FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。

こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・4月ADP全国雇用者数は予想-64.5万人に対し結果-49.1万人と、昨年11月以来の小幅な減少にとどまり、また、前月の数値も-74.2万人から-70.8万人に上方修正されました。
ADP全国雇用者数の改善で米景気の底打ち期待が広がったことや、ストレステストの結果は予想よりも財務基盤が健全となるのでは、との見方が広がったことなどからNYダウ平均は上昇、前日比+101.63ドルの8512.28ドルと、今年1月9日以来約4か月ぶりに8500ドル台回復で引けました。

そして先ほど発表された豪4月就業者数ですが、予想-2万5000人に対し結果+2万7300人とかなり強い結果、また、失業率は予想5.9%に対し結果5.4%とこちらもかなり強い結果となった。この強い雇用統計の結果を受けオージーは大きく上伸です。さすがはオージー、期待を裏切りません。オージー円は昨年10月14日の高値74.50円も超えてきました。オージー分析はまた後ほどさせていただきます。

今日はBOE政策金利発表、ECB政策金利発表が予定されています。BOE政策金利発表では据え置き予想となっており、新たな政策も予定されず今回はサプライズはないものと思われます。そしてECB政策金利発表では0.25%の利下げ予想となっていますが、今回発表される利下げ幅、そして量的緩和に関するコメントが出されるのかどうかは大変注目されております。また後ほど分析のところで政策金利発表のことはお話させていただきます。

そして注目の米銀大手19行に対するストレステストの結果は、日本時間8日午前6時に公表される予定です。資本増強が必要な銀行は6月8日までに増資計画を策定し、11月9日までに計画を実施することを求められます。
19行中シティグループ、バンカメ等約10行ほどで資本調達が必要になるとの見通しが報道されています。昨日は具体的内容が出されてストレステストをめぐる不透明感が後退、予想よりも財務基盤が健全となるのではとの見方が広がり株価は上昇しておりますが、果たしてどのような結果が公表されるのか、明日の早朝6時は要注目です。

流れが大変変わりやすい状況下で、BOE政策金利発表、ECB政策金利発表、ストレステスト結果公表、米国雇用統計と次々ビックイベントが続きます、乱高下しやすい環境ですし、週末まで欲張らずいきたいと思います。

今日は、BOE政策金利発表、ECB政策金利発表を控えてのユーロ円、ポンド円、そしてついに昨年10月14日の高値74.50円も超えてきたオージー円を勝手に分析します。


【EUR/JPY 日足】
eurjpy
ユーロ円日足です。3月中旬以来130円台を保っていたユーロドルですが、ユーロドルの下落もあり軟調な展開となり再び130円割れ、先週126円のサポートも破られ、4月28日には一時124.37円まで下落しました。しかし、1月下旬から4月上旬までの上昇に対する半値押し124.3円付近の124.37円でなんとか下落は止まり、その後リスク選好の流れとともにユーロ円は上昇し130円台へ戻い、現在は131円付近で推移しています。

ユーロドルもドル円も明確な方向が見出せない中、ユーロ円もなかなか方向感が見出せないです。今夜のECB政策金利発表や明朝のストレステスト結果公表を控え、今日は様子見主体がよさそうです。
今夜の政策金利発表で量的緩和策をとらず、ただ0.25%の小幅利下げのみであれば、ユーロ円も4月14日の高値・昨年7月から今年1月までの下落の38.2%戻しの134円台前半を目指す展開に、そして4/6の高値137.41円を目指す流れとなるでしょうか。
一方非伝統的措置についても検討されているということで、もし量的緩和策などをとってくれば、ユーロが売られる流れとなり再び130円を割り込み、その後もユーロ売りが進めば128円も破り再び28日の安値124.37円を目指す流れも考えられます。個人的には、134円前半超えをするまではまだ大きな基調としては強くないと考え、上下を繰り返しながら再び下を目指していく可能性が十分あると考えています。
様々な材料で乱高下しなかなか方向がはっきりしない通貨ペアが大部分です、ユーロ円もまだしばらく方向感を見出せない動きとなる可能性が高そうです。乱高下は必至ですし、粘らず短時間で決済がよいかと思います。

今夜のECB政策金利発表では、政策金利を0.25%引き下げ1.0%へ、その後2010年末まで据え置くとみられており、また量的緩和策をとる可能性も考えられ、大変注目されています。結果次第でかなり大きな変動も考えられ、個人的には今週ビッグイベントが数々ある中で、最も注目している材料です。

【GBP/JPY 日足】
gbpjpy
ポンド円日足です。146~150円でのレンジが続いていたポンド円ですが、先月20日に、ポンド円はついにレンジ下限の145円台後半を守れずにサポートを破り大きく下落、先月28日には139.01円まで下落しましたが、そこで下げ止まり上昇に転じました。今週に入ってから149円台はつけるのですが、なかなか150円の壁を越えることができません。

ポンドドルが堅調で今年に入ってからなかなか超えられなかった1.5ドル付近をキープしており、5日は一時1.5162ドルまで上昇しました。そこからもポンドドルの基調は変わらず、昨日、今日と1.5ドル台をキープし続けています。ここから堅調に1/8の高値1.5372ドル、そして昨年12/17の高値1.5722ドルを目指す流れだと、ドル円が多少下げてもポンド円は堅調推移となりそうです。
ここからは再び146~150円でのレンジへの移行となったのを確認しながらのトレードを考えています。150円を超えれば4/6の高値151.5円、そしてその高値も超え昨年11月の水準に戻ることができるかを見たいですが、主要通貨ペアのほとんどではっきりとした方向が出ていない中、ポンド円もはっきりした方向というのはなかなか出にくいかと考えています。

