FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・11月中古住宅販売保留は、市場予想前月比+1.0%に対し結果前月比+0.2%と予想より弱い結果となりました。
NYダウは反発し、前日比+25.88ドルの16504.29ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、米・12月シカゴ購買部協会景気指数、米・12月消費者信頼感指数などの発表が予定されています。
米・12月シカゴ購買部協会景気指数は60.8、米・12月消費者信頼感指数は76.2の市場予想です。


昨日はショイブレ独財務相が独ビルト紙とのインタビューで「低金利政策を永遠に続けることはできない」などと発言したこと等からユーロが堅調に推移、米長期金利の下落を受けドルが弱い動きとなり、ドル円は104.98円の安値を、ユーロドルは1.3819ドルの高値を付けました。

今日は昨日からのドル売り基調が継続も、今のところ小動きで推移しています。
ここからは昨日からのドル売りの流れが続くか、参加者も少ないため急変動には十分注意し今日の動きを見ていきたいです。
では、今年最後の日も頑張りましょう!


今日は、105円割れのドル円、1.38ドル付近まで上昇のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト







こんにちは。FX大好きママしましまです。

今日は、ドル円は105.18円、ユーロドルは1.3756ドルと先週終値とほぼ同位置でのスタートで、現在は全体的にドルが買われる動きとなっています。


今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週は新年をどのような形でスタートを切るか注目、引き続き商い薄い中での急変動に十分注意しておきたいです。

今週の主な経済指標等は、30日に米・11月中古住宅販売保留、31日に米・12月シカゴ購買部協会景気指数、米・12月消費者信頼感指数、2日に米・新規失業保険申請件数、米・12月ISM製造業景況指数などの発表が予定されています。
今週は31日~3日は東京市場が休場、1日はすべての市場がニューイヤーズデーのため休場です。

今日はドル円は105.18円、ユーロドルは1.3756ドルと先週終値とほぼ同位置でのスタートとなったものの、その後ドルが買われる動きとなりドル円は105.41円まで年初来高値を更新、オージードルが0.8833ドルまで下落、ユーロドルやポンドドルもやや弱めの動きとなっています。
ここからはドル円はまた年初来高値を更新し106円を目指す動きとなるのか等、先週27日のような急変動には十分注意し流れを見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!

今日は、105円付近を維持しまだ上昇していけるかのドル円、1.37ドル台中盤で推移のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。



おはようございます。FX大好きママしましまです。

今日はまずGMOクリック証券のご紹介をさせていただきます。

GMOクリック証券はすべての通貨ペアにおいて、スプレッド値の原則固定化を実施しています!!
(注:相場急変時等に拡がる場合があります)
そのスプレッドですが、現在感謝スプレッド提供中!
以下の通り狭スプとなっています。

米ドル/円 0.4銭原則固定     
ユーロ/円 0.7銭原則固定       ユーロ/米ドル 0.6pips原則固定
ポンド/円 1.2銭原則固定      ポンド/米ドル 1.5pips原則固定
豪ドル/円 0.8銭原則固定       豪ドル/米ドル 1.4pips原則固定
NZドル/円 1.8銭原則固定       米ドル/スイスフラン 1.8pips原則固定
カナダドル/円 1.8銭原則固定     ユーロ/スイスフラン 1.8pips原則固定
スイスフラン/円 2.4銭原則固定   ポンド/スイスフラン 2.8pips原則固定
南アランド/円 1.9銭原則固定

米ドル円0.4銭原則固定、ユーロ円0.7銭原則固定、ポンド円1.2銭原則固定はかなり狭いスプレッドです!!
スプレッドがこれだけ狭くて、その上固定だと短期トレードに大変有利です。

また、現在GMOクリック証券では、新規でFX取引口座を開設された方に5000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です!FX取引口座を開設後、FX取引口座開設翌月末までのFXネオ取引数量合計が100万通貨単位以上(新規・決済・通貨の別は問いません)の取引をされた方に5,000円キャッシュバックしてくれます。
(2013年12月30日(月)まで・新年は2014年1月6日(月)~ 2014年3月31日(月))

GMOクリック証券は、口座開設すれば店頭FX口座だけでなく株やくりっく365、CFDにもタブ1つ押すだけで簡単にアプローチできてとても便利!私も株取引メインにFX口座も使っています。
スピーディに取引されたい方はぜひ口座開設されてみてください!


今日は、今週も年初来高値更新の流れ続くかのドル円、先週は1.3893ドルの高値を付けたユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場/クロス円分析については、昨日の記事「来週も円安の流れは継続か/週末のクロス円分析」の方をご覧ください。)




こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは小反落し、前日比-1.47ドルの16478.41ドルで引けました。

さて、来週の相場についてですが、来週は新年をどのような形でスタートを切るか注目、引き続き商い薄い中での急変動に十分注意しておきたいです。

来週の主な経済指標等は、30日に米・11月中古住宅販売保留、31日に米・12月シカゴ購買部協会景気指数、米・12月消費者信頼感指数、2日に米・新規失業保険申請件数、米・12月ISM製造業景況指数などの発表が予定されています。
来週は31日~3日は東京市場が休場、1日はすべての市場がニューイヤーズデーのため休場です。

