FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日は米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは反落し、前日比-31.44ドルの16974.31ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、独・10月失業者数/10月失業率、米・第3四半期GDP・速報値、米・新規失業保険申請件数、独・10月消費者物価指数などの発表が予定されています。
米・第3四半期GDP・速報値は前期比年率+3.0%、米・新規失業保険申請件数は28.3万件の市場予想です。


昨日はFOMC声明を受け大きくドル買いの流れとなりました。
声明で「今月資産購入プログラムを終了することを決定」「労働市場の状況は健全な雇用の増加や失業率の低下とともに幾分さらに改善されている」「広範な労働市場の指標は労働資源の未活用が徐々に減少していることを示唆している」とされたことを受けドルは全面高となり、ドル円は108.96円の高値を、他通貨に対してもドルは強い動きでした。

今日もドル買いの流れが続きドル円は109円台へ乗せる動き、ユーロドルは1.26ドル付近へ下落しています。
今日は米第3四半期GDP・速報値等に注目、引き続き株価の推移に注意し、ドル円は109円付近を維持しながら年初来高値110.09円を目指し上昇できるか、ユーロドルは1.26ドルを割り込む動きとなってくるか等見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、109円台回復のドル円、大幅下落のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト







こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・9月耐久財受注は市場予想前月比+0.5%に対し結果前月比-1.3%と予想より弱い結果に、一方、米・10月消費者信頼感指数は市場予想87.0に対し結果94.5と予想より強い結果になりました。
NYダウは大幅続伸し、前日比+187.81ドルの17005.75ドルと17000ドル台を回復し引けました。

今日の政策金利関連は、FOMC政策金利発表が予定されています。
今日は主な経済指標等の発表はありません。


昨日は米9月耐久財受注の弱い結果を受けドルが売られましたが、その後発表された米10月消費者信頼感指数の強い結果を受けNY午後は買い戻される動きとなりました。
NYダウが17000ドル台を回復するなど株価が堅調に推移し円安が進み、ユーロ円は137.80円、ポンド円は174.74円、オージー円は95.83円の高値を付けました。

今日はFOMC政策金利発表に注目、引き続き株価の推移に注意し、ドル円は108円付近を維持しながら上昇できるか、ユーロドルは1.27ドル台を維持し底堅さ維持できるか等見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、108円台前半で推移のドル円、底堅く推移するユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・9月中古住宅販売保留は、市場予想前月比+1.0%に対し結果前月比+0.3%と予想より弱い結果になりました。
NYダウは小幅続伸し、前日比+12.53ドルの16817.94ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、米・9月耐久財受注、米・10月消費者信頼感指数などの発表が予定されています。
米・9月耐久財受注は前月比+0.5%(除輸送用機器は前月比+0.5%)、米・10月消費者信頼感指数は87.0の市場予想です。


昨日は全体的にドルが弱い動きとなり、ドル円は強いスタートを切ったもののその後は終日軟調でNY時間は経済指標の弱い結果や米長期金利の低下等から107.61円まで下落、ユーロドルは1.2723ドル、ポンドドルは1.6146ドルの高値を付けました。

今日は今のところ目立った動きは出ていませんが、引き続き株価の推移に注意し、ドルが今日も全体的に弱めの動きとなるかなど見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、107円台後半で推移のドル円、1.27ドル台維持できるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


今日はドル円が108.35円と上へ窓を空けスタート、ユーロドルが1.2676ドルと先週終値よりやや上でのスタートし、現在ドル円は108円を割り込む動きに、ユーロドルは1.27ドル台へ上昇とややドル売り方向に動いています。


今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週はまずFOMC政策金利発表、そして9月耐久財受注・第3四半期GDP速報値等の米経済指標に注目したいです。

今週の政策金利関連は、29日にFOMC政策金利発表、30日にRBNZ政策金利発表、31日に日銀金融政策決定会合が予定されています。
今週の主な経済指標等は、27日に独・10月IFO景況指数、米・9月中古住宅販売保留、28日に米・9月耐久財受注、米・10月消費者信頼感指数、30日に独・10月失業者数/10月失業率、米・第3四半期GDP・速報値、米・新規失業保険申請件数、独・10月消費者物価指数、31日に日・9月全国消費者物価指数、独・9月小売売上高、加・8月GDP、米・10月シカゴ購買部協会景気指数、米・10月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値などの発表が予定されています。

今週も株価の動きに引き続き十分注意し、ドル円は108円付近を維持し反発続くか、ユーロドルも1.26ドル台では底堅く反発基調となるか等見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!


