FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


おはようございます。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・5月シカゴ購買部協会景気指数は、市場予想61.0に対し結果65.5と予想より強い結果に、一方、米・5月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値は市場予想82.5に対し結果81.9と予想より弱い結果となりました。
NYダウは小幅続伸し、前日比+18.43ドルの16717.17ドルと史上最高値を更新し引けました。

さて、来週の相場についてですが、来週は週末6日の米雇用統計に注目、また3日のRBA政策金利発表や5日のBOE政策金利発表、ECB政策金利発表など大変注目材料の多い週です。

6日発表の米雇用統計は、5月非農業部門雇用者数が+21.8万人、5月民間部門雇用者数が+20.5万人、5月失業率が6.4%の市場予想です。
前回は、4月非農業部門雇用者数が市場予想+21.8万人に対し結果+28.8万人、4月民間部門雇用者数が市場予想+21.5万人に対し結果+27.3万人、4月失業率が市場予想6.6%に対し結果6.3%といずれも予想を上回る強い結果となりましたが、今回も非農業部門雇用者数は予想以上の結果となれるか、また失業率も改善されるかが注目されます。

来週の政策金利関連は、3日にRBA政策金利発表、4日にBOC政策金利発表、5日にBOE政策金利発表、ECB政策金利発表が予定されています。
米雇用統計以外の来週の主な経済指標等は、2日に独・5月消費者物価指数・速報値、米・5月ISM製造業景況指数、3日に豪・4月小売売上高、欧州・5月消費者物価指数・速報値、欧州・4月失業率、4日に豪・第1四半期GDP、米・5月ADP全国雇用者数、米・4月貿易収支、米・5月ISM非製造業景況指数、ベージュブック、5日に豪・4月貿易収支、欧州・4月小売売上高、米・新規失業保険申請件数、6日に独・4月鉱工業生産、加・5月雇用ネット変化/5月失業率などの発表が予定されています。


今週は全体的に小幅な値動きで、ドル円は101円台中盤~102円台前半のレンジを上値重く推移、ユーロドルは軟調に推移し1.35ドル台後半まで下落も週後半は反発、ポンドは週前半下落し後半小幅反発、オージーは反発の流れとなりました。
来週は米雇用統計をはじめとしてRBA・BOE・ECB政策金利発表等に注目、最高値を更新したダウの動きにも注意し、来週もドル円は102円付近で上値抑えられる動きとなるのか、ユーロドルは下げ止まりを見せるのか等見ていきたいです。
では、来週も頑張りましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト







こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・新規失業保険申請件数は、市場予想31.8万件に対し結果30.0万件と予想より強い結果に、一方、米・第1四半期GDP・改定値は市場予想前期比年率-0.5%に対し結果前期比年率-1.0%、米・4月中古住宅販売保留は市場予想前月比+1.0%に対し結果前月比+0.4%と予想より弱い結果となりました。
NYダウは反発し、前日比+65.56ドルの16698.74ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、加・ 第1四半期GDP、加・3月GDP、米・5月シカゴ購買部協会景気指数、米・5月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値などの発表が予定されています。
米・5月シカゴ購買部協会景気指数は61.0、米・5月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値は82.5の市場予想です。


昨日は、米GDP改定値の弱い結果を受けドルが売られるも、新規失業保険申請件数の予想より強い結果を受け大幅な下落とはならず下げ止まる動きに、ユーロやポンドは小動きでした。
オージーは豪設備投資見通しが上向いたこと等から買い戻しが進み、対米ドルで0.9312ドル、対円で94.75円の高値を付けました。

今日は米・5月シカゴ購買部協会景気指数、米・5月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値等に注目、引き続き株価の推移にも注意し、ドル円は上値重い動き継続か、ユーロドルは1.36ドル付近を維持できるか等見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、上値重い動き続くドル円、1.36ドル付近で底堅いユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日は米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは反落し、前日比-42.32ドルの16633.18ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、米・新規失業保険申請件数、米・第1四半期GDP・改定値、米・4月中古住宅販売保留などの発表が予定されています。
米・新規失業保険申請件数は31.8万件、米・第1四半期GDP・改定値は前期比年率-0.5%、米・4月中古住宅販売保留は前月比+1.0%の市場予想です。


昨日は、米長期金利の低下や株価の下落を受けドル円は軟調な動きに、また、円以外の通貨に対してはドルは強くリスク回避的な流れとなりクロス円は大幅下落しました。
ユーロは独雇用統計の弱い結果、ポンドは英5月CBI流通取引調査の弱い結果等を受け軟調な流れでした。

今日は米・第1四半期GDP・改定値等に注目,引き続き株価の推移に注意し、ドル円はどちらに進むか、ユーロドルは昨日の安値を維持できるか等見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!