今週はクリスマス休暇の週で商い薄い中、NYダウは連日年初来高値を更新、為替もリスク選好的な流れとなり週後半は円安方向へ大きく傾きドル円はまた年初来高値更新、ユーロ円やポンド円も年初来高値更新となりました。
来週もこの円安の流れが続くか、今週末のような急変動には十分注意し、ドル円はまた年初来高値を更新し今度は106円台へと乗せていくのか、ユーロドルも再び1.39ドルを狙う動きとなれるか等見ていきたいです。
では、この年末年始も頑張りましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・新規失業保険申請件数は、市場予想34.5万件に対し結果33.8万件と予想より強い結果となりました。
NYダウは100ドル超続伸し史上最高値を更新、前日比+122.33ドルの16479.88ドルで引けました。

今日は主な経済指標等の発表は予定されていません。


昨日はウェリントン、シドニー、香港、ロンドン、フランクフルト、トロントなどの市場がボクシングデーにより休場でしたが、東京時間からドル円は堅調に推移し初来高値を更新し104.85円の高値を付けその後も104円台後半で底堅く推移、NY時間はダウが100ドル超の上昇となり、薄商いながらリスク選好的な流れが継続しました。

今日は午前にドル円が105.03円まで上昇も105円台は維持できず104円台後半へ、また、ユーロドルが1.37ドル台へ上昇し現在1.3730台で推移しています。
今日は指標なども発表もなく目立った材料がない中、ドル円は再び105円台へ乗せることができるか、ユーロドルは1.37ドル台を維持し続伸できるか等リスク選好的な動きが今日も続くか見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、105円台へ上昇していけるかのドル円、1.37ドル台維持できるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は、日本を除くほとんどの市場がクリスマスのため休場でした。
今日は、ウェリントン、シドニー、香港、ロンドン、フランクフルト、トロントなどの市場がボクシングデーにより休場です。
今日の主な経済指標等は、米・新規失業保険申請件数の発表が予定されており、市場予想は34.5万件です。


昨日はクリスマスで、日本を除くほとんどの市場が休場で値動きはほとんどありませんでした。
今日もウェリントン、シドニー、香港、ロンドン、フランクフルト、トロントなどの市場がボクシングデーにより休場ですが、NY市場は開いており、ドル円は105円を付けにくるか等円安基調は続くか見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、105円付近へ上昇していけるかのドル円、1.37ドルを前に上値重いのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・12月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値は、市場予想83.0に対し結果82.5と予想より弱い結果となりました。
NYダウは続伸し史上最高値を更新、前日比+73.47ドルの16294.61ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、米・11月耐久財受注、米・11月新築住宅販売件数などの発表が予定されています。
米・11月耐久財受注は前月比+2.0%、米・11月新築住宅販売件数は44.4万件の市場予想です。

昨日はクリスマスを前に参加者も少なそうで各通貨とも小動きでしたが、全体的にやや円安基調となりました。

今週はクリスマスの週で今日もあまり動きは出なさそうですが、ドル円は年初来高値104.64円を超えてくるか等見ながら、様子見中心で流れを見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!

今日は、年初来高値104.64円付近へ上昇していけるかのドル円、1.37ドル台へしっかり乗せていけるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。

今日は、ドル円は103.98円と先週終値よりやや下、ユーロドルは1.3672ドルと先週終値と同位置でのスタートで、現在まで小幅な値動きとなっています。


今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週は25日がクリスマスでほぼすべての市場が休場、26日もボクシングデーで休場となる市場が多いため、市場は閑散とし動きが出にくそうです。

今週の主な経済指標等は、23日に加・10月GDP 、米・12月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値、24日に米・11月耐久財受注、米・11月新築住宅販売件数、26日に米・新規失業保険申請件数などの発表が予定されています。

今週はクリスマスの週であまり動きは出なさそうですが、ドル円はまた年初来高値を更新し105円台を付ける動きとなれるのか等見ながら、のんびり様子見中心で流れを見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!

今日は、104円付近を維持し上昇していけるかのドル円、1.37ドル台へ反発していけるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。



こんにちは。FX大好きママしましまです。

今日はまずGMOクリック証券のご紹介をさせていただきます。

GMOクリック証券はすべての通貨ペアにおいて、スプレッド値の原則固定化を実施しています!!
(注:相場急変時等に拡がる場合があります)
そのスプレッドですが、現在感謝スプレッド提供中!
以下の通り狭スプとなっています。

米ドル/円 0.4銭原則固定     
ユーロ/円 0.7銭原則固定       ユーロ/米ドル 0.6pips原則固定
ポンド/円 1.2銭原則固定      ポンド/米ドル 1.5pips原則固定
豪ドル/円 0.8銭原則固定       豪ドル/米ドル 1.4pips原則固定
NZドル/円 1.8銭原則固定       米ドル/スイスフラン 1.8pips原則固定
カナダドル/円 1.8銭原則固定     ユーロ/スイスフラン 1.8pips原則固定
スイスフラン/円 2.4銭原則固定   ポンド/スイスフラン 2.8pips原則固定
南アランド/円 1.9銭原則固定

米ドル円0.4銭原則固定、ユーロ円0.7銭原則固定、ポンド円1.2銭原則固定はかなり狭いスプレッドです!!
スプレッドがこれだけ狭くて、その上固定だと短期トレードに大変有利です。

また、現在GMOクリック証券では、新規でFX取引口座を開設された方に5000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です!FX取引口座を開設後、FX取引口座開設翌月末までのFXネオ取引数量合計が100万通貨単位以上(新規・決済・通貨の別は問いません)の取引をされた方に5,000円キャッシュバックしてくれます。
(2013年12月30日(月)まで)

GMOクリック証券は、口座開設すれば店頭FX口座だけでなく株やくりっく365、CFDにもタブ1つ押すだけで簡単にアプローチできてとても便利!私も株取引メインにFX口座も使っています。
スピーディに取引されたい方はぜひ口座開設されてみてください!