今日は、108円付近維持できるかのドル円、1.27ドル台へ上昇のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。



おはようございます。FX大好きママしましまです。

今日はまずGMOクリック証券のご紹介をさせていただきます。

GMOクリック証券はすべての通貨ペアにおいて、スプレッド値の原則固定化を実施しています!!
(注:相場急変時等に拡がる場合があります)
そのスプレッドですが、現在感謝スプレッド提供中!
以下の通り狭スプとなっています。

米ドル/円 0.4銭原則固定     
ユーロ/円 0.7銭原則固定       ユーロ/米ドル 0.6pips原則固定
ポンド/円 1.2銭原則固定      ポンド/米ドル 1.5pips原則固定
豪ドル/円 0.8銭原則固定       豪ドル/米ドル 1.4pips原則固定
NZドル/円 1.8銭原則固定       米ドル/スイスフラン 1.8pips原則固定
カナダドル/円 1.8銭原則固定     ユーロ/スイスフラン 1.8pips原則固定
スイスフラン/円 2.4銭原則固定   ポンド/スイスフラン 2.8pips原則固定
南アランド/円 1.9銭原則固定

米ドル円0.4銭原則固定、ユーロ円0.7銭原則固定、ポンド円1.2銭原則固定はかなり狭いスプレッドです!!
スプレッドがこれだけ狭くて、その上固定だと短期トレードに大変有利です。

また、現在GMOクリック証券では、新規でFX取引口座を開設された方に5000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です!FX取引口座を開設後、FX取引口座開設翌月末までのFXネオ取引数量合計が100万通貨単位以上(新規・決済・通貨の別は問いません)の取引をされた方に5,000円キャッシュバックしてくれます。
(2014年12月30日(火)まで)

GMOクリック証券は、口座開設すれば店頭FX口座だけでなく株やくりっく365、CFDにもタブ1つ押すだけで簡単にアプローチできてとても便利!私も株取引メインにFX口座も使っています。
スピーディに取引されたい方はぜひ口座開設されてみてください!


今日は、今週も堅調な動きとなるかのドル円、1.26ドル台では底堅いユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場/クロス円分析については、昨日の記事「来週はFOMC政策金利発表・米GDP等に注目/週末のクロス円分析 」の方をご覧ください。)




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・9月新築住宅販売件数は、市場予想47.0万件に対し結果46.7万件と予想より弱い結果になりました。
NYダウは大幅続伸し、前日比+127.51ドルの16805.41ドルで引けました。


さて、来週の相場についてですが、来週はまずFOMC政策金利発表、そして9月耐久財受注・第3四半期GDP速報値等の米指標に注目したいです。

来週の政策金利関連は、29日にFOMC政策金利発表、30日にRBNZ政策金利発表、31日に日銀金融政策決定会合が予定されています。
来週の主な経済指標等は、27日に独・10月IFO景況指数、米・9月中古住宅販売保留、28日に米・9月耐久財受注、米・10月消費者信頼感指数、30日に独・10月失業者数/10月失業率、米・第3四半期GDP・速報値、米・新規失業保険申請件数、独・10月消費者物価指数、31日に日・9月全国消費者物価指数、独・9月小売売上高、加・8月GDP、米・10月シカゴ購買部協会景気指数、米・10月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値などの発表が予定されています。


今週は、米主要企業の好決算や米経済指標の強い結果等を受けリスク回避の動きは後退し株価が大幅反発、ドル円も週後半に108円台へと反発しクロス円も堅調な動きとなりました。
来週はまずFOMC政策金利発表、そして9月耐久財受注・第3四半期GDP速報値等の米指標に注目、株価の動きにも引き続き十分注意し、ドル円は108円付近を維持し反発続くか、ユーロドルも1.26ドル台では底堅い流れが続くか等、ドルの堅調さが続くか見ていきたいです。
では、来週も頑張りましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。





こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・新規失業保険申請件数は市場予想28.1万件に対し結果28.3万件と予想より弱い結果に、米・9月景気先行指数は市場予想前月比+0.7%に対し結果前月比+0.8%と予想より強い結果となりました。
NYダウは大幅反発し、前日比+216.58ドルの16677.90ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は英・第3四半期GDP・速報値、米・9月新築住宅販売件数などの発表が予定されています。
米・9月新築住宅販売件数の市場予想は47.0万件です。

昨日は米主要企業の好決算を受け株価が大幅上昇、ドル円はNY時間に今月10日以来の108円台へ上昇し108円前半で底堅く推移しました。

今日は米・9月新築住宅販売件数等に注目、引き続き株価の動きに注意し、ドル円は108円付近を維持し続伸となるか、ユーロドルは1.26ドル台中盤から反発の動きとなるか等見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、108円台を付けたドル円、小幅な値動きのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。





こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・9月消費者物価指数は、市場予想前月比±0.0%に対し結果前月比+0.1%と予想より強い結果となりました。
NYダウは大幅反落し、前日比-153.49ドルの16461.32ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は英・9月小売売上高指数、米・新規失業保険申請件数、米・9月景気先行指数などの発表が予定されています。
米・新規失業保険申請件数は28.1万件、米・9月景気先行指数は前月比+0.7%の市場予想です。


昨日は米指標の強い結果や長期金利の上昇を受けドルが堅調に推移、ユーロはユーロ圏の大手銀行130行を対象としたストレステストで少なくとも11行が不合格になる見通しとの報道や追加緩和観測等から続落、ポンドもBOE議事録の内容を受け利上げ観測が後退し売られました。

今日は米・新規失業保険申請件数、米・9月景気先行指数等に注目、今日も株価の動きに注意し、ドル円は107円台近維持し続伸となるか、ユーロドルは続落となるのか等見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!

