FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・8月シカゴ購買部協会景気指数は53.0と市場予想通りの結果、米・8月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値は市場予想80.5に対し結果82.1と予想より強い結果となりました。
NYダウは反落し、前日比-30.64ドルの14810.31ドルで引けました。


さて、来週の相場についてですが、来週は週末6日の米雇用統計をはじめ、3日のRBA政策金利発表、5日のBOE政策金利発表、ECB政策金利発表など注目材料が大変多い週です。
来週注目の米雇用統計は、8月非農業部門雇用者数が+18.0万人、8月民間部門雇用者数が+17.5万人、8月失業率が7.4%の市場予想です。
前回は、7月非農業部門雇用者数は市場予想+18.5万人に対し結果+16.2万人、7月民間部門雇用者数は市場予想+19.5万人に対し結果+16.1万人と予想より弱い結果に、一方、7月失業率は市場予想7.5%に対し結果7.4%と予想より強い結果となりましたが、今回非農業部門雇用者数は予想以上の結果となれるか、また失業率も改善となるか注目されます。

来週の政策金利関連は、3日にRBA政策金利発表、4日にBOC政策金利発表、5日に日銀金融政策決定会合、BOE政策金利発表、ECB政策金利発表が予定されています。
米雇用統計以外の来週の主な経済指標等は、3日に豪・7月小売売上高、米・8月ISM製造業景況指数、4日に豪・第2四半期GDP、欧州・第2四半期GDP・改定値、米・7月貿易収支、ベージュブック、5日に豪・7月貿易収支、米・8月ADP雇用統計、米・新規失業保険申請件数、米・8月ISM非製造業景況指数、6日に英・7月鉱工業生産、加・8月雇用ネット変化/8月失業率などの発表が予定されています。
また、2日はNY市場がレイバーデーで休場、5・6日にはロシアでG20首脳会議が開催されます。


今週は週前半はシリア情勢への懸念からリスク回避の動きが強まり円が買われましたが、週後半は米経済指標の強い結果等を受けドルが買われドル円は98円台中盤まで反発、一方ユーロドルは週末1.3173ドルの安値を付けました。
来週は週末6日の米雇用統計をはじめ、3日のRBA政策金利発表、5日のBOE政策金利発表、ECB政策金利発表など注目材料が大変多い週ですが、来週も今週後半のドル高基調は続くのか、引き続きシリア情勢等も注意しながら流れを見ていきたいです。
では、来週も頑張りましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト







こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・第2四半期GDP・改定値は、市場予想前期比年率+2.2%に対し結果前期比年率+2.5%、米・新規失業保険申請件数は市場予想33.2万件に対し結果33.1万件と予想より強い結果となりました。
NYダウは小幅続伸し、前日比+16.44ドルの14840.95ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、加・第2四半期GDP、加・6月GDP、米・8月シカゴ購買部協会景気指数、米・8月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値などの発表が予定されています。
米・8月シカゴ購買部協会景気指数は53.0、米・8月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値は80.5の市場予想です。

昨日は米経済指標の強い結果等を受け米長期金利が上昇したこと、NYダウの続伸、シリア情勢への懸念がやや和らいだことなどからドルが他通貨に対し広く上昇、ドル円は98.52円の高値を付けました。
ユーロはドルに対し大幅に売られ、欧州時間には1.33ドル台を維持できず1.32ドル台中盤へ、NY時間も1.32ドル台前半へと下落する軟調な動きでした。


今日は日経平均の下落等を受けドル円は上値重い動きで、現在98.20円付近で推移しています。
今日は米・8月シカゴ購買部協会景気指数、米・8月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値に注目、今日も引き続きシリア情勢に注意しながらドル円は98円台を維持し更に上昇していくか、ユーロドルは1.32ドル台前半は維持できるのか等見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、98円台へ乗せてきたドル円、1.32ドル台へと下落のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・7月中古住宅販売保留は、市場予想前月比0.0%に対し結果前月比-1.3%と予想より弱い結果となりました。
NYダウは反発し、前日比+48.38ドルの14824.51ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、独・8月消費者物価指数・速報値、米・第2四半期GDP・改定値、米・新規失業保険申請件数などの発表が予定されています。
米・第2四半期GDP・改定値は前期比年率+2.2%、米・新規失業保険申請件数は33.2万件の市場予想です。

昨日は東京時間は日経平均が一時300円超の下落となるなどリスク回避的な動きは継続し、ドル円は96.82円の安値を、クロス円もオージー円が86.46円の安値を付けるなど軟調に推移、欧州時間はドルが他通貨に対し強めに推移、NY時間はダウの上昇や米長期金利の上昇を受けドルは対円で堅調に推移、ポンドはカーニー総裁の発言を受け乱高下後大幅反発となりました。

今日も日経平均が上昇、今のところドル円・クロス円とも底堅く推移しています。
今日は米GDP・改定値や新規失業保険申請件数等に注目、引き続きシリア情勢に注意しながらドル円は98円台へ反発していけるか、ユーロドルは1.33ドル台を維持できるか等観ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、97円台後半まで戻してきたドル円、1.33ドル台維持できるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・8月消費者信頼感指数は、市場予想79.0に対し結果81.5と予想より強い結果となりました。
NYダウはシリア情勢への懸念等から大幅続落し、前日比-170.33ドルの14776.13ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、米・7月中古住宅販売保留などの発表が予定されています。
米・7月中古住宅販売保留の市場予想は前月比0.0%です。