今日は、今週も年初来高値更新なるかのドル円、1.36ドル台へ下落のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場/クロス円分析については、昨日の記事「来週はクリスマスの週で動きは限定的か/週末のクロス円分析」の方をご覧ください。)




こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・第3四半期GDP・確報値は、市場予想前期比年率+3.6%に対し結果前期比年率+4.1%と予想より強い結果となりました。
NYダウは続伸し史上最高値を更新、前日比+42.06ドルの16221.14ドルで引けました。


さて、来週の相場についてですが、来週は25日がクリスマスでほぼすべての市場が休場、26日もボクシングデーで休場となる市場が多いため、市場は閑散とし動きが出にくそうです。

来週の主な経済指標等は、23日に加・10月GDP 、米・12月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値、24日に米・11月耐久財受注、米・11月新築住宅販売件数、26日に米・新規失業保険申請件数などの発表が予定されています。


今週は18日のFOMC声明を受けドル円は104円台へ上昇し連日年初来高値を更新する動きに、ユーロドルはFOMC後ドル買いの動きを受け1.36ドル台へ下落、クロス円は週前半は軟調でしたが週後半はドル円が104円台へ乗せる動きとなったこともあり概ね堅調に推移しました。
来週はクリスマスの週であまり動きは出なさそうですが、ドル円はまた年初来高値を更新し105円台を付ける動きとなれるのか等見ながら、のんびり様子見中心で来週の動きを見ていきたいです。
では、来週も頑張りましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・11月住宅着工件数は、市場予想95.5万件に対し結果109.1万件、11月建設許可件数は市場予想99.0万件に対し結果100.7万件と予想より強い結果となりました。
NYダウは大幅反発し史上最高値を更新、前日比+292.71ドルの16167.97ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、英・11月小売売上高指数、米・新規失業保険申請件数、米・12月フィラデルフィア連銀景況指数、米・11月中古住宅販売件数などの発表が予定されています。
米・新規失業保険申請件数は33.5万件、米・12月フィラデルフィア連銀景況指数は10.0、米・11月中古住宅販売件数は502万件の市場予想です。


昨日はFOMC政策金利発表後の声明で、来年1月からMBSの購入を現在の月間400億ドルから350億ドル、長期国債の購入を現在の450億ドルから400億ドルに縮小することを決定、また、少なくとも失業率が6.5%を上回り、今後1-2年のインフレが2.5%を上回らないと予想される限り、FF金利の誘導目標を0.0%から0.25%の範囲に維持することが決定されたとされました。
声明を受けドル円は年初来高値を更新、2008年10月以来の104円台へ乗せ104.36円の高値を付け、ユーロドルは1.37~1.38ドル台前半で乱高下の後ドル買いの流れから大幅下落し1.37ドルを割り込む動きとなりました。

今日は今のところドル円はやや軟調な動きで104円付近、ユーロドルは1.36ドル台中盤まで下落、クロス円もやや円高基調となっています。
ここからは、ドル円はまた年初来高値更新となるか、ユーロドルは軟調な流れが続くか等、ビッグイベント後のドル高の流れが続くか見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、104円付近維持できるかのドル円、1.36ドル台中盤へ下落のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・11月消費者物価指数は、市場予想前月比+0.1%に対し結果前月比0.0%と予想より弱い結果となりました。
NYダウは小幅に反落し、前日比-9.31ドルの15875.26ドルで引けました。

今日の政策金利関連は、BOE議事録、FOMC政策金利発表が予定されています。
今日の主な経済指標等は、独・12月IFO景況指数、英・11月失業率/11月失業保険申請件数、米・11月住宅着工件数/11月建設許可件数などの発表が予定されています。
米・11月住宅着工件数は95.4万件、11月建設許可件数は99.0万件の市場予想です。


昨日はFOMC政策金利発表を翌日に控え、全体的に大きな動きは出ませんでした。ドル円・クロス円はNY時間やや軟調に、そしてオージーは売りが強まり対米ドルで0.89ドルを割り込み0.8882ドル、対円で91.22円の安値を付けました。

今日はまずFOMC政策金利発表、そしてBOE議事録や欧州経済指標等にも注目、ドル円は103円付近を維持し年初来高値更新を狙う動きとなれるか、ユーロドルも1.38ドル付近での動きを注意しながら、ビッグイベント後の乱高下に注意し慎重に取引したいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、103円付近で上値重いドル円、1.37ドル台での推移続くユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。