今日は、107円台前半を上抜けできるかのドル円、1.26ドル台前半へ下落のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。







こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・9月中古住宅販売件数は、市場予想510万件に対し結果517万件と予想より強い結果となりました。
NYダウは大幅続伸し、前日比+215.14ドルの16614.81ドルで引けました。

今日の政策金利関連は、BOE議事録、BOC政策金利発表が予定されています。
今日の主な経済指標等は米・9月消費者物価指数、加・8月小売売上高などの発表が予定されています。
米・9月消費者物価指数の市場予想は前月比±0.0%です。


昨日は「ECBが社債の買い入れを検討している」という報道を受けユーロが下落、NYダウは大幅続伸し、前日比+215.14ドルの16614.81ドルで引けました。

今日はBOE議事録・米9月消費者物価指数等に注目、引き続き株価の動きにも十分注意し、ドル円は107円付近維持し上昇なるか、ユーロドルは続落となるのか等、各通貨の強さ見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、107円付近で推移のドル円、1.27ドル台維持できるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


今日はドル円が107.20円と上へ窓を空けスタート、ユーロドルが1.2750ドルと先週終値よりやや下でのスタートとなり、現在もドル円は107.30円台で底堅く推移しています。


今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週はRBA議事録・BOE議事録、米・9月消費者物価指数等の米指標が注目材料です。

今週の政策金利関連は、21日にRBA議事録、22日にBOE議事録、BOC政策金利発表が予定されています。
今週の主な経済指標等は、21日に米・9月中古住宅販売件数、22日に豪・第3四半期消費者物価指数、米・9月消費者物価指数、加・8月小売売上高、23日にNZ・第3四半期消費者物価指数、英・9月小売売上高指数、米・新規失業保険申請件数、米・9月景気先行指数、24日にNZ・9月貿易収支、英・第3四半期GDP・速報値、米・9月新築住宅販売件数などの発表が予定されています。


今週も引き続き不安定な株価の動きには十分注意し、ドル円は反発の流れ続くか、ユーロドルも安定した動きとなってくるのか等、慎重に今週の流れを見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!


今日は、107円台回復でスタートのドル円、1.27ドル台維持し反発できるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。



おはようございます。FX大好きママしましまです。

今日はまずGMOクリック証券のご紹介をさせていただきます。

GMOクリック証券はすべての通貨ペアにおいて、スプレッド値の原則固定化を実施しています!!
(注:相場急変時等に拡がる場合があります)
そのスプレッドですが、現在感謝スプレッド提供中!
以下の通り狭スプとなっています。

米ドル/円 0.4銭原則固定     
ユーロ/円 0.7銭原則固定       ユーロ/米ドル 0.6pips原則固定
ポンド/円 1.2銭原則固定      ポンド/米ドル 1.5pips原則固定
豪ドル/円 0.8銭原則固定       豪ドル/米ドル 1.4pips原則固定
NZドル/円 1.8銭原則固定       米ドル/スイスフラン 1.8pips原則固定
カナダドル/円 1.8銭原則固定     ユーロ/スイスフラン 1.8pips原則固定
スイスフラン/円 2.4銭原則固定   ポンド/スイスフラン 2.8pips原則固定
南アランド/円 1.9銭原則固定

米ドル円0.4銭原則固定、ユーロ円0.7銭原則固定、ポンド円1.2銭原則固定はかなり狭いスプレッドです!!
スプレッドがこれだけ狭くて、その上固定だと短期トレードに大変有利です。

また、現在GMOクリック証券では、新規でFX取引口座を開設された方に5000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です!FX取引口座を開設後、FX取引口座開設翌月末までのFXネオ取引数量合計が100万通貨単位以上(新規・決済・通貨の別は問いません)の取引をされた方に5,000円キャッシュバックしてくれます。
(2014年12月30日(火)まで)

GMOクリック証券は、口座開設すれば店頭FX口座だけでなく株やくりっく365、CFDにもタブ1つ押すだけで簡単にアプローチできてとても便利!私も株取引メインにFX口座も使っています。
スピーディに取引されたい方はぜひ口座開設されてみてください!