昨日はシリア情勢への懸念からリスク回避の動きが強まりNYダウが前日比-170ドルとなるなど株価が大幅下落、為替もリスク回避の円買いの動きとなりドル円は97円付近まで、クロス円も軒並み大幅下落となりました。

今日も日経平均が一時300円超の下落となるなどリスク回避的な動きは継続し、ドル円は96.82円の安値を、クロス円もオージー円が86.46円の安値を付けるなど軟調に推移しています。
今日もまたリスク回避の動きは続くのか、ドル円が97円台を明確に割り込む動きとなるのか等見ながら取引していきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、一時97円も割り込んだドル円、1.33ドル台での推移続くユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・7月耐久財受注は、市場予想前月比-4.0%に対し結果前月比-7.3%(除輸送用機器は市場予想前月比+0.5%に対し結果前月比-0.6%)と予想より弱い結果となりました。
NYダウはケリー米国務長官のシリア化学兵器使用についての発言等から反落し、前日比-64.05ドルの14946.46ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、独・8月IFO景況指数、米・8月消費者信頼感指数などの発表が予定されています。
米・8月消費者信頼感指数の市場予想は79.0です。

昨日はロンドン市場が休場と言うこともあり全体的に小動きで、ドル円は米・7月耐久財受注の弱い結果を受け一時98.26円まで下落もその後反発し98円台中盤へ戻し、ユーロドルは1.33ドル台後半での小幅な動きでした。

今日は日経平均の下落等を受けリスク回避的な動きが進みドル円は98.04円の安値を、クロス円もオセアニア通貨中心に軟調に推移しています。
ここからもリスク回避の動き続くか、ドル円が98円台を維持できるか等見ながら慎重にここからの動きを見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、98円台維持できるかのドル円、小動き続くユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




おはようございます。FX大好きママしましまです。

週明けの今日は、ドル円は98.57円と先週終値よりやや下でオープン、ユーロドルは1.3384ドルと先週終値とほぼ変わらずのスタートで、今のところそれほど大きな動きは出ていません。

今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週は先週99.15円まで上昇したドル円が1か月ぶりに100円台回復となるか、米長期金利や株価の推移等注意しながらドルの強さを見ていきたいです。

今週の主な経済指標等は、26日に米・7月耐久財受注、27日に独・8月IFO景況指数、米・8月消費者信頼感指数、28日に米・7月中古住宅販売保留、29日に独・8月消費者物価指数・速報値、米・第2四半期GDP・改定値、米・新規失業保険申請件数、30日に加・第2四半期GDP、加・6月GDP、米・8月シカゴ購買部協会景気指数、米・8月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値などの発表が予定されています。

今週はドル円が100円を目指す動きとなるのかどうか、ユーロドルは底堅く推移し再び1.34ドル台へ乗せていけるのかどうか等見ながら取引していきたいです。
では、今週も頑張りましょう!


今日は、99円台へ上昇なるかのドル円、1.34ドル台へ上昇できるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。



おはようございます。FX大好きママしましまです。

今日はまずGMOクリック証券のご紹介をさせていただきます。

GMOクリック証券はすべての通貨ペアにおいて、スプレッド値の原則固定化を実施しています!!
(注:相場急変時等に拡がる場合があります)
そのスプレッドですが、現在感謝スプレッド提供中!
以下の通り狭スプとなっています。

米ドル/円 0.4銭原則固定     
ユーロ/円 0.7銭原則固定       ユーロ/米ドル 0.6pips原則固定
ポンド/円 1.2銭原則固定      ポンド/米ドル 1.5pips原則固定
豪ドル/円 1.0銭原則固定       豪ドル/米ドル 1.4pips原則固定
NZドル/円 1.8銭原則固定       米ドル/スイスフラン 1.8pips原則固定
カナダドル/円 1.8銭原則固定     ユーロ/スイスフラン 1.8pips原則固定
スイスフラン/円 2.4銭原則固定   ポンド/スイスフラン 2.8pips原則固定
南アランド/円 1.9銭原則固定

米ドル円0.4銭原則固定、ユーロ円0.7銭原則固定、ポンド円1.2銭原則固定はかなり狭いスプレッドです!!
スプレッドがこれだけ狭くて、その上固定だと短期トレードに大変有利です。

また、現在GMOクリック証券では、新規でFX取引口座を開設された方に5000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です!FX取引口座を開設後、FX取引口座開設翌月末までのFXネオ取引数量合計が100万通貨単位以上(新規・決済・通貨の別は問いません)の取引をされた方に5,000円キャッシュバックしてくれます。
(2013年9月30日(月)まで)

GMOクリック証券は、口座開設すれば店頭FX口座だけでなく株やくりっく365、CFDにもタブ1つ押すだけで簡単にアプローチできてとても便利!私も株取引メインにFX口座も使っています。
スピーディに取引されたい