FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


おはようございます。FX大好きママしましまです。


先週25日に発表された米・10月ミシガン大学消費者態度指数・確報値は、市場予想96.0に対し結果95.5と予想より弱い結果となりました。
NYダウは反発し、前日比+152.53ドルの26,958.06ドルで引けました。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

さて、今週の相場についてですが、今週はFOMC政策金利発表や米雇用統計等に注目したいです。

1日発表の米雇用統計は、10月非農業部門雇用者数が8.5万人、10月失業率が3.6%の市場予想です。
前回は9月非農業部門雇用者数が市場予想14.5万人に対し結果13.6万人と予想より弱い結果に、9月失業率は市場予想3.7%に対し結果3.5%と予想より強い結果となりましたが、今回は非農業部門雇用者数が予想より強い結果となるかどうか注目されます。

今週の政策金利関連は30日にFOMC政策金利発表、BOC政策金利発表、31日に日銀政策金利発表が予定されています。
米雇用統計以外の今週の主な経済指標等は、29日に米・9月住宅販売保留、米・10月消費者信頼感指数、30日に豪・第3四半期消費者物価指数、米・10月ADP雇用統計、米・第3四半期GDP・速報値、独・10月消費者物価指数、31日に豪・9月住宅建設許可件数、欧州・第3四半期GDP・速報値、欧州・10月消費者物価指数、加・8月GDP、米・9月個人所得/9月個人消費支出、米・新規失業保険申請件数、米・10月シカゴ購買部協会景気指数、1日に豪・第3四半期生産者物価指数、米・10月ISM製造業景況指数などの発表が予定されています。

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

先週のドル円は概ね108円台中盤での小動きでした。
ポンドはEU離脱に関しての英議会の動向を受け上下に動きましたが、週末は落ち着いた動きでポンドドルは1.2822ドル、ポンド円は139.34円で引けました。
今週はFOMC政策金利発表や米雇用統計等注目材料の多い週ですが、全体的に動きが出るか今週の流れを見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!

今日は、108円台で小動きのドル円、軟調な動きのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 
 よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト







おはようございます。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・9月中古住宅販売件数は、市場予想545万件に対し結果538万件と予想より弱い結果となりました。
NYダウは反落し、前日比-39.54ドルの26,788.10ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は欧州・10月消費者信頼感指数・速報値などの発表が予定されています。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

昨日はドル円やユーロドルは小幅な値動きでした。
ポンドはEU離脱協定法案が可決されたことを受け上昇しましたが、その後審議日程の短縮について否決されたことで売りが強まりました。
今日は注目材料はそれほどありませんが、ある程度動きが出るかそれぞれの方向を見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

今日は、108円台出の値動き続くかのドル円、上値重いユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 
 よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →




おはようございます。FX大好きママしましまです。


先週18日に発表された米・9月景気先行指標総合指数は、市場予想前月比+0.1%に対し結果前月比-0.1%と予想より弱い結果となりました。
NYダウは大幅反落し、前日比-255.68ドルの26,770.20ドルで引けました。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

さて、今週の相場についてですが、今週はECB政策金利発表等に注目したいです。

今週の政策金利関連は24日にECB政策金利発表が予定されています。
今週の主な経済指標等は、22日に加・8月小売売上高、米・9月中古住宅販売件数、23日にNZ・9月貿易収支、24日に米・9月耐久財受注、米・新規失業保険申請件数、米・9月新築住宅販売件数、25日に独・10月IFO企業景況感指数、米・10月ミシガン大学消費者態度指数・確報値などの発表が予定されています。

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

先週は米中協議進展への期待やブレグジット合意期待からリスク選好の円安の流れとなり、ドル円は108円台後半まで上昇しクロス円も堅調に推移しました。
週末18日はNYダウの大幅下落やポジション調整の動きからドルはやや軟調に推移しました。
今週はECB政策金利発表等に注目、今週も円安の流れが続くかどうかなど見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!