今日は、先週後半の反発の動き続くかのドル円、下値からやや持ち直しの動き見せるユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場/クロス円分析については、昨日の記事「来週はRBA・BOE議事録、米9月消費者物価指数等に注目/週末のクロス円分析」の方をご覧ください。)




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・9月住宅着工件数は市場予想100.8万件に対し結果101.7万件と予想より強い結果でしたが、9月建設許可件数は市場予想103.0万件に対し結果101.8万件と予想より弱い結果に、米・10月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値は市場予想84.0に対し結果86.4と予想より強い結果となりました。
NYダウは大幅反発し、前日比+263.17ドルの16380.41ドルで引けました。


さて、来週の相場についてですが、来週はRBA議事録・BOE議事録、米・9月消費者物価指数等の米指標に注目、週末反発したものの軟調さ続く株価の動きに十分注意したいです。

来週の政策金利関連は、21日にRBA議事録、22日にBOE議事録、BOC政策金利発表が予定されています。
来週の主な経済指標等は、21日に米・9月中古住宅販売件数、22日に豪・第3四半期消費者物価指数、米・9月消費者物価指数、加・8月小売売上高、23日にNZ・第3四半期消費者物価指数、英・9月小売売上高指数、米・新規失業保険申請件数、米・9月景気先行指数、24日にNZ・9月貿易収支、英・第3四半期GDP・速報値、米・9月新築住宅販売件数などの発表が予定されています。


今週は、米経済指標の弱い結果を受け米景気先行きへの懸念が高まり株価が大幅下落、ドル円も105.20円の安値を付けクロス円も軒並み大幅下落しました。
週末17日はリスク回避の動きが後退しNYダウは大幅反発、ドル円も106円台後半へと反発しました。
来週も引き続き不安定な株価の動きに十分注意し、ドル円は週末の反発の動きが続くか、ユーロドルも1.26ドル台では底堅い流れが続くか等、慎重に来週の流れを見ていきたいです。
では、来週も頑張りましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・新規失業保険申請件数は市場予想29.0万件に対し結果26.4万件、米・9月鉱工業生産は市場予想前月比+0.4%に対し結果前月比+1.0%、米・10月フィラデルフィア連銀景況指数は市場予想19.8に対し結果20.7といずれも予想より強い結果となりました。
NYダウは小幅続落し、前日比-24.50ドルの16117.24ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、加・9月消費者物価指数、米・9月住宅着工件数/9月建設許可件数、米・10月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値などの発表が予定されています。
米・9月住宅着工件数は100.8万件、9月建設許可件数は103.0万件、米・10月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値は84.0の市場予想です。


昨日は、米経済指標の予想より強い結果を受け米長期金利が上昇し株価も堅調な動きとなりドルが買われ、ドル円は106.46円まで上昇しました。
ユーロドルは欧州時間軟調に推移し1.27ドル台前半まで下落しましたがその後反発し1.28ドル付近へ戻す動きとなりました。

今日は米・10月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値等に注目、株価の急変動に十分注意し、ドル円はここから106円台を維持し反発できるか、ユーロドルも1.28ドル付近を維持できるか等、慎重に週末の動きを見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、106円台維持できるかのドル円、1.28ドル付近で粘れるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・9月小売売上高は、市場予想前月比-0.1%に対し結果前月比-0.3%(除自動車は市場予想前月比+0.2%に対し結果前月比-0.2%)、米・10月NY連銀製造業景気指数は市場予想20.25に対し結果6.17、米・9月生産者物価指数は市場予想前月比+0.1%に対し結果前月比-0.1%といずれも予想より弱い結果となりました。
NYダウは、米景気先行き不安から一時460ドルもの下落となりましたがその後持ち直し、前日比-173.45ドルの16141.74ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、米・新規失業保険申請件数、米・9月鉱工業生産、米・10月フィラデルフィア連銀景況指数、米・8月対米証券投資などの発表が予定されています。
米・新規失業保険申請件数は29.0万件、米・9月鉱工業生産は前月比+0.4%、米・10月フィラデルフィア連銀景況指数は19.8の市場予想です。

昨日は、米・9月小売売上高等の米経済指標の弱い結果を受け米景気先行きへの懸念が高まりNYダウが一時460ドル安になるなどリスク回避の動きが進み、ドル円は一時105.20円まで下落しました。
他通貨に対してもドルは売られ、ユーロドルは1.2886ドル、ポンドドルは1.6068ドル、オージードルは0.8859ドルの高値を付けました。

今日も新規失業保険申請件数等の米経済指標に注目、株価の急変動に十分注意し、ドル円はここから106円付近を維持し反発できるか、ユーロドルも1.28ドル台を維持し堅調な流れを維持できるか等、ドル安の流れ続くか見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!