今日は、102円では上値重いドル円、1.35ドル台後半を維持できるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・4月耐久財受注は、市場予想前月比-0.7%に対し結果前月比+0.8%と予想より強い結果に、米・5月消費者信頼感指数は市場予想通りの結果となりました。
NYダウは続伸し、前日比+69.23ドルの16675.50ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、独・5月失業者数/5月失業率などの発表が予定されています。


昨日は、NY時間4月耐久財受注の強い結果や株価の上昇を受けドルが他通貨に対し強い動きとなりました。
ドル円は102円台へ乗せ102.14円の高値をるもNY午後には101円台後半まで反落、ユーロドルは1.36ドル台前半へ下落、ポンドドルも一時1.68ドルを割り込むなど軟調に推移しました。

今日は目立った材料はありませんが引き続き株価の推移に注意し、ドル円はしっかり102円台へ乗せることができるか、ユーロドルは1.36ドル台前半を維持できるか等見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!

今日は、102円台へ乗せることができるかのドル円、1.36ドル台を維持できるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




おはようございます。FX大好きママしましまです。


昨日は米経済指標の発表はありませんでした。
また、昨日は米株式市場はメモリアル・デーのため休場でした。

今日の主な経済指標等は、米・4月耐久財受注、米・5月消費者信頼感指数などの発表が予定されています。
米・4月耐久財受注は前月比-0.7%(除輸送用機器は前月比0.0%)、米・5月消費者信頼感指数は83.0の市場予想です。

昨日は英株式市場がスプリング・バンクホリデーのため休場、NY市場もメモリアル・デーのため休場で、各通貨動意薄の展開となりました。

今日は米・4月耐久財受注、米・5月消費者信頼感指数、引き続き株価の推移に注意し、ドル円は102円台へ乗せることができるか、ユーロドルは下げ止まりを見せるか等見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!

今日は、102円台へ乗せることができるかのドル円、1.36ドル台中盤で推移のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


今日は、ドル円が101.92円と先週終値とほぼ同位置でオープンし今のところ小動き、ユーロドルは1.3622ドルと先週終値よりやや下でオープンし現在1.3620ドル付近で上値重く推移しています。


今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週は米第1四半期GDP改定値や米4月耐久財受注等に注目、また、引き続き株価の動きには十分注意したいです。

今週の主な経済指標等は、26日にNZ・4月貿易収支、27日に米・4月耐久財受注、米・5月消費者信頼感指数、28日に独・5月失業者数/5月失業率、29日に米・新規失業保険申請件数、米・第1四半期GDP・改定値、米・4月中古住宅販売保留、30日に日・4月全国消費者物価指数 、加・ 第1四半期GDP、加・3月GDP、米・5月シカゴ購買部協会景気指数、米・5月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値などの発表が予定されています。
また、今日は英株式市場がスプリング・バンクホリデーのため休場、NY市場もメモリアル・デーのため休場となります。

今週はそれほど大きな注目材料はありませんが、引き続き株価の推移に注意しここからもドル円の反発は続くか、ユーロドルの軟調推移が継続するか等見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!


今日は、102円台へ乗せることができるかのドル円、1.36ドル台維持できるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。



こんにちは。FX大好きママしましまです。

今日はまずGMOクリック証券のご紹介をさせていただきます。

GMOクリック証券はすべての通貨ペアにおいて、スプレッド値の原則固定化を実施しています!!
(注:相場急変時等に拡がる場合があります)
そのスプレッドですが、現在感謝スプレッド提供中!
以下の通り狭スプとなっています。

米ドル/円 0.4銭原則固定     
ユーロ/円 0.7銭原則固定       ユーロ/米ドル 0.6pips原則固定
ポンド/円 1.2銭原則固定      ポンド/米ドル 1.5pips原則固定
豪ドル/円 0.8銭原則固定       豪ドル/米ドル 1.4pips原則固定
NZドル/円 1.8銭原則固定       米ドル/スイスフラン 1.8pips原則固定
カナダドル/円 1.8銭原則固定     ユーロ/スイスフラン 1.8pips原則固定
スイスフラン/円 2.4銭原則固定   ポンド/スイスフラン 2.8pips原則固定
南アランド/円 1.9銭原則固定

米ドル円0.4銭原則固定、ユーロ円0.7銭原則固定、ポンド円1.2銭原則固定はかなり狭いスプレッドです!!
スプレッドがこれだけ狭くて、その上固定だと短期トレードに大変有利です。

また、現在GMOクリック証券では、新規でFX取引口座を開設された方に5000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です!FX取引口座を開設後、FX取引口座開設翌月末までのFXネオ取引数量合計が100万通貨単位以上(新規・決済・通貨の別は問いません)の取引をされた方に5,000円キャッシュバックしてくれます。
(2014年6月30日(月)まで)

GMOクリック証券は、口座開設すれば店頭FX口座だけでなく株やくりっく365、CFDにもタブ1つ押すだけで簡単にアプローチできてとても便利!私も株取引メインにFX口座も使っています。
スピーディに取引されたい方はぜひ口座開設されてみてください!