今日は、ドル円は103.27円と先週終値とほぼ変わらず、ユーロドルは1.3728ドルと先週終値よりやや下でのスタートとなりましたが、現在はドルがユーロや円に対しやや弱い動きとなっています。


今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週はまずFOMC政策金利発表に注目、量的緩和縮小はあるのか、なくても縮小時期への思惑等から大きく相場が動きそうで注意が必要です。
また、17日のRBA議事録、18日のBOE議事録、20日の日銀金融政策決定会合等にも注目です。

今週の政策金利関連は、17日にRBA議事録、18日にBOE議事録、FOMC政策金利発表、20日に日銀金融政策決定会合が予定されています。
今週の主な経済指標等は、16日に米・12月NY連銀製造業景気指数、米・10月対米証券投資、米・11月鉱工業生産、17日に英・11月消費者物価指数、独・12月ZEW景況感指数、米・11月消費者物価指数、18日に独・12月IFO景況指数、英・11月失業率/11月失業保険申請件数、米・11月住宅着工件数/11月建設許可件数、19日にNZ・第3四半期GDP、英・11月小売売上高指数、米・新規失業保険申請件数、米・12月フィラデルフィア連銀景況指数、米・11月中古住宅販売件数、20日に加・11月消費者物価指数、加・10月小売売上高、米・第3四半期GDP・確報値などの発表が予定されています。

今週はFOMC政策金利発表に注目が集まっていますが他にもRBA・BOE議事録、欧米重要指標等注目材料が多いです。今週ドル円はまた年初来高値を更新し104円台へと上昇していくのかどうか等見ながら、大荒れになりそうな材料が多いので乱高下注意で取引していきたいです。
では、今週も頑張りましょう!


今日は、103円付近でやや軟調な動きのドル円、1.37ドル台での推移続くユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。



おはようございます。FX大好きママしましまです。

今日はまずGMOクリック証券のご紹介をさせていただきます。

GMOクリック証券はすべての通貨ペアにおいて、スプレッド値の原則固定化を実施しています!!
(注:相場急変時等に拡がる場合があります)
そのスプレッドですが、現在感謝スプレッド提供中!
以下の通り狭スプとなっています。

米ドル/円 0.4銭原則固定     
ユーロ/円 0.7銭原則固定       ユーロ/米ドル 0.6pips原則固定
ポンド/円 1.2銭原則固定      ポンド/米ドル 1.5pips原則固定
豪ドル/円 0.8銭原則固定       豪ドル/米ドル 1.4pips原則固定
NZドル/円 1.8銭原則固定       米ドル/スイスフラン 1.8pips原則固定
カナダドル/円 1.8銭原則固定     ユーロ/スイスフラン 1.8pips原則固定
スイスフラン/円 2.4銭原則固定   ポンド/スイスフラン 2.8pips原則固定
南アランド/円 1.9銭原則固定

米ドル円0.4銭原則固定、ユーロ円0.7銭原則固定、ポンド円1.2銭原則固定はかなり狭いスプレッドです!!
スプレッドがこれだけ狭くて、その上固定だと短期トレードに大変有利です。

また、現在GMOクリック証券では、新規でFX取引口座を開設された方に5000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です!FX取引口座を開設後、FX取引口座開設翌月末までのFXネオ取引数量合計が100万通貨単位以上(新規・決済・通貨の別は問いません)の取引をされた方に5,000円キャッシュバックしてくれます。
(2013年12月30日(月)まで)

GMOクリック証券は、口座開設すれば店頭FX口座だけでなく株やくりっく365、CFDにもタブ1つ押すだけで簡単にアプローチできてとても便利!私も株取引メインにFX口座も使っています。
スピーディに取引されたい方はぜひ口座開設されてみてください!


今日は、今週も年初来高値更新なるかのドル円、底堅さ継続のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場/クロス円分析については、昨日の記事「来週はFOMC政策金利発表等に注目/週末のクロス円分析」の方をご覧ください。)




こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・11月生産者物価指数は、市場予想前月比0.0%に対し結果前月比-0.1%と予想より弱い結果となりました。
NYダウは小幅反発し、前日比+15.93ドルの15755.36ドルで引けました。


さて、来週の相場についてですが、来週はまずFOMC政策金利発表に注目、量的緩和縮小はあるのか、なくても縮小時期への思惑等から大きく相場が動きそうで注意が必要です。
また、16日の日銀短観、17日のRBA議事録、18日のBOE議事録、20日の日銀金融政策決定会合等にも注目です。

来週の政策金利関連は、17日にRBA議事録、18日にBOE議事録、FOMC政策金利発表、20日に日銀金融政策決定会合が予定されています。
来週の主な経済指標等は、16日に日銀短観、米・12月NY連銀製造業景気指数、米・10月対米証券投資、米・11月鉱工業生産、17日に英・11月消費者物価指数、独・12月ZEW景況感指数、米・11月消費者物価指数、18日に独・12月IFO景況指数、英・11月失業率/11月失業保険申請件数、米・11月住宅着工件数/11月建設許可件数、19日にNZ・第3四半期GDP、英・11月小売売上高指数、米・新規失業保険申請件数、米・12月フィラデルフィア連銀景況指数、米・11月中古住宅販売件数、20日に加・11月消費者物価指数、加・10月小売売上高、米・第3四半期GDP・確報値などの発表が予定されています。