今日は、106円付近維持できるかのドル円、1.28ドル台へ上昇のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは小幅続落し、前日比-5.88ドルの16315.19ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、英・9月失業保険申請件数/9月失業率、米・9月小売売上高、米・10月NY連銀製造業景気指数、米・9月生産者物価指数、ベージュブックなどの発表が予定されています。
米・9月小売売上高は前月比-0.1%(除自動車は前月比+0.2%)、米・10月NY連銀製造業景気指数は20.25、米・9月生産者物価指数は前月比+0.1%の市場予想です。


昨日は、シティグループの好決算等を受けNYダウが反発しドルも買われましたが、その後NYダウが反落しマイナス圏で引けたためドル買いも続かず限定的な動きとなりました。
ユーロドルは独・10月ZEW景況感調査の弱い結果等から1.26ドル台中盤まで大幅下落しました。

今日は米・9月小売売上高等に注目、株価の動きにも十分注意し、ドル円はここから107円台を維持し反発できるか、ユーロドルも1.26ドル台を維持できるか等、今日もリスク回避的な流れ続くか見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、107円台回復のドル円、1.26ドル台へ反落のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは大幅続落し、前日比-223.03ドルの16321.07ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、英・9月消費者物価指数、独・10月ZEW景況感調査、欧州・10月ZEW景況感調査、欧州・8月鉱工業生産などの発表が予定されています。


昨日は、NYダウが3営業日連続の大幅下落となったことを受けNY終盤ドル売りが進み、ドル円は107円を割り込み106.70円台まで下落、ユーロドルは1.27ドル台へ乗せ1.2760ドル台まで急伸しました。

今日は今のところドルが買い戻されドル円は107円台を回復、ユーロドルは1.27ドル台前半で推移しています。
今日も株価の続落の動きに十分注意し、ドル円はここから107円台を維持し反発できるか、ユーロドルは1.27ドル台を維持できるか等、今日もドルが軟調な動きとなるのか見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、一時107円割れのドル円、1.27ドル台へ上昇のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




おはようございます。FX大好きママしましまです。


今日はドル円が107.54円、ユーロドルが1.2630ドルと先週終値よりややドル売りでスタート、その後ドル売りが進み現在ドル円は107.30円付近、ユーロドルは1.2640ドル台で推移しています。


今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週は米・9月小売売上高や米・10月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値等の米指標に注目、下落続く株価の動きに十分注意したいです。

今週の主な経済指標等は、14日に英・9月消費者物価指数、独・10月ZEW景況感調査、欧州・10月ZEW景況感調査、欧州・8月鉱工業生産、15日に英・9月失業保険申請件数/9月失業率、米・9月小売売上高、米・10月NY連銀製造業景気指数、米・9月生産者物価指数、ベージュブック、16日に米・新規失業保険申請件数、米・9月鉱工業生産、米・10月フィラデルフィア連銀景況指数、米・8月対米証券投資、17日に加・9月消費者物価指数、米・9月住宅着工件数/9月建設許可件数、米・10月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値などの発表が予定されています。


今週も先週後半大幅下落となった株価の動きに十分注意し、ドル円はここから107円台を維持できるか、ユーロドルも上値重く推移するのか等、リスク回避の流れ続く相場となるかどうか見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!


今日は、107円台維持できるかのドル円、1.26ドル付近では底堅い動きのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。



おはようございます。FX大好きママしましまです。

今日はまずGMOクリック証券のご紹介をさせていただきます。

GMOクリック証券はすべての通貨ペアにおいて、スプレッド値の原則固定化を実施しています!!
(注:相場急変時等に拡がる場合があります)
そのスプレッドですが、現在感謝スプレッド提供中!
以下の通り狭スプとなっています。

米ドル/円 0.4銭原則固定     
ユーロ/円 0.7銭原則固定       ユーロ/米ドル 0.6pips原則固定
ポンド/円 1.2銭原則固定      ポンド/米ドル 1.5pips原則固定
豪ドル/円 0.8銭原則固定       豪ドル/米ドル 1.4pips原則固定
NZドル/円 1.8銭原則固定       米ドル/スイスフラン 1.8pips原則固定
カナダドル/円 1.8銭原則固定     ユーロ/スイスフラン 1.8pips原則固定
スイスフラン/円 2.4銭原則固定   ポンド/スイスフラン 2.8pips原則固定
南アランド/円 1.9銭原則固定

米ドル円0.4銭原則固定、ユーロ円0.7銭原則固定、ポンド円1.2銭原則固定はかなり狭いスプレッドです!!
スプレッドがこれだけ狭くて、その上固定だと短期トレードに大変有利です。

また、現在GMOクリック証券では、新規でFX取引口座を開設された方に5000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です!FX取引口座を開設後、FX取引口座開設翌月末までのFXネオ取引数量合計が100万通貨単位以上(新規・決済・通貨の別は問いません)の取引をされた方に5,000円キャッシュバックしてくれます。
(2014年12月30日(火)まで)

GMOクリック証券は、口座開設すれば店頭FX口座だけでなく株やくりっく365、CFDにもタブ1つ押すだけで簡単にアプローチできてとても便利!私も株取引メインにFX口座も使っています。
スピーディに取引されたい方はぜひ口座開設されてみてください!