おはようございます。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・4月新築住宅販売件数は、市場予想42.5万に対し結果43.3万件と予想より強い結果となりました。
NYダウは続伸し、前日比+63.19ドルの16606.27ドルで引けました。


さて、来週の相場についてですが、来週は米第1四半期GDP改定値や米4月耐久財受注等に注目、また、引き続き株価の動きには十分注意したいです。

来週の主な経済指標等は、26日にNZ・4月貿易収支、27日に米・4月耐久財受注、米・5月消費者信頼感指数、28日に独・5月失業者数/5月失業率、29日に米・新規失業保険申請件数、米・第1四半期GDP・改定値、米・4月中古住宅販売保留、30日に日・4月全国消費者物価指数 、加・ 第1四半期GDP、加・3月GDP、米・5月シカゴ購買部協会景気指数、米・5月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値などの発表が予定されています。
また、来週26日は英株式市場がスプリング・バンクホリデーのため休場、NY市場もメモリアル・デーのため休場となります。


今週は、先週まで軟調だったユーロが引き続き軟調に推移しユーロドルは1.36ドル台前半へ下落、ドル円は週前半は上値重く一時101円を割り込みましたが、週後半は102円付近まで反発しました。
来週はそれほど大きな注目材料はありませんが、引き続き株価の推移に注意し来週ドル円の反発は続くか、ユーロドルの軟調推移が継続するか等見ていきたいです。
では、来週も頑張りましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・新規失業保険申請件数は、市場予想31.0万件に対し結果32.6万件、米・4月中古住宅販売件数は市場予想469万件に対し結果465万件と予想より弱い結果、米・4月景気先行指数は市場予想通りの結果となりました。
NYダウは小幅続伸し、前日比+10.02ドルの16543.08ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、独・5月IFO景況指数、加・4月消費者物価指数、米・4月新築住宅販売件数などの発表が予定されています。
米・4月新築住宅販売件数の市場予想は42.5万件です。


昨日はドル円が米長期金利の上昇等を受け小幅に上昇し101.82円まで上昇、ドルは他通貨に対しても強めに推移しユーロドルは1.36ドル台中盤で上値重く、ポンドドルは1.38ドル台中盤へ下落しました。

今日は米・4月新築住宅販売件数等に注目、引き続き株価の動きに注意しながら、ドル円は102円台へ反発できるか、ユーロドルは今日も上値重い動きとなるのか等見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、101円台後半へ上昇のドル円、1.36ドル台中盤を守れるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日は米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは大幅反発し、前日比+158.75ドルの16533.06ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、英・第1四半期GDP・改定値、加・3月小売売上高、米・新規失業保険申請件数、米・4月中古住宅販売件数、米・4月景気先行指数の発表が予定されています。
米・新規失業保険申請件数は31.0万件、米・4月中古住宅販売件数は469万件、米・4月景気先行指数は前月比+0.4%の市場予想です。

昨日はポンドが英・4月小売売上高指数の強い結果等を受け堅調な動きに、ユーロはユーロポンドの下落等から弱い動きとなり対米ドルで1.37ドルを割り込む動きとなりました。
ドル円は黒田日銀総裁の会見後100円台へ下落し100.82円の安値を付けましたが、NY時間は株価の大幅上昇や米長期金利の上昇等を受け101円台へ戻し101円台中盤まで上昇しました。

今日は新規失業保険申請件数等の米経済指標に注目、引き続き株価の動きに注意しながら、ドル円は101円台中盤を上抜けできるか、ユーロドルは今日も軟調な動きとなるのか等見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、101円台中盤へ反発のドル円、軟調な流れのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日は米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは大幅反落し、前日比-137.55ドルの16374.31ドルで引けました。

今日の政策金利関連は、BOE議事録公表・FOMC議事録公表が予定されています。
今日の主な経済指標等は、英・4月小売売上高指数の発表が予定されています。


昨日は株価の下落等を受けリスク回避的な動きとなりドル円・クロス円は軟調な値動きとなりましたが、ドル円は101円台前半は維持しました。
昨日はオージーが格下げ懸念等を受け大幅下落、NZドルやカナダドルも弱い動きでした。

今日はBOE・FOMC議事録に注目、ここからも引き続き株価の動きに注意しながら、ドル円は引き続き101円台前半を維持できるか、ユーロドルも1.37ドル付近を維持できるかどうか見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、101円台前半をなんとか維持したドル円、横ばいのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日は米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは小幅続伸し、前営業日比+20.55ドルの16511.86ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、英・4月消費者物価指数の発表が予定されています。


昨日は株価の下落等からドルが弱い動きで、ドル円は欧州時間に101.10円の安値を付けましたがそれ以上の動きとはならずNY時間に101円台中盤へ反発し往ってこいの動きに、ユーロドルは1.37ドル付近をサポートに底堅い動きでした。

今日は日経平均の上昇等からドル円・クロス円は底堅く推移、オージーは昨日からの軟調な動きが続き対米ドルでは0.9492ドル、対円では94.37円の安値を付けています。
今日はまだ目立った動きはありませんが、ここからも株価の動きに注意しながら、ドル円は101円台前半を維持し反発なるか、ユーロドルも1.37ドル付近は維持となるか見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、101.10円まで下落も101円台前半を維持したドル円、底堅く推移しているユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




おはようございます。FX大好きママしましまです。


今日は、ドル円が101.53円と先週終値とほぼ同位置でオープンし今のところ小動き、ユーロドルも1.3692ドルと先週終値と同位置でオープンし現在1.37ドル付近で推移しています。


今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週は日銀金融政策決定会合やFOMC議事録等に注目、不安定な株価の動きに十分注意したいです。

今週の政策金利関連は、20日にRBA議事録公表、21日に日銀金融政策決定会合、BOE議事録公表、FOMC議事録公表が予定されています。
今週の主な経済指標等は、20日に英・4月消費者物価指数、21日に英・4月小売売上高指数、22日に英・第1四半期GDP・改定値、加・3月小売売上高、米・新規失業保険申請件数、米・4月中古住宅販売件数、米・4月景気先行指数、23日に独・5月IFO景況指数、加・4月消費者物価指数、米・4月新築住宅販売件数などの発表が予定されています。


今週は日銀金融政策決定会合やFOMC議事録、米・4月景気先行指数、独・5月IFO景況指数等や最高値から大幅反落となったNYダウの動きに注目、今週も円高基調が継続となるのかどうか見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!