今週は概ね円安が続いた週で、ドル円は株価の下落等を受け前半102円台前半まで下落、しかしその後は反発し週末には年初来高値を更新し103.92円まで上昇しました。
ユーロは週後半失速したものの堅調な動きは継続、オージーはスティーブンスRBA総裁の発言等から週後半大変弱い動きとなりました。
来週は先ほども書きましたがまずはFOMC政策金利発表に注目、来週ドル円はまた年初来高値を更新し104円台へと上昇していくのか等見ながら、大荒れになりそうな材料が多いので乱高下注意で取引していきたいです。
では、来週も頑張りましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは早期緩和縮小観測から大幅続落し、前日比-129.60ドルの15843.53ドルで引けました。

今日の政策金利関連は、SNB政策金利発表が予定されています。
今日の経済指標等は、米・11月小売売上高、米・新規失業保険申請件数等の発表が予定されています。
米・11月小売売上高は前月比+0.6%(除自動車は前月比+0.2%)、米・新規失業保険申請件数は32.0万件の市場予想です。


昨日は、米議会が財政協議で合意したことを受け早期緩和縮小観測が高まりNYダウは大幅下落、ドル円も上値重く推移し一時102.15円まで下落しました。
株価の下落を受けリスク回避の動きが強まりクロス円は軟調に推移、ユーロは対米ドルでユーロが強い動きだったためユーロ円は小幅な下落幅でしたが、ポンドやオージーは対米ドルで弱かったためポンド円・オージー円も大幅下落となりました。

今日は今のところ全体的に小幅な動きですが、ここからドル円はまだ軟調な動きが続くのか、ユーロドルは年初来高値1.3832ドルを上抜けできるか、株価の推移や米11月小売売上高等の米指標にも注目しながらここからの動きを見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、102円台中盤で推移のドル円、1.38ドル台へしっかり乗せてくるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




おはようございます。FX大好きママしましまです。

昨日は米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは反落し、前日比-52.40ドルの15973.13ドルと16000ドルを割り込み引けました。

今日は主な経済指標等の発表はありません。
明日は5:00にRBNZ政策金利発表、9:30に豪雇用統計が予定されています。


昨日は、株価の下落や米長期金利低下を受けドル円は軟調に推移し102円台へ下落、ユーロはドル売りの流れを受け上昇しユーロドルは1.3795ドルの高値をつけました。
ユーロ円は東京時間142.17円の高値を付けるもその後はドル円の下落の影響を受け反落しNY時間は141円台中盤での動きとなりました。

今日は今のところ全体的に小幅な動きですが、ここからドル円はまだ調整の動きとなるのか、ユーロドルはこのまま1.38ドル台へ乗せ年初来高値1.3832ドルを目指す動きとなれるか等、ドル売りの動きが続くのかどうか見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、102円台へと反落のドル円、堅調な動き続くユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は、米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは小幅続伸し、前日比+5.33ドルの16025.53ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、英・10月鉱工業生産などの発表が予定されています。


昨日は、材料もない中やや円が弱い動きで、ドル円は103円付近で底堅くNY時間には103.30円付近へと上昇、クロス円もユーロ円やポンド円は上昇、オージー円はオージードルの弱い動きから上値を抑えられる動きでした。
ユーロは対米ドルでも上昇し1.3746ドルの高値を付けました。

今日は今のところ全体的に穏やかな動きで、ドル円は先週の高値103.38円を超え103.39円まで上昇していますが、ここからドル円は年初来高値103.73円まで上昇できるか、ユーロドルも1.38ドル~年初来高値1.3832ドルを目指す動きとなれるか等、今日も全体的に円安の流れ続くか見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!

今日は、年初来高値103.73円を目指す動きとなるかのドル円、堅調な動き続くユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。

米雇用統計明けの今日は、ドル円は103円、ユーロドルは1.3714ドルとともに先週終値よりやや上でのスタートとなりましたが、現在は先週終値付近へと戻し比較的穏やかな推移となっています。


今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週はあまり材料がない中12日の豪雇用統計や米小売売上高等に注目、再び16000ドルに乗せて引けたNYダウの動きにも注意し、今週も円安継続なるか見ていきたいです。

今週の政策金利関連は、12日にRBNZ政策金利発表が予定されています。
今週の主な経済指標等は、9日に日・第3四半期GDP・二次速報、独・10月鉱工業生産、10日に英・10月鉱工業生産、12日に豪・11月失業率/11月新規雇用者数、米・11月小売売上高、米・新規失業保険申請件数、13日に米・11月生産者物価指数などの発表が予定されています。


今週は先ほども書きましたが豪雇用統計や米小売売上高等に注目、ドル円は103円台をしっかり固め年初来高値103.73円を超えることができるか、ユーロドルも年初来高値1.3832ドルを目指す動きとなれるか等、円安基調継続なるか今週の動きを見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!