今日は、今週も調整の動き続くかのドル円、軟調な流れ続くユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場/クロス円分析については、昨日の記事「来週は米9月小売売上高等に注目、株価の変動に注意/週末のクロス円分析」の方をご覧ください。)




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日は米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは大幅続落し、前日比-115.15ドルの16,544.10ドルで引けました。

さて、来週の相場についてですが、来週は米・9月小売売上高や米・10月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値等の米指標に注目、下落続く株価の動きに十分注意したいです。

来週の主な経済指標等は、14日に英・9月消費者物価指数、独・10月ZEW景況感調査、欧州・10月ZEW景況感調査、欧州・8月鉱工業生産、15日に英・9月失業保険申請件数/9月失業率、米・9月小売売上高、米・10月NY連銀製造業景気指数、米・9月生産者物価指数、ベージュブック、16日に米・新規失業保険申請件数、米・9月鉱工業生産、米・10月フィラデルフィア連銀景況指数、米・8月対米証券投資、17日に加・9月消費者物価指数、米・9月住宅着工件数/9月建設許可件数、米・10月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値などの発表が予定されています。


今週は、FOMC議事録公表後は早期利上げ期待が後退しドル売りが進みましたが、週後半は株価の下落が進みリスク回避の円買い・ドル買いの流れとなりドル円は107円台中盤まで下落、ユーロやオージー等はドルに対し弱い動きでクロス円は大幅下落となりました。
来週も今週後半大幅下落となった株価の動きに十分注意し、ドル円は今週の安値107.53円を下抜ける動きとなるのか、ユーロドルも再び軟調な流れとなるのか等、来週リスク回避の流れがまだ続くのか見ていきたいです。
では、来週も頑張りましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・新規失業保険申請件数は、市場予想29.5万件に対し結果28.7万件と予想より強い結果となりました。
NYダウは大幅反落し、前日比-334.97ドルの16659.25ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、加・9月雇用ネット変化/9月失業率の発表が予定されています。

昨日は、NYダウが今年最大の下げ幅となり前日比334.97ドル安で引けたことや米長期金利の低下等を受けリスク回避の流れとなりドル円は107.53円の安値を付け、クロス円も軒並み軟調な値動きとなりました。

今日は引き続きボラティリティの大きい株価の動きに十分注意し、ドル円は更に調整となるのか、ユーロドルはなんとか1.27ドル付近は維持できるか等、今日もリスク回避的な流れとなるのか見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、続落注意のドル円、1.27ドル付近を維持できるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




おはようございます。FX大好きママしましまです。


昨日は米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウはFOMC議事録を受け大幅反発し、前日比+274.83ドルの16994.22ドルで引けました。

今日の政策金利関連は、BOE政策金利発表が予定されています。
今日の主な経済指標等は、米・新規失業保険申請件数の発表が予定されています。
米・新規失業保険申請件数の市場予想は29.5万件です。


昨日は、FOMC議事録が公表されるまではドルの買い戻しも見られる動きでしたが、FOMC議事録で「“しばらくの期間”という文言が間違って理解されていることを懸念」「ドル高は輸出と成長へのリスクと判断」等の内容が公表されると、早期利上げ期待が後退しドル売りが進みドル円は108.05円まで下落、他通貨に対してもドルは売られました。

今日はBOE政策金利発表、米・新規失業保険申請件数等に注目、引き続き株価の動きにも十分注意し、ドル円は108円付近は維持できるのか、ユーロドルは1.27ドルを台を維持し更に上昇できるか等、ドル売りの動きが継続するのかどうか見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、108円台維持できるかのドル円、1.27ドル台へ上昇のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日は米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは大幅続落し、前日比-272.52ドルの16719.39ドルで引けました。

今日の政策金利関連は、FOMC議事録公表が予定されています。
今日は主な経済指標の発表がありませんが、明日午前9時半に豪雇用統計の発表が予定されています。

昨日は、株価の大幅下落や米長期金利の低下、IMFが世界成長見通しを下方修正したこと等によりドル売り・円買いの流れが続きドル円はNY午後に108円を割り込み107.82円台まで下落、全体的に円が強めのリスク回避的な流れとなりました。

今日はドル円が朝107.75円の安値を付けてから反発し108.50円付近へ上昇、他通貨に対してもドルが買われる動きとなっています。
今日はFOMC議事録に注目、株価の動きにも十分注意し、ドル円は108円台を維持し反発継続となるか、ユーロドルは1.26ドルを台を維持できるか等、ここからのドルの各通貨への強さを見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!