今日は、101円台前半を維持できるかのドル円、1.37ドル台へ戻せるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




おはようございます。FX大好きママしましまです。

今日はまずGMOクリック証券のご紹介をさせていただきます。

GMOクリック証券はすべての通貨ペアにおいて、スプレッド値の原則固定化を実施しています!!
(注:相場急変時等に拡がる場合があります)
そのスプレッドですが、現在感謝スプレッド提供中!
以下の通り狭スプとなっています。

米ドル/円 0.4銭原則固定     
ユーロ/円 0.7銭原則固定       ユーロ/米ドル 0.6pips原則固定
ポンド/円 1.2銭原則固定      ポンド/米ドル 1.5pips原則固定
豪ドル/円 0.8銭原則固定       豪ドル/米ドル 1.4pips原則固定
NZドル/円 1.8銭原則固定       米ドル/スイスフラン 1.8pips原則固定
カナダドル/円 1.8銭原則固定     ユーロ/スイスフラン 1.8pips原則固定
スイスフラン/円 2.4銭原則固定   ポンド/スイスフラン 2.8pips原則固定
南アランド/円 1.9銭原則固定

米ドル円0.4銭原則固定、ユーロ円0.7銭原則固定、ポンド円1.2銭原則固定はかなり狭いスプレッドです!!
スプレッドがこれだけ狭くて、その上固定だと短期トレードに大変有利です。

また、現在GMOクリック証券では、新規でFX取引口座を開設された方に5000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です!FX取引口座を開設後、FX取引口座開設翌月末までのFXネオ取引数量合計が100万通貨単位以上(新規・決済・通貨の別は問いません)の取引をされた方に5,000円キャッシュバックしてくれます。
(2014年6月30日(月)まで)

GMOクリック証券は、口座開設すれば店頭FX口座だけでなく株やくりっく365、CFDにもタブ1つ押すだけで簡単にアプローチできてとても便利!私も株取引メインにFX口座も使っています。
スピーディに取引されたい方はぜひ口座開設されてみてください!


今日は、101円台前半を守れるかのドル円、軟調な流れ続くユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場/クロス円分析については、昨日の記事「来週は日銀金融政策決定会合やFOMC議事録等に注目/週末のクロス円分析」の方をご覧ください。)




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・4月住宅着工件数は、市場予想98.0万件に対し結果107.2万件、4月建設許可件数は市場予想101.0万件に対し結果108.0万件と予想より強い結果に、一方、米・5月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値は市場予想84.5に対し結果81.8と予想より弱い結果となりました。
NYダウは反発し、前日比+44.50ドルの16491.31ドルで引けました。


さて、来週の相場についてですが、来週は日銀金融政策決定会合やFOMC議事録等に注目、不安定な株価の動きに十分注意したいです。

来週の政策金利関連は、20日にRBA議事録公表、21日に日銀金融政策決定会合、BOE議事録公表、FOMC議事録公表が予定されています。
来週の主な経済指標等は、20日に英・4月消費者物価指数、21日に英・4月小売売上高指数、22日に英・第1四半期GDP・改定値、加・3月小売売上高、米・新規失業保険申請件数、米・4月中古住宅販売件数、米・4月景気先行指数、23日に独・5月IFO景況指数、加・4月消費者物価指数、米・4月新築住宅販売件数などの発表が予定されています。


今週は、先週軟調だったユーロが独5月ZEW景況感調査の弱い結果等を受け引き続き軟調に、ポンドもBOE四半期インフレレポートの公表後軟調に推移しました。
ドル円も週後半は米長期金利の低下やNYダウの大幅続落等を受け軟調な動きとなり101.30円付近まで下落し101.48円で引けました。
来週は日銀金融政策決定会合やFOMC議事録、米・4月景気先行指数、独・5月IFO景況指数等や最高値から大幅反落となったNYダウの動きに注目、来週も円高基調が継続となるかどうか見ていきたいです。
では、来週も頑張りましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・5月NY連銀製造業景気指数は、市場予想6.00に対し結果19.01、米・新規失業保険申請件数は市場予想32.0万件に対し結果29.7万件、米・5月フィラデルフィア連銀景況指数は市場予想14.0に対し結果15.4と予想より強い結果に、米・4月消費者物価指数は市場予想通りの結果、米・4月鉱工業生産は市場予想前月比0.0%に対し結果前月比-0.6%と予想より弱い結果となりました。
NYダウはは大幅続落し、前日比-167.16ドルの16446.81ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、米・4月住宅着工件数/4月建設許可件数、米・5月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値などの発表が予定されています。
米・4月住宅着工件数は98.0万件、4月建設許可件数は101.0万件、米・5月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値は84.5の市場予想です。