今日は、103円付近を維持し続伸となるかのドル円、今週も上値を伸ばしていけるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。



おはようございます。FX大好きママしましまです。

今日はまずGMOクリック証券のご紹介をさせていただきます。

GMOクリック証券はすべての通貨ペアにおいて、スプレッド値の原則固定化を実施しています!!
(注:相場急変時等に拡がる場合があります)
そのスプレッドですが、現在感謝スプレッド提供中!
以下の通り狭スプとなっています。

米ドル/円 0.4銭原則固定     
ユーロ/円 0.7銭原則固定       ユーロ/米ドル 0.6pips原則固定
ポンド/円 1.2銭原則固定      ポンド/米ドル 1.5pips原則固定
豪ドル/円 0.8銭原則固定       豪ドル/米ドル 1.4pips原則固定
NZドル/円 1.8銭原則固定       米ドル/スイスフラン 1.8pips原則固定
カナダドル/円 1.8銭原則固定     ユーロ/スイスフラン 1.8pips原則固定
スイスフラン/円 2.4銭原則固定   ポンド/スイスフラン 2.8pips原則固定
南アランド/円 1.9銭原則固定

米ドル円0.4銭原則固定、ユーロ円0.7銭原則固定、ポンド円1.2銭原則固定はかなり狭いスプレッドです!!
スプレッドがこれだけ狭くて、その上固定だと短期トレードに大変有利です。

また、現在GMOクリック証券では、新規でFX取引口座を開設された方に5000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です!FX取引口座を開設後、FX取引口座開設翌月末までのFXネオ取引数量合計が100万通貨単位以上(新規・決済・通貨の別は問いません)の取引をされた方に5,000円キャッシュバックしてくれます。
(2013年12月30日(月)まで)

GMOクリック証券は、口座開設すれば店頭FX口座だけでなく株やくりっく365、CFDにもタブ1つ押すだけで簡単にアプローチできてとても便利!私も株取引メインにFX口座も使っています。
スピーディに取引されたい方はぜひ口座開設されてみてください!


今日は、5月22日の高値103.73円を上抜け年初来高値更新できるかのドル円、同じく10月に付けた年初来高値1.3832ドルまで上昇できるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場/クロス円分析については、昨日の記事「来週は豪雇用統計や米小売売上高等に注目/週末のクロス円分析」の方をご覧ください。)




こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された注目の米雇用統計は、11月非農業部門雇用者数が市場予想+18.5万人に対し結果+20.3万人、11月民間部門雇用者数が市場予想+18.0万人に対し結果+19.6万人、11月失業率が市場予想7.2%に対し結果7.0%といずれも予想を上回る強い結果となりました。
米・12月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値も市場予想76.0に対し結果82.5と予想より強い結果となりました。
NYダウは米指標の強い結果を受け6営業日ぶりに大幅反発し、前日比+198.69ドルの16020.20ドルで引けました。


さて、来週の相場についてですが、来週はあまり材料がない中12日の豪雇用統計や米小売売上高等に注目、再び16000ドルに乗せて引けたNYダウの動きにも注意し、今週も円安継続なるか見ていきたいです。

来週の政策金利関連は、12日にRBNZ政策金利発表が予定されています。
来週の主な経済指標等は、9日に日・第3四半期GDP・二次速報、独・10月鉱工業生産、10日に英・10月鉱工業生産、12日に豪・11月失業率/11月新規雇用者数、米・11月小売売上高、米・新規失業保険申請件数、13日に米・11月生産者物価指数などの発表が予定されています。


今週はドル円が前半強い動きを見せ5月23日以来の103円台へ乗せ103.38円の高値を付けるもそれ以上の上昇とはならず週中盤からは反落し一時102円割れ、しかし週末は米雇用統計の強い結果を受け102円台後半まで反発し102.89円で引けました。ユーロドルは週前半は1.35ドル台前半から1.36ドル台前半でのもみ合いでしたが、週後半5日はドラギECB総裁の会見等を受け1.36ドル台後半まで上昇、週末6日は続伸し1.3706ドルの高値を付け1.3704ドルで引けました。クロス円は各通貨やや異なる動きとなり、ユーロ円は週末141円台へ乗せ引けましたが、ポンド円は3日の高値169.14円を超えられず、オージー円も週末反発したものの全体的に軟調に推移しました。

来週は先ほども書きましたが豪雇用統計や米小売売上高等に注目、来週ドル円は103円台へ戻していけるか、また、クロス円も全体的に上昇となるか等、まずは米雇用統計明けの動きを慎重に見ていきたいです。
では、来週も頑張りましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちはFX大好きママしましまです。

昨日発表された米・新規失業保険申請件数は、市場予想32.2万件に対し結果29.8万件、米・ 第3四半期GDP・改訂値は市場予想前期比年率+3.1%に対し結果前期比年率+3.1%と予想より強い結果となりました。
NYダウは米量的緩和の早期縮小観測を受け5日続落し、前日比-68.26ドルの15821.51ドルで引けました。

今日は今週注目のビッグイベント・米雇用統計が発表されます。11月非農業部門雇用者数が+18.5万人、11月民間部門雇用者数が+18.0万人、11月失業率が7.2%の市場予想です。
前回は、10月非農業部門雇用者数が市場予想+12.0万人に対し結果+20.4万人、10月民間部門雇用者数が市場予想+12.5万人に対し結果+21.2万人と予想を大きく上回る強い結果に、10月失業率は7.3%と市場予想通りの結果に、また、9月分・8月分の非農業部門雇用者数も上方修正されましたが、今回非農業部門雇用者数は予想以上の結果となれるか、また失業率も改善となるかどうかが注目されます。

