまた来週頑張りましょう!

今日は、来週にECB政策金利発表を控えてのユーロ分析ということで、ユーロドル、ユーロ円、そしてSNBが介入しているのではないかと思われるユーロスイスを勝手に分析します。


【EUR/USD 日足】
eurusd
ユーロドル日足です。なんともいえない微妙な相場展開が続いております。昨日は1.4ドルを割り込むことなく上昇、NY時間には1.4117ドルまで上昇し、1.4054ドルで引けています。

ユーロドルは方向が定まらず難しい動きとなっていますが、流れは若干上昇方向に傾いているでしょうか。来週も1.4ドル台をキープしながら1.41ドル台へ上昇し、24日の高値1.4138ドル、11日の1.4177ドル、そして3日の1.4338ドルを超える上昇となってくるか見たいと思います。
一方1.4ドルを割り込み下方向へ行けば、1.394ドル付近、1.384ドル付近で止まれるかです。そして1.38ドル付近で止まれなければ再び重要サポートライン1.374ドルでの攻防になるかと思いますが、ここはなんとか守れるのかです。前回16日は1.3748ドルまで売られましたが、なんとかサポートは守りました。しかし次に1.374ドル付近を完全に割ってくると、今までの上昇の流れは断ち切られたと見てよいと思います。

今は1.374ドルを下抜けるのか、3日の高値1.4338ドルを超えてくるのか、次の展開を待つしかない状況です。個人的には、まだしばらくユーロドルはそのどちらも超えることができず、方向感なく上下することを前提に取引したいと思います。
ここのところ、利下げ打ち止めともとれる発言が聞こえるユーロ、来週2日の政策金利発表を機に方向がはっきりしてくるでしょうか。2日のECB政策金利発表、その後のトリシェECB総裁の会見に注目です。

【EUR/JPY 日足】
eurjpy
ユーロ円日足です。ここのところユーロ円も132円~135円台前半でのレンジ相場となっており、その方向を見出しづらくなっています。

上値は135円台前半、ボリバンのセンターに抑えられ上昇がなかなかできませんが、下値も今週後半はEMA200日線に支えられ底堅い動きとなっています。来週は今まで抑えられている135円台前半を超え、137円40銭付近、そして5日の139.21円を目指す展開となるでしょうか。
一方下方向となれば132円付近では止まることができるか、止まれなければ130円付近までの下落となってくるでしょうか。ドル円が弱い基調なのでユーロ円の上昇はなかなか難しい所があります、ドル円が大きく下に抜けてくるとユーロ円もかなり引きずられるでしょうから、ドル円の下抜けには十分注意しておきたいところです。

【EUR/CHF 日足】
eurchf
EUR/CHF日足です。
24日は突然大きくスイスフラン売りとなり、ユーロスイスは1.5020CHF付近から1.5381CHFまで急上昇、25日も1.52CHF付近から急激に1.5368CHFまで上昇、SNBはコメントを控えているようですが、介入を思わせる動きとなりました。 先週のSNB政策金利発表後にも、スイスフランの対ユーロでの上昇回避のための介入も続ける方針を示してはいましたので、今後もしばらくスイスフランが高くなればこういったことも起こるでしょうか。
チャートに印をつけていますが、3月12日にもSNBは利下げを発表すると同時にスイスフラン売り介入を実施しました。その日の安値は1.4751CHF、高値が1.5337CHFとかなり強烈な上昇でした。
月足チャートや週足チャートを見ると、1.45CHFはほぼ底値といってよいプライスであり、1.5CHFもかなりのスイスフラン高の水準ということがわかります。今のところユーロスイスは1.5CHF付近をサポートとしており、今後も1.5CHFを割れてくる前、もしくは割れてくると急激な上昇が起こることを考えておきたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後この2つのバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
        ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ


スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
ユーロ/ドルは、しましまさんは手掛けたことはありますか!?
 チャートを見ていたら、波があってトレードしやすそうなんて思ったり(^^;)
2009/06/27(土) 17:49 | URL | junichi #-[ 編集]
ユーロドルはもちろんしております。過去には売りあがって大損した思い出の通貨ペアでもあります。(滝汗)
ユーロドルの流れが、すべての通貨の行く先を占うといってもいいほどの最重要通貨ペアだと思います。クロス円よりはクセはないとは思いますが、ときどき凶暴ですよ。(笑)
2009/06/28(日) 11:22 | URL | しましま 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1056-dd559135
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替