昨日は、米長期金利の低下やNYダウの大幅続落等を受けドル円も大幅下落し円101.31円の安値を付けへ、クロス円も軟調に推移しユーロ円は139円割れまで下落、オージー円は95円を割り込む動きとなりました。
ユーロドルは欧州時間からNY序盤にかけ売られるもNY時間反発し往ってこいとなりました。

今日は米・4月住宅着工件数やミシガン大消費者信頼感指数、大幅続落しているNYダウの動き等に注目、ドル円は101円前半を維持できるか、ユーロドルは持ち直す動きとなれるのか等見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、101円台前半は維持できるかのドル円、1.37ドル台を維持できるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・4月生産者物価指数は、市場予想前月比+0.2%に対し結果前月比+0.6%と予想より強い結果となりました。
NYダウはは大幅反落し、前日比-101.47ドルの16613.97ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、独・第1四半期GDP・速報値、欧州・第1四半期GDP・速報値、米・5月NY連銀製造業景気指数、米・4月消費者物価指数、米・新規失業保険申請件数、米・3月対米証券投資、米・4月鉱工業生産、米・5月フィラデルフィア連銀景況指数などの発表が予定されています。
米・5月NY連銀製造業景気指数は6.00、米・4月消費者物価指数は前月比+0.3%、米・新規失業保険申請件数は32.0万件、米・3月対米証券投資は+400億USD、米・4月鉱工業生産は前月比0.0%、米・5月フィラデルフィア連銀景況指数は14.0の市場予想です。


昨日は、BOE四半期インフレレポートで「利上げ前に経済の緩みをさらに減少させる余地がある」との見解が示されたことから英早期利上げ観測が後退、ポンドは売られ大幅下落し対米ドルで1.6753ドル、対円で170.60円の安値を付けました。
また、米長期金利の低下やNYダウの大幅下落等を受けドル円も軟調に推移し102円を割り込み101円台後半へと下落、クロス円も軟調に推移しました。

今日は4月消費者物価指数等多数発表される米経済指標や昨日大幅下落したNYダウの動き等に注目、ドル円は102円台へ反発できるか、ユーロドルは引き続き1.37ドル台を維持できるか等見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、101円台後半へ下落のドル円、1.37ドル台前半で推移のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・4月小売売上高は、市場予想前月比+0.4%に対し結果前月比+0.1%(除自動車は市場予想前月比+0.6%に対し結果前月比0.0%)と予想より弱い結果となりました。
NYダウはは小幅続伸し、前日比+19.97ドルの16715.44ドルと連日で史上最高値を更新し引けました。

今日の主な経済指標等は、英・4月失業保険申請件数/4月失業率、欧州・3月鉱工業生産、BOE四半期インフレレポート、米・4月生産者物価指数などの発表が予定されています。
米・4月生産者物価指数の市場予想は前月比+0.2%です。


昨日は、独5月ZEW景況感調査の弱い結果や「独連銀は必要に応じてマイナスの預金金利を含めた利下げを行う用意がある」との報道を受けユーロが再び下落しユーロドルはは1.3689ドルの安値を付けました。

今日は英雇用統計やBOE四半期インフレレポート、米・4月生産者物価指数、そして最高値更新を続けるNYダウの動き等に注目、ドル円は102円台、ユーロドルは1.37ドル付近を維持できるか等見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、102円台前半で小動きのドル円、1.37ドル付近維持できるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




おはようございます。FX大好きママしましまです。


昨日は、米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウはは大幅続伸し、前日比+112.13ドルの16695.47ドルと史上最高値を更新し引けました。

今日の主な経済指標等は、独・5月ZEW景況感調査、欧州・5月ZEW景況感調査、米・4月小売売上高などの発表が予定されています。
米・4月小売売上高の市場予想は前月比+0.4%(除自動車は前月比+0.6%)です。


昨日は、日本の経常収支・貿易収支の結果を受け全体的に円売り基調に、NY時間はNYダウが史上最高値を更新したこと等を受けドル円は102.20円付近まで上昇しました。
軟調だったユーロは小幅な値動きに、ポンドは強めに推移しました。

今日は米4月小売売上高や最高値更新を続けるNYダウの動き等に注目、ドル円は続伸となるか、ユーロは下げ止まりの動きとなるか等見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、102円台を回復のドル円、1.37ドル台中盤で下げ止まることができるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


今日は、ドル円が101.87円と先週終値とほぼ同位置でオープンし102円付近へ小幅に上昇、ユーロドルも1.3752ドルと先週終値付近でオープンし現在1.3760ドル付近で推移しています。


今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週は13日の4月小売売上高や15日の4月消費者物価指数、5月フィラデルフィア連銀景況指数等相次いで発表される米経済指標に注目したいです。

今週の主な経済指標等は、13日に独・5月ZEW景況感調査、欧州・5月ZEW景況感調査、米・4月小売売上高、14日にNZ・第1四半期小売売上高指数、英・4月失業保険申請件数/4月失業率、欧州・3月鉱工業生産、BOE四半期インフレレポート、米・4月生産者物価指数、15日に日・第1四半期GDP・一次速報値、独・第1四半期GDP・速報値、欧州・第1四半期GDP・速報値、米・5月NY連銀製造業景気指数、米・4月消費者物価指数、米・新規失業保険申請件数、米・3月対米証券投資、米・4月鉱工業生産、米・5月フィラデルフィア連銀景況指数、16日に米・4月住宅着工件数/4月建設許可件数、米・5月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値などの発表が予定されています。


今週は相次いで発表される米経済指標の結果や最高値更新を続けるNYダウの動き等に注目、今週もユーロ安継続となるかどうか見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!