その他今日の主な経済指標等は、加・11月雇用ネット変化/11月失業率、米・12月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値などの発表が予定されています。
米・12月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値の市場予想は76.0です。


昨日はECB政策金利発表後の記者会見で、ドラギECB総裁が追加緩和に対し具体的発言をせず、予想より弱くない内容だったためユーロは買われ、ユーロドルは1.3677ドルと先月末以来の高値を付けました。
一方、ドルは強い経済指標発表後上昇する場面もありましたが総じて軟調で、ドラギECB総裁の発言後売りが強まり対ユーロでは前述の通り1.3677ドルまで売られ、対円でも102円を割り込み101.62円の安値を付けました。

今日はドル円は102円手前まで緩やかに上昇も上値重く、今晩に米雇用統計が控えていることもあり全体的に小動きとなっています。
今日はまず米雇用統計に注目、ドル円は102円台へ戻し反発となるか、ユーロドルは1.36ドル台中盤を維持し更に上昇となるか等見ながら、米雇用統計後もドル売り基調となるのか、米雇用統計後の短期でわかりやすい流れとなれば頑張りたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、102円台回復できるかのドル円、レンジ上抜けのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




おはようございます。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・11月ADP全国雇用者数は、市場予想+17.0万人に対し結果+21.5万人、米・10月新築住宅販売件数は市場予想42.9万件に対し結果44.4万件と予想より強い結果に、一方、米・10月貿易収支は市場予想-400億USDに対し結果-406億USD、米・11月ISM非製造業景況指数は市場予想55.0に対し結果53.9と予想より弱い結果となりました。
NYダウは続落し、前日比-24.85ドルの15889.77ドルで引けました。

今日の政策金利関連は、BOE政策金利発表、ECB政策金利発表が予定されています。
今日の主な経済指標等は、米・新規失業保険申請件数、米・ 第3四半期GDP・改訂値などの発表が予定されています。
米・新規失業保険申請件数は32.2万件、米・ 第3四半期GDP・改訂値は前期比年率+3.1%の市場予想です。


昨日はNYダウが一時100ドルを超える下落となったこと等からドル円はNY時間に一時102円も割り込み101.82円の安値をつける動きに、その後はダウが反発しドル円も102円台へ戻しました。
全体的には円高基調で、ユーロ円は138.43円、ポンド円は166.87円、オージー円は91.78円の安値を付けました。

今日も日経平均が前日終値から100円近く下落しておりドル円・クロス円共に軟調な流れが継続しています。
今日はBOE政策金利発表、ECB政策金利発表等に注目、ドル円は102円付近を維持し反発となるか、ユーロドルは1.35ドル台のレンジ継続となるか等見ながら、今日も円高基調続くのかどうか見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、102円台維持できるかのドル円、レンジ内の動き続くユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は、米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは量的緩和縮小観測等から大幅続落し、前日比-94.15ドルの15914.62ドルで引けました。

今日の政策金利関連は、BOC政策金利発表が予定されています。
今日の主な経済指標等は、欧州・10月小売売上高、欧州・第3四半期GDP・改定値、米・11月ADP全国雇用者数、米・10月貿易収支、米・11月ISM非製造業景況指数、米・10月新築住宅販売件数、ベージュブックなどの発表が予定されています。
米・11月ADP全国雇用者数は+17.0万人、米・10月貿易収支は-400億USD、米・11月ISM非製造業景況指数は55.0、米・10月新築住宅販売件数は42.9万件の市場予想です。


昨日はNYダウや日経平均先物の大幅下落を受けリスク回避の動きが強まり、ドル円は103円を大きく割り込みNY終盤には101.98円まで大幅下落、クロス円も軟調な動きとなりました。
他通貨に対してもドルは売られ、ユーロドルは1.3613ドル、ポンドドルは1.6436ドル、オージードルも0.9145ドルまで反発しました。

今日は日経平均が前日比-322.96円で前引けするなど株安が進行、ドル円は102円台中盤へ反発も102円台中盤では上値重く、オージーは豪・第3四半期GDPの弱い結果を受け大幅下落、対米ドルでは直近安値を下抜け0.9045ドル、対円では92.52円の安値を付けました。
今日は米・11月ADP全国雇用者数、米・11月ISM非製造業景況指数、ベージュブック等注目材料が多いですが、ドル円は反発継続し103円台へ戻せるか等、ここからの動きを見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、一時102円割れしたドル円、1.36ドル付近では上値重いユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・11月ISM製造業景況指数は、市場予想55.2に対し結果57.3と予想より強い結果となりました。
NYダウは続落し、前日比-77.64ドルの16008.77ドルで引けました。

今日これからは主な経済指標はありませんが、明日9:30に豪・第3四半期GDPの発表が予定されています。


昨日はドルが買われ、ドル円はNY時間に5月23日以来の103円台へ乗せ103.13円の高値を付け、ユーロドルは1.35ドル台前半まで下落しました。
クロス円はドルストレートがドル買いにより失速したもののドル円が堅調に推移したため全体的に底堅い動きでした。