今夜のBOE政策金利発表は据え置き予想で、大きなサプライズはないと考えています。英国高官はポンド安容認姿勢、ビーンBOE副総裁も「全体的なポンド安の方向性は正しい」と述べており、国の方針でポンド安を容認・歓迎している様子ですし、ポンドはまだ英国経済を期待して買われ、大きく上昇していけるという状況にはなさそうです。まだまだしばらくはこのようなはっきりしない動きが続くのでしょうか。

【AUD/JPY 日足】
audjpy
オージー円日足です。AUD/USDが大変堅調で30日には一時昨年10月6日以来の0.7383ドルまで上昇、そして昨日はついに0.75ドルにタッチ、そして今日の雇用統計で一時0.7560ドルをつけ、まだ堅調さを維持しています。0.73~0.74ドル台を維持しながら、ここからもう1段の上昇をしていけるのかを見ていきたいです。オージー円もAUD/USDが堅調なことから一時4月13日の高値73.47円を超え、73.55円を付けています。
AUD/USDが今後も0.73ドル台後半をサポートとしながら、もう1段の上昇をし昨年10月6日の高値0.7737ドルを超え、0.77ドル台をサポートとできる流れに変わることができれば、オージー円もステージがもう一段上に変化するかと思います。

オージー円は3月から続いていた上昇トレンドラインを割り下落し、一時66.82円まで下げましたが再び70円台に戻し、政策金利発表、雇用統計を受け上伸、今日は一時昨年10月14日の高値74.50円を超え、74.62円の高値更新となりました。
今日も引き続き押し目買いの流れだと思います。下げても200日線のある72円付近をしっかりとしたサポートとし、上昇の流れを継続させ、新高値をつけることができるかを見たいと思います。強い基調だとは思いますが、ここからなかなか一方的に上昇とはならないでしょうし、高値掴みするのはかなり警戒したいところですが、順調に上昇となれば次は昨年10月7日の高値75.77円を目指す流れとなりそうです。
昨年10月6日にオージー円は高値81.22円から安値70.29円まで急落し多くの悲劇が起こったのですが、ここからまっすぐに、急落前の昨年9月末~10月上旬の80円台の水準まで戻していけるのかといえば今はまだ時期ではない、なかなか難しいかと思います。

明朝にストレステストの結果公表も控えていることには注意しておきたいです。市場にはストレステストの結果に関する事前報道がなされたことで不透明感が後退しリスク許容の方向となっていますが、明日リスク回避を促すような結果となればオージーは大きく売られてくるでしょうから、上昇基調ではありますが、あまり楽観的に構えてばかりもいられないです。

オセアニア通貨同士のペア・AUD/NZDですが、30日1.27・1.2750付近のレジスタンスを超えて上昇、オージーが大変強い状態です。 現在は1.28付近での推移となっています。
30日のRBNZ政策金利発表でNZDは0.5%利下げで金利差が逆転し、ボラードRBNZ総裁が追加利下げを示唆したため、今後もしばらくオージーが強い状態が続きそうです。AUD/NZDは以前も書きましたがまだ乖離が進み、状況次第では新値をつけ1.3超えてくる可能性も否定できないのでは、と思っています。


先ほど小遣い?万円パパ さんからコメントをいただきました。

「なんかレバに続いてスプも規制みたいですね。
ただでさえボッタクリな税率のくせに規制だらけにするとは(-_-;)
やるならクリックでやれって事なんスかね。
伸びてる業界をわざわざ潰しに動く必要性がわからん。
まあ、悪徳業者は潰したいけど個別に調べるのは面倒だからまとめて規制しとけみたいな考えだろうけど、いい迷惑ですよね。
規制対象外の海外の業者を最近検討してますが、結構日本語で平気なとこもありますね。 」

店頭業者の顧客をくりっく365か株の方へ移動させたいかのような規制ですね。(怒)今後場合によってはですが、株への移行なども考えないといけないかもですね・・・。

スプ規制のことも記事にしたかったのですが、ここのところ重要イベントが続いており、このことを記事にするスペース・時間がないです。(汗)金融庁側がどのようないきさつで規制に動いたのかなど調べまして、また週末の記事にかけたら書きたいです。
今日は書きたいことも多く、すごく長い記事になってしまいました。(汗)最後に、もしよろしければ下の2つのランキングバナーをクリックして応援してくださるとうれしいです。皆様のクリックが更新の励みになっています!
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。最後この2つのバナーをクリックしていただけるとうれしいです!応援がとても励みになってます、どうぞよろしくお願いいたします!!
        ↓↓

誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ



★マネーパートナーズさんの新キャンペーン!!口座開設のみで3000円、プラス10万円以上入金だけで2000円もらえちゃいます!
                         ↓↓


スポンサーサイト






コメント
FX大好きママへのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/05/07(木) 18:54 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxdaisukimama.blog67.fc2.com/tb.php/1005-0f6928ec
FX大好きママにトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FX大好きママへのトラックバック
SEO対策:スワップSEO対策:外国為替