今日は、108円台回復のドル円、1.26ドル台維持できるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日は米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは小幅反落し、前日比-17.78ドルの16991.91ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、独・8月鉱工業生産、英・8月鉱工業生産などの発表が予定されています。


昨日は、株価の失速や米長期金利の低下、利益確定の動きを受けドル売りが進み、ドル円は109円を割り込み108.60円台まで下落、他通貨に対してもドルは売られユーロドルは1.2675ドル、ポンドドルは1.6098ドル、オージードルは0.8783ドルの高値を付けました。

今日もドルが軟調な流れとなるのかどうか、ドル円は108円台前半へ下落するか、ユーロドルは1.26ドルを台を維持し反発続くか等見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、108円台下落のドル円、1.26ドル台へ反発のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


今日はドル円が109.71円、ユーロドルが1.2512ドルと共に先週終値とほぼ同位置でオープン、現在はややドルが弱い動きとなっています。


今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週はRBA政策金利発表、FOMC議事録、BOE政策金利発表、日銀金融政策決定会合等の政策金利関連や9日の豪雇用統計に注目したいです。

今週の政策金利関連は、7日に日銀金融政策決定会合、RBA政策金利発表、8日にFOMC議事録、9日にBOE政策金利発表が予定されています。
今週の主な経済指標等は、7日に独・8月鉱工業生産、英・8月鉱工業生産、9日に豪・9月新規雇用者数/9月失業率、米・新規失業保険申請件数、10日に加・9月雇用ネット変化/9月失業率などの発表が予定されています。

先週は米雇用統計後ドル買いが進みましたが、今週もドルが堅調に推移しドル円は今週の高値110.09円を超え111円台へ向けへ上昇できるか、ユーロドルは1.25ドルを割り込み更に下落するのか等見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!


今日は、110円台へ上昇なるかのドル円、軟調な流れ続くユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




おはようございます。FX大好きママしましまです。

今日はまずGMOクリック証券のご紹介をさせていただきます。

GMOクリック証券はすべての通貨ペアにおいて、スプレッド値の原則固定化を実施しています!!
(注:相場急変時等に拡がる場合があります)
そのスプレッドですが、現在感謝スプレッド提供中!
以下の通り狭スプとなっています。

米ドル/円 0.4銭原則固定     
ユーロ/円 0.7銭原則固定       ユーロ/米ドル 0.6pips原則固定
ポンド/円 1.2銭原則固定      ポンド/米ドル 1.5pips原則固定
豪ドル/円 0.8銭原則固定       豪ドル/米ドル 1.4pips原則固定
NZドル/円 1.8銭原則固定       米ドル/スイスフラン 1.8pips原則固定
カナダドル/円 1.8銭原則固定     ユーロ/スイスフラン 1.8pips原則固定
スイスフラン/円 2.4銭原則固定   ポンド/スイスフラン 2.8pips原則固定
南アランド/円 1.9銭原則固定

米ドル円0.4銭原則固定、ユーロ円0.7銭原則固定、ポンド円1.2銭原則固定はかなり狭いスプレッドです!!
スプレッドがこれだけ狭くて、その上固定だと短期トレードに大変有利です。

また、現在GMOクリック証券では、新規でFX取引口座を開設された方に5000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です!FX取引口座を開設後、FX取引口座開設翌月末までのFXネオ取引数量合計が100万通貨単位以上(新規・決済・通貨の別は問いません)の取引をされた方に5,000円キャッシュバックしてくれます。
(2014年12月30日(火)まで)

GMOクリック証券は、口座開設すれば店頭FX口座だけでなく株やくりっく365、CFDにもタブ1つ押すだけで簡単にアプローチできてとても便利!私も株取引メインにFX口座も使っています。
スピーディに取引されたい方はぜひ口座開設されてみてください!


今日は、2008年8月の高値110.65円を超えることができるかのドル円、軟調な流れ続くユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場/クロス円分析については、昨日の記事「来週はRBA・BOE政策金利発表、豪雇用統計等に注目/週末のクロス円分析」の方をご覧ください。)




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された注目の米雇用統計は、9月非農業部門雇用者数が市場予想+21.5万人に対し結果+24.8万人、9月民間部門雇用者数が市場予想+21.0万人に対し結果+23.8万人、9月失業率は市場予想6.1%に対し結果5.9%といずれも予想より強い結果となりました。
NYダウは大幅反発し、前日比+208.64ドルの17009.69ドルと17000ドル台を回復し引けました。


さて、来週の相場についてですが、来週はRBA政策金利発表、FOMC議事録、BOE政策金利発表等の政策金利関連や9日の豪雇用統計に注目したいです。

来週の政策金利関連は、7日に日銀金融政策決定会合、RBA政策金利発表、8日にFOMC議事録、9日にBOE政策金利発表が予定されています。
来週の主な経済指標等は、7日に独・8月鉱工業生産、英・8月鉱工業生産、9日に豪・9月新規雇用者数/9月失業率、米・新規失業保険申請件数、10日に加・9月雇用ネット変化/9月失業率などの発表が予定されています。