今日はドル円が103.30円台へ上昇、ユーロ円は139.93円、ポンド円は169.12円まで高値を更新、一方オージーは対米ドルで直近安値付近まで下落しており対円も軟調な値動きとなっています。
ここからはドル円が5月22日に付けた年初来高値103.73円付近へと上昇していけるか、また、ユーロ円・ポンド円も更に値を伸ばせるか等、ここからの流れを慎重に見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、103円台を維持し年初来高値更新を目指せるかのドル円、1.35ドル台前半へ下落のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。

週明けの今日は、ドル円は102.49円、ユーロドルは1.3586ドルと先週終値とほぼ変わらずのスタートで、今のところ小幅な値動きとなっています。


今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週はまず週末の米雇用統計に注目、また3日のRBA政策金利発表、5日のBOE政策金利発表・ECB政策金利発表など注目材料が多いです。

6日発表の米雇用統計は、11月非農業部門雇用者数が+18.3万人、11月民間部門雇用者数が+17.5万人、11月失業率が7.2%の市場予想です。
前回は、10月非農業部門雇用者数が市場予想+12.0万人に対し結果+20.4万人、10月民間部門雇用者数が市場予想+12.5万人に対し結果+21.2万人と予想を大きく上回る強い結果に、10月失業率は7.3%と市場予想通りの結果に、また、9月分・8月分の非農業部門雇用者数も上方修正されましたが、今回非農業部門雇用者数は予想以上の結果となれるか、また失業率も改善となるかどうかが注目されます。

今週の政策金利関連は、3日にRBA政策金利発表、4日にBOC政策金利発表、5日にBOE政策金利発表、ECB政策金利発表が予定されています。
米雇用統計以外の今週の主な経済指標等は、2日に米・11月ISM製造業景況指数、3日に豪・10月小売売上高、4日に豪・第3四半期GDP 、欧州・10月小売売上高、欧州・第3四半期GDP・改定値、米・11月ADP全国雇用者数、米・10月貿易収支、米・11月ISM非製造業景況指数、米・10月新築住宅販売件数、ベージュブック、5日に豪・10月貿易収支、米・新規失業保険申請件数、米・ 第3四半期GDP・改訂値、6日に加・11月雇用ネット変化/11月失業率、米・12月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値などの発表が予定されています。

先ほども書きましたが今週は週末の米雇用統計をはじめ、RBA政策金利発表、BOE政策金利発表・ECB政策金利発表など注目材料が多く相場も動きそうで、今週ドル円は102円台を維持し5月23日以来の103円台へ乗せることができるか、また、ユーロ円・ポンド円も続伸となるか、オセアニア通貨の軟調な流れは続くか等、今週も先週までの流れが継続するかどうか見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!


今日は、102円台を維持し上値を目指せるかのドル円、1.36ドル付近では重い動きのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。



おはようございます。FX大好きママしましまです。

今日はまずGMOクリック証券のご紹介をさせていただきます。

GMOクリック証券はすべての通貨ペアにおいて、スプレッド値の原則固定化を実施しています!!
(注:相場急変時等に拡がる場合があります)
そのスプレッドですが、現在感謝スプレッド提供中!
以下の通り狭スプとなっています。

米ドル/円 0.4銭原則固定     
ユーロ/円 0.7銭原則固定       ユーロ/米ドル 0.6pips原則固定
ポンド/円 1.2銭原則固定      ポンド/米ドル 1.5pips原則固定
豪ドル/円 0.8銭原則固定       豪ドル/米ドル 1.4pips原則固定
NZドル/円 1.8銭原則固定       米ドル/スイスフラン 1.8pips原則固定
カナダドル/円 1.8銭原則固定     ユーロ/スイスフラン 1.8pips原則固定
スイスフラン/円 2.4銭原則固定   ポンド/スイスフラン 2.8pips原則固定
南アランド/円 1.9銭原則固定

米ドル円0.4銭原則固定、ユーロ円0.7銭原則固定、ポンド円1.2銭原則固定はかなり狭いスプレッドです!!
スプレッドがこれだけ狭くて、その上固定だと短期トレードに大変有利です。

また、現在GMOクリック証券では、新規でFX取引口座を開設された方に5000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です!FX取引口座を開設後、FX取引口座開設翌月末までのFXネオ取引数量合計が100万通貨単位以上(新規・決済・通貨の別は問いません)の取引をされた方に5,000円キャッシュバックしてくれます。
(2013年12月30日(月)まで)

GMOクリック証券は、口座開設すれば店頭FX口座だけでなく株やくりっく365、CFDにもタブ1つ押すだけで簡単にアプローチできてとても便利!私も株取引メインにFX口座も使っています。
スピーディに取引されたい方はぜひ口座開設されてみてください!


今日は、102円台を維持し5月23日以来の103円台を付けることができるかのドル円、そして1.36ドル付近で足踏み中のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場/クロス円分析については、昨日の記事「来週は米雇用統計、RBA・BOE・ECB政策金利発表等注目材料多数/週末のクロス円分析」の方をご覧ください。)


SEO対策:スワップSEO対策:外国為替