FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された注目の米雇用統計は、9月非農業部門雇用者数が市場予想+18.0万人に対し結果+14.8万人、9月民間部門雇用者数が市場予想+18.3万人に対し結果+12.6万人と予想より弱い結果に、一方9月失業率は市場予想7.3%に対し結果7.2%と予想より強い結果となりました。
NYダウは米雇用統計の弱い結果を受け緩和策の長期継続観測が高まり反発、前日比+75.46ドルの15467.66ドルで引けました。

今日の政策金利関連は、BOE議事録、BOC政策金利発表が予定されています。
今日これから主な経済指標の発表は予定されていません。


昨日は、米雇用統計で9月非農業部門雇用者数が市場予想+18.0万人に対し結果+14.8万人と予想より弱い結果だったことを受け米長期金利は低下、ドル売りが進みドル円は97.87円まで急落しましたがその後NYダウの堅調推移でリスク選好の流れとなり98円台へ反発しました。
ユーロドルは2011年11月以来の高値1.3792ドルを付け、ポンドドルも1.6247ドル、オージードルが0.9730ドルの高値を付けるなどドル円を除きドルが全面安に、ドル売り・円売りの動きからクロス円は軒並み大幅上昇となりました。

今日はドル円が先ほどから98円を割り込む軟調な動きに、ユーロドル、ポンドドル等は高値圏での小動きとなっていますが、ここからも米雇用統計後のドル売り、そして円売りが続くのか、特にドル円の下限がレンジ内ので収まるか見ながら取引していきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、97円台後半へ下落のドル円、2011年11月以来の1.38ドル台を付けることができるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替