今日は、102円台へ乗せていくことができるかのドル円、1.37ドル台中盤で下げ止まることができるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。



おはようございます。FX大好きママしましまです。

今日はまずGMOクリック証券のご紹介をさせていただきます。

GMOクリック証券はすべての通貨ペアにおいて、スプレッド値の原則固定化を実施しています!!
(注:相場急変時等に拡がる場合があります)
そのスプレッドですが、現在感謝スプレッド提供中!
以下の通り狭スプとなっています。

米ドル/円 0.4銭原則固定     
ユーロ/円 0.7銭原則固定       ユーロ/米ドル 0.6pips原則固定
ポンド/円 1.2銭原則固定      ポンド/米ドル 1.5pips原則固定
豪ドル/円 0.8銭原則固定       豪ドル/米ドル 1.4pips原則固定
NZドル/円 1.8銭原則固定       米ドル/スイスフラン 1.8pips原則固定
カナダドル/円 1.8銭原則固定     ユーロ/スイスフラン 1.8pips原則固定
スイスフラン/円 2.4銭原則固定   ポンド/スイスフラン 2.8pips原則固定
南アランド/円 1.9銭原則固定

米ドル円0.4銭原則固定、ユーロ円0.7銭原則固定、ポンド円1.2銭原則固定はかなり狭いスプレッドです!!
スプレッドがこれだけ狭くて、その上固定だと短期トレードに大変有利です。

また、現在GMOクリック証券では、新規でFX取引口座を開設された方に5000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です!FX取引口座を開設後、FX取引口座開設翌月末までのFXネオ取引数量合計が100万通貨単位以上(新規・決済・通貨の別は問いません)の取引をされた方に5,000円キャッシュバックしてくれます。
(2014年6月30日(月)まで)

GMOクリック証券は、口座開設すれば店頭FX口座だけでなく株やくりっく365、CFDにもタブ1つ押すだけで簡単にアプローチできてとても便利!私も株取引メインにFX口座も使っています。
スピーディに取引されたい方はぜひ口座開設されてみてください!


今日は、102円が重いドル円、先週後半1.37ドル台中盤まで大幅下落のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場/クロス円分析については、昨日の記事「来週は米4月小売売上高・米4月消費者物価指数等に注目/週末のクロス円分析」の方をご覧ください。)




おはようございます。FX大好きママしましまです。


昨日は米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは続伸し、前日比+32.37ドルの16583.34ドルと史上最高値を更新し引けました。


さて、来週の相場についてですが、来週は13日の4月小売売上高や15日の4月消費者物価指数、5月フィラデルフィア連銀景況指数等相次いで発表される米経済指標に注目したいです。

来週の主な経済指標等は、13日に独・5月ZEW景況感調査、欧州・5月ZEW景況感調査、米・4月小売売上高、14日にNZ・第1四半期小売売上高指数、英・4月失業保険申請件数/4月失業率、欧州・3月鉱工業生産、BOE四半期インフレレポート、米・4月生産者物価指数、15日に日・第1四半期GDP・一次速報値、独・第1四半期GDP・速報値、欧州・第1四半期GDP・速報値、米・5月NY連銀製造業景気指数、米・4月消費者物価指数、米・新規失業保険申請件数、米・3月対米証券投資、米・4月鉱工業生産、米・5月フィラデルフィア連銀景況指数、16日に米・4月住宅着工件数/4月建設許可件数、米・5月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値などの発表が予定されています。


今週は週前半はドルが他通貨に対し弱い動きとなるも、8日にドラギECB総裁が会見でユーロ高に懸念を示し「もし必要であれば6月のECB理事会で行動することは容易い」と発言したことを受けユーロが全面安となり週末までユーロが売られる動きとなりました。
来週は相次いで発表される米経済指標の結果や最高値更新を続けるNYダウの動き等に注目、来週もユーロが売られる流れとなるかどうか見ていきたいです。
では、来週も頑張りましょう!

