FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・第1四半期GDP・改定値 、米・第1四半期個人消費・改定値はともに予想より弱い結果、5月シカゴ購買部協会景気指数も予想42.0に対し結果34.9 と、予想外の低下となりました。5月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値は予想68.0に対し結果68.7と、市場予想を上回る8カ月ぶりの高水準の結果となりました。 NYダウは原油価格が60ドル台半ばで推移する中、資源株の好調などにより続伸、29日は前日比+96.53ドルの8500.33ドルで引けました。


昨日は再びドル安が進みました。ドル円は95.02円まで大きく下落、ユーロドルは1.4168ドル、ポンドドルは1.6198ドルまで大きく上昇しました。また、オセアニア通貨も堅調でAUD/USDはついに0.8ドル台に乗せてきており、NZD/USDも0.64ドルまで急伸しています。特にオージー円は、昨年10月6日の急落部分を埋めて80円台に乗せることができるのか、慎重に流れについていきたいと思います。

来週はまた注目材料が目白押しの忙しい週となりそうです。政策金利関連は、2日にRBAキャッシュターゲット、4日にBOE政策金利発表、ECB政策金利発表、BOC政策金利発表が予定されています。今のところすべて据え置きの予想となっていますが、特にECB政策金利発表は結果、その後のトリシェECB総裁の会見に注目したいと思います。
来週発表の主な経済指標ですが、1日に豪・4月小売売上高、米・4月PCEコア・デフレーター 、加・3月GDP、加・第1四半期GDP、米・5月ISM製造業景況指数、2日に欧州・4月失業率、米・4月中古住宅販売保留、3日に豪・第1四半期GDP、欧州・)第1四半期GDP・改定値、米・5月ADP全国雇用者数、米・5月ISM非製造業景況指数、4日に豪・4月貿易収支、そして5日には米国とカナダの雇用統計が予定されています。
GMについては、いよいよ破産法適用申請は避けることはできないようですが、織り込み済みとはいえ、さすがにGM破綻はかなりの影響があると思いますし、来週頭に向けてGM関連の報道には引き続き注意しておきたいです。
以上、ざっと並べましたが来週はほんと材料多いです、この土日でゆっくり休み来週に備えておきたいですね。


今日は、ドル売りにより上昇基調のクロス円分析ということで、ユーロ円とオージー円を分析、そして、FXプライムの、簡単操作で将来の相場予測ができるとても便利な分析ツール「ぱっと見テクニカル」を、私も試してみましたのでご紹介します。

トラコミュ FXのポジションを公開しよう

【EUR/JPY 日足】
eurjpy
ユーロ円日足です。今週はユーロドルの上昇が後押しし順調に上昇、一時135.7円まで上昇し、今週は134.97円で引けています。

ユーロ円はここから4月14日の高値・昨年7月から今年1月までの下落の38.2%戻しの134円台前半をサポートに、135円にしっかり乗せ、また4/6の高値137.41円を目指す流れとなるかに注目しています。
4/6の高値137.41円をしっかり抜けることができれは、節目140円、そして昨年夏からの下落の半値戻し141円付近を目指す展開となってくるでしょうか。ユーロドルがこれから1.4ドル台を維持しながら上昇継続となれば、ユーロ円、そしてほかのクロス円も多少ドル円が下げても底堅い展開となりそうです。

ユーロ円は昨年秋の急落以降なかなか超えることができなかった130円のラインをまだしっかり超えたとは言いがたい状況で、現在大体126円~135円の間での推移となっています。大きな流れで、安値圏で上下している状態から抜け出し一段上のステージに変化していけるのかどうか、まだトレンドがはっきり出ていない中、慎重に見ていきたいと思います。

【AUD/JPY 日足】
audjpy

オージー円日足です。AUD/USDは今週0.77ドル台前半をサポートに堅調な上昇を続け、ついに0.8ドルに到達、今週の引け値も0.8008ドルとなっています。AUD/USDの堅調さが後押しし、オージー円も5月11日の高値76.16円を超え上昇、一時76.9円まで上昇し、今週は76.34円で引けています。
オージー円はクロス円ですのでドル円の動向にも左右されてしまいますが、今のところAUD/USDの堅調さに助けられ、底堅く上昇を続けています。次は昨年10月6日の急落部分を埋めて80円台に乗せることができるのか、というところですが、AUD/USDもすでに0.8ドルまで到達し、ここからの更なる上昇ができるかというのは実際流れを見てみないとなんともいえないところで、上昇基調ではあるものの飛びつかず、慎重に流れについていきたいです。
昨年10月6日にオージー円は高値81.22円から安値70.29円まで急落し多くの悲劇が起こったのですが、ここからまっすぐに、急落前の昨年9月末~10月上旬の80円台の水準まで戻していけるのかといえば今はなかなか難しいのではないか、まだもみ合うのではないかと今のところ考えています。

今月5日のRBA政策金利発表では、主要貿易相手国である中国の景気安定化の兆しにも言及し、比較的先行きを楽観視した内容となりました。オーストラリアは日本のようにアメリカ頼みのような方針はとっておらず、経済的に比較的早い回復を見せてくる可能性があり、また世界的に金融情勢もかなり安定してきており、この状態が続けばの話になりますが、オージーは下げても底堅く、じわじわ上昇を続けるのではないかと、個人的には引き続き期待しています。来週は2日にRBA政策金利発表が予定されていますが、市場予想は3.00%での据え置きでほぼ一致のようで、影響は限定的となりそうです。
対NZDでは、ボラードRBNZ総裁が追加利下げを示唆しておりNZDは金利的にもますます魅力を失っており、経済回復の見通しもまだはっきりしないNZDに比べ、資源国であるという強みもあり、今後もしばらくオージーが強い状態が続きそうだと考えています。


最後に、FXプライムの、簡単操作で将来の相場予測ができるとても便利な分析ツール「ぱっと見テクニカル」を試してみての感想です。
prime
ドル円15分足です。このツール、オレンジの線の部分の一致率が高い過去の値動きを、最大12年分までさかのぼって自動的に探してくれて、その一致率の高い過去の値動きを参考に、これから先の値動きの予想をしてくれるものです。
もちろん、この図に示されたとおりの結果になるとは限らないので過信はできませんが、道しるべの一つとして活用できそうだなと思いました。
FXプライム、口座開設で大人気の為替本プレゼント、新規口座開設+1トレードで2000円キャッシュバックのキャンペーンも実施していますので、この機会に口座をまだお持ちでない方は開設されて、「ぱっと見テクニカル」をお試ししてみてください!

FXプライム

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後この2つのバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
        ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ


スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1028-4474bd85
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替