今日は、108円台維持し109円台へ上昇できるかのドル円、上昇続くかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 
 よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →




おはようございます。FX大好きママしましまです。


先週11日に発表された米・10月ミシガン大学消費者態度指数・速報値は、市場予想92.0に対し結果96.0と予想より強い結果となりました。
NYダウは大幅続伸し、前日比+319.92ドルの26,816.59ドルで引けました。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

さて、今週の相場についてですが、今週は米・9月小売売上高や豪雇用統計・EU首脳会議等に注目したいです。

今週の政策金利関連は15日にRBA議事録公表が予定されています。
今週の主な経済指標等は、15日に英・9月失業保険申請件数/9月失業率、独・10月ZEW景況感調査、米・10月NY連銀製造業景気指数、16日にNZ・第3四半期消費者物価指数、英・9月消費者物価指数、英・9月生産者物価指数、欧州・9月消費者物価指数、加・9月消費者物価指数、米・9月小売売上高、ベージュブック、17日に豪・9月新規雇用者数/9月失業率、英・9月小売売上高、米・9月住宅着工件数/9月建設許可件数、米・10月フィラデルフィア連銀製造業景気指数、米・新規失業保険申請件数、米・9月鉱工業生産、18日に日・9月全国消費者物価指数、米・9月景気先行指標総合指数などの発表が予定されています。
また、17・18日にはEU首脳会議が予定されています。

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

先週は米中閣僚級通商協議での合意への期待からリスク選好的な流れとなりNYダウは大幅上昇、ドル円は108円台へ乗せ108.63円の高値を付け、ユーロ円が120円まで上昇するなどクロス円も軒並み上昇しました。
今週は米・9月小売売上高や豪雇用統計・EU首脳会議等に注目、リスク選好の円安の流れが続くかどうか見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!

今日は、108円台維持できるかのドル円、反発続くかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 
 よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →




おはようございます。FX大好きママしましまです。


昨日は主な米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは大幅反発し、前日比+181.97ドルの26,346.01ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、英・8月GDP、英・8月鉱工業生産指数、米・9月消費者物価指数、米・新規失業保険申請件数などの発表が予定されています。
米・9月消費者物価指数は前月比+0.1%、米・新規失業保険申請件数は21.8万件の市場予想です。
また、今日・明日は米中通商協議が開催されます。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

昨日は、米中協議進展への期待等からNYダウは大幅反発しドル円も107.63円の高値を付けました。
FOMC議事録では、「いつ緩和を終了するのか議論」「大半がインフレが9月の利下げを正当化」等の内容で利下げに関してのメンバーの判断も割れたとのことでしたが、値動きへの影響は限定されたものとなりました。
今日は米中通商協議や米9月消費者物価指数に注目、米中通商協議関連の報道からの急変動に注意しながら動きを見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

今日は、107円台維持し上昇なるかのドル円、1.10ドルが重いユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 
 よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →




おはようございます。FX大好きママしましまです。


先週4日に発表された米雇用統計は、9月非農業部門雇用者数が市場予想14.5万人に対し結果13.6万人と予想より弱い結果に、9月失業率は市場予想3.7%に対し結果3.5%と予想より強い結果となりました。
NYダウは大幅続伸し、前日比+372.68ドルの26,573.72ドルで引けました。

トラコミュ FXのデイトレードで儲ける

さて、今週の相場についてですが、今週はFOMC議事録や米9月消費者物価指数、米中通商協議等に注目したいです。

今週の政策金利関連は9日にFOMC議事録公表が予定されています。
今週の主な経済指標等は、8日に独・8月鉱工業生産、米・9月生産者物価指数、10日に英・8月GDP、英・8月鉱工業生産指数、米・9月消費者物価指数、米・新規失業保険申請件数、11日に独・9月消費者物価指数、加・9月新規雇用者数/9月失業率、米・10月ミシガン大学消費者態度指数・速報値などの発表が予定されています。
また、今週は10・11日に米中通商協議が開催されます。

トラコミュ スキャルピング手法やデイトレ手法公開!

先週は、米9月ISM製造業景況指数や米9月ISM非製造業景況指数、米9月ADP雇用統計の弱い結果を受けドル売りが優勢となりドル円は3日に106.49円の安値を付けましたが、週末4日は米雇用統計の結果が好感されドル円は107.13円まで反発しました。
ユーロドルは反発の動きとなりましたが1.10ドル台へ乗せることはできませんでした。
今週はFOMC議事録や米9月消費者物価指数、米中通商協議等に注目、急変動に注意しながら今週の動きを見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!

今日は、107円台へ反発できるかのドル円、反発続くかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


続きを読む前に応援のクリックをよろしくお願いします!→誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ人気ブログランキング 
 よろしければこちらにも応援クリックお願いいたします     →


SEO対策:スワップSEO対策:外国為替