今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・新規失業保険申請件数は、市場予想32.5万件に対し結果31.9万件と予想より強い結果となりました。
NYダウは続伸し、前日比+32.43ドルの16550.97ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、英・3月鉱工業生産、加・4月雇用ネット変化/4月失業率などの発表が予定されています。


昨日はドラギECB総裁が会見でユーロ高に懸念を示し「もし必要であれば6月のECB理事会で行動することは容易い」と発言したことを受けユーロが大幅安となりユーロドルは1.3833ドル、ユーロ円は140.53円の安値を付けました。
オージーは豪雇用統計の強い結果を受け堅調に推移し、対米ドルで0.9393ドルの高値を付けました。

今日は今のところやや円安に推移しドル円は101.70円台へ上昇、クロス円も底堅く推移しています。
今日は加雇用統計等に注目、ドル円は102円付近へ上昇できるか、ユーロドルは1.38ドル付近へと下落するか等、今日もユーロが弱い動きとなるのかどうか見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、101円台後半へ反発も上値重いドル円、1.38ドル台前半へ下落のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




おはようございます。FX大好きママしましまです。


昨日は主な米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは大幅反発し、前日比+117.52ドルの16518.54ドルで引けました。

今日の政策金利関連は、BOE政策金利発表、ECB政策金利発表が予定されています。
今日の主な経済指標等は、独・3月鉱工業生産、米・新規失業保険申請件数などの発表が予定されています。
米・新規失業保険申請件数の市場予想は32.5万件です。


昨日は株価の上昇等を受けドルは反発しドル円は102円まで上昇、他通貨に対しても反発の動きとなりましたが、全体的に大きな動きはありませんでした。

今日は先ほど発表された豪雇用統計が強い結果だったためオージーが買われ、対米ドルで0.9361ドル、対円で95.33円の高値を付けていますが、全体的には小幅な値動きとなっています。
今日はBOE・ECB政策金利発表に注目、ドル円は102円台を回復できるか、ユーロドルは1.39ドル台を維持する動きとなるのか等見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、101円台後半で推移のドル円、1.39ドル台維持のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・3月貿易収支は、市場予想-400億USDに対し結果-404億USDと予想より弱い結果となりました。
NYダウは大幅反落し、前日比-129.53ドルの16401.02ドルで引けました。

今日これからは主な経済指標はありませんが、NY時間にイエレンFRB議長の講演が予定されています。
また、明日10:30に豪雇用統計の発表が予定されており、市場予想は4月新規雇用者数が+0.95万人、4月失業率が5.9%です。


昨日は欧州経済指標の強い結果を受けユーロは堅調に推移、米長期金利の低下やNYダウの大幅反落等を受けドルは他通貨に対し軟調に推移しました。

今日は日経平均の大幅下落等を受けドル円・クロス円は軟調に推移しています。
今日はイエレンFRB議長の講演に注目、今日もドルが全体的に弱い動きとなるのか見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、101円台中盤へ下落のドル円、1.39ドル台へ乗せたユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




おはようございます。FX大好きママしましまです。


今日は、ドル円が102.15円と先週終値と同位置でオープンし今のところそれほど動きはなく、ユーロドルは1.3884ドルと先週終値よりやや上でオープンし現在1.3870ドル台で推移しています。


今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週は6日のRBA政策金利発表、8日のBOE政策金利発表、ECB政策金利発表に注目、またNZ・豪・加の雇用統計などにも注目したいです。

今週の政策金利関連は、6日にRBA政策金利発表、8日にBOE政策金利発表、ECB政策金利発表が予定されています。
今週の主な経済指標等は、5日に米・4月ISM非製造業景況指数、6日に豪・3月貿易収支、欧州・3月小売売上高、米・3月貿易収支、7日にNZ・第1四半期失業率、豪・3月小売売上高、8日に豪・4月新規雇用者数/4月失業率、独・3月鉱工業生産、米・新規失業保険申請件数、9日に英・3月鉱工業生産、加・4月雇用ネット変化/4月失業率などの発表が予定されています。
また、7日にはイエレンFRB議長の講演が予定されています。


今週はRBA・BOE・ECB政策金利発表やNZ・豪・加の雇用統計等注目材料の多い週ですが、今週トレンドが出てくるか株価の動き等にも注意しながら慎重に流れを見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!


今日は、102円台維持し反発できるかのドル円、1.39ドル台へ上昇できるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。



おはようございます。FX大好きママしましまです。

今日はまずGMOクリック証券のご紹介をさせていただきます。

GMOクリック証券はすべての通貨ペアにおいて、スプレッド値の原則固定化を実施しています!!
(注:相場急変時等に拡がる場合があります)
そのスプレッドですが、現在感謝スプレッド提供中!
以下の通り狭スプとなっています。

米ドル/円 0.4銭原則固定     
ユーロ/円 0.7銭原則固定       ユーロ/米ドル 0.6pips原則固定
ポンド/円 1.2銭原則固定      ポンド/米ドル 1.5pips原則固定
豪ドル/円 0.8銭原則固定       豪ドル/米ドル 1.4pips原則固定
NZドル/円 1.8銭原則固定       米ドル/スイスフラン 1.8pips原則固定
カナダドル/円 1.8銭原則固定     ユーロ/スイスフラン 1.8pips原則固定
スイスフラン/円 2.4銭原則固定   ポンド/スイスフラン 2.8pips原則固定
南アランド/円 1.9銭原則固定

米ドル円0.4銭原則固定、ユーロ円0.7銭原則固定、ポンド円1.2銭原則固定はかなり狭いスプレッドです!!
スプレッドがこれだけ狭くて、その上固定だと短期トレードに大変有利です。

また、現在GMOクリック証券では、新規でFX取引口座を開設された方に5000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です!FX取引口座を開設後、FX取引口座開設翌月末までのFXネオ取引数量合計が100万通貨単位以上(新規・決済・通貨の別は問いません)の取引をされた方に5,000円キャッシュバックしてくれます。
(2014年6月30日(月)まで)

GMOクリック証券は、口座開設すれば店頭FX口座だけでなく株やくりっく365、CFDにもタブ1つ押すだけで簡単にアプローチできてとても便利!私も株取引メインにFX口座も使っています。
スピーディに取引されたい方はぜひ口座開設されてみてください!