今週は、ドル円は1日に2008年8月以来の110.円台をつけるもそれ以降は軟調な動きとなり108円台前半まで下落、しかし108円台は維持し週末3日は米雇用統計の強い結果を受け109.90円まで急反発し109.78円で引けました。
ユーロはECB政策金利発表後のドラギECB総裁の会見で国債買い入れについて言及がなかったことを受け買い戻される場面もありましたが、週末はドル買いに押され1.25ドルの安値を付け1.2514ドルで引けました。

来週はRBA・BOE政策金利発表、豪雇用統計等に注目、ドル円は今週の高値110.09円を超え111円台へ向けへ上昇できるか、ユーロドルは1.25ドルを割り込み更に下落するのか等、来週更にドル高が進むかどうか見ていきたいです。
では、来週も頑張りましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・新規失業保険申請件数は、市場予想29.7万件に対し結果28.7万件と予想より強い結果となりました。
NYダウは一時100ドル超の下落となったもののその後持ち直し、前日比-3.66ドル16801.05ドルで引けました。

今日は米雇用統計の発表が予定されており、9月非農業部門雇用者数が+21.5万人、9月失業率が6.1%の市場予想となっています。
前回は、8月非農業部門雇用者数が市場予想+23.0万人に対し結果+14.2万人、8月民間部門雇用者数が市場予想+21.5万人に対し結果+13.4万人と予想より弱い結果に、8月失業率は市場予想通り6.1%となりましたが、今回は非農業部門雇用者数は予想以上の結果となれるか、また失業率も改善されるか注目されます。
米雇用統計以外の今日の主な経済指標等は、米・8月貿易収支、米・9月ISM非製造業景況指数などの発表が予定されています。
米・8月貿易収支は-408億USD、米・9月ISM非製造業景況指数は58.5の市場予想です。

昨日は、ECB政策金利発表後のドラギECB総裁の会見で国債買い入れについて言及がなかったことでユーロは買い戻され、ユーロドルは1.2699ドルまで上昇しました。
ドル円は株価の下落等を受けNY時間軟調に推移し108.01円まで下落も、108円台は維持しその後108.40円付近まで反発しました。

今日は米雇用統計に注目、引き続き株価の推移にも十分注意し、米雇用統計発表後の流れに乗れればと思います。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、下落するも108円台は維持のドル円、反発続くかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・9月ADP全国雇用者数は市場予想+20.5万人に対し結果+21.3万人と予想より強い結果に、一方、米・9月ISM製造業景況指数は市場予想58.5に対し結果56.6と予想より弱い結果となりました。
NYダウは大幅続落し、前日比-238.19ドルの16804.71ドルで引けました。

今日の政策金利関連は、ECB政策金利発表が予定されています。
今日の主な経済指標等は、欧州・8月生産者物価指数、米・新規失業保険申請件数などの発表が予定されています。
米・新規失業保険申請件数の市場予想は29.7万件です。


昨日は、米9月ISM製造業景況指数の弱い結果や株価の大幅下落を受けリスク回避的な流れとなり、ドル円は109円を割り込む動きに、クロス円も軟調に推移しました。

今日は日経平均の大幅下落を受けドル円は108.55円まで下落しています。
今日はECB政策金利発表や米・新規失業保険申請件数等に注目、株価の推移にも十分注意し、ドル反落の動きが今日も継続するか見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、108円台へ下落のドル円、1.27ドル台へと反発なるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・9月シカゴ購買部協会景気指数は市場予想62.0に対し結果60.5、米・9月消費者信頼感指数は市場予想92.5に対し結果86.0と共に予想より弱い結果となりました。
NYダウは続落し、前日比-28.32ドルの17042.90ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、米・9月ADP全国雇用者数、米・9月ISM製造業景況指数などの発表が予定されています。
米・9月ADP全国雇用者数は+20.5万人、米・9月ISM製造業景況指数は58.5の市場予想です。

昨日は、ユーロ圏消費者物価指数は市場予想通りだったもののコア指数が予想を下回ったことから追加緩和観測が高まりユーロは売られ、ユーロドルは一時1.26ドルを割り込み2012年9月以来の1.2571ドルの安値を付けました。
ドル円はドル買いの動きを受けNY時間109.85円の高値を付けるもその後は109.50~109.70円台での推移となりました。

今日は午前からドル買いの動きで、ドル円は昨日の高値を超え2008年8月以来の110.円台へ上昇し110.09円の高値を付けるも110円付近では上値重く、現在は109.80円台で推移しています。
今日は米・9月ADP全国雇用者数、米・9月ISM製造業景況指数等に注目、明日にECB政策金利発表を控え、今日もまだドル買いが進むこととなるのか慎重に今日の動きを見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!

今日は、2008年8月以来の110.円台を付けたドル円、一時1.26ドルを割り込む動きとなったユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


SEO対策:スワップSEO対策:外国為替