今日は、102円台でのレンジ続くドル円、底堅い動きもレンジ内の動きのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場/クロス円分析については、昨日の記事「来週はRBA・BOE・ECB政策金利発表等に注目/週末のクロス円分析」の方をご覧ください。)




おはようございます。FX大好きママしましまです。


昨日発表された注目の米雇用統計は、4月非農業部門雇用者数が市場予想+21.8万人に対し結果+28.8万人、4月民間部門雇用者数が市場予想+21.5万人に対し結果+27.3万人、4月失業率が市場予想6.6%に対し結果6.3%といずれも予想を上回る強い結果となりました。
NYダウは続落し、前日比-45.98ドルの16512.89ドルで引けました。


さて、来週の相場についてですが、来週は6日のRBA政策金利発表、8日のBOE政策金利発表、ECB政策金利発表に注目、またNZ・豪・加の雇用統計などにも注目したいです。

来週の政策金利関連は、6日にRBA政策金利発表、8日にBOE政策金利発表、ECB政策金利発表が予定されています。
来週の主な経済指標等は、5日に米・4月ISM非製造業景況指数、6日に豪・3月貿易収支、欧州・3月小売売上高、米・3月貿易収支、7日にNZ・第1四半期失業率、豪・3月小売売上高、8日に豪・4月新規雇用者数/4月失業率、独・3月鉱工業生産、米・新規失業保険申請件数、9日に英・3月鉱工業生産、加・4月雇用ネット変化/4月失業率などの発表が予定されています。
また、7日にはイエレンFRB議長の講演が予定されています。


今週は注目材料が多数ありながらも全体的にレンジを抜け出す動きとはなりませんでした。
来週はRBA・BOE・ECB政策金利発表やNZ・豪・加の雇用統計等注目材料の多い週で、明確な動きが出てくるのか、慎重に米雇用統計明けの流れを見ていきたいです。
では、来週も頑張りましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・新規失業保険申請件数は、市場予想32.0万件に対し結果34.4万件と予想より弱い結果に、一方、米・4月ISM製造業景況指数は市場予想54.3に対し結果54.9と予想より強い結果となりました。
NYダウは小幅反落し、前日比-21.97ドルの16558.87ドルで引けました。

今日は21:30に米雇用統計の発表が予定されています。
市場予想は4月非農業部門雇用者数が+21.8万人、4月民間部門雇用者数が+21.5万人、4月失業率が6.6%です。
前回は、3月非農業部門雇用者数が市場予想+20.0万人に対し結果+19.2万人、3月民間部門雇用者数が市場予想+20.0万人に対し結果+19.2万人、3月失業率が市場予想6.6%に対し結果6.7%といずれも予想より弱い結果となりましたが、今回非農業部門雇用者数は予想以上の結果となれるか、また失業率も改善されるかが注目されます
その他の今日の主な経済指標等は、英・4月建設業PMI、欧州・3月失業率などの発表が予定されています。

昨日は全体的に小幅な値動きで方向感なく、ドル円は102.10円台~102.30円台、ユーロドルは1.3860ドル台~1.3880ドル台での狭いレンジ内で推移しました。

今日は米雇用統計に注目、小幅な値動き続く相場に動きが出るかどうか、今夜の雇用統計後の動きにうまく乗れればと思います。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、102円台前半で小動きのドル円、底堅い動きのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




おはようございます。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・4月ADP全国雇用者数は、市場予想+21.0万人に対し結果+22.0万人、米・4月シカゴ購買部協会景気指数は市場予想57.0に対し結果63.0と予想より強い結果に、一方、米・第1四半期GDP・速報値は市場予想前期比年率+1.2%に対し結果前期比年率+0.1%と予想より弱い結果となりました。
NYダウは続伸し、前日比+45.47ドルの16580.84ドルと史上最高値を更新し引けました。

今日の主な経済指標等は、米・新規失業保険申請件数、米・4月ISM製造業景況指数などの発表が予定されています。
米・新規失業保険申請件数は32.0万件、米・4月ISM製造業景況指数は54.3の市場予想です。

昨日は、米・第1四半期GDP・速報値の弱い結果を受けドルが全体的に軟調な動きとなりドル円は102.03円の安値を、ユーロドルは1.3876ドルの高値を付けました。

今日は今のところドル円は102.20円付近、ユーロドルは1.3870ドル付近で推移しドルが弱めの流れが続いています。
今日は米新規失業保険申請件数・米4月ISM製造業景況指数等に注目、ドル円は102円台を維持できるか、ユーロドルは1.38ドル後半を上抜けることができるのか等、今日もドル売り基調が続くのか見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、102円台前半へ下落のドル円、1.38ドル台後半を超えられるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。


SEO対策:スワップSEO対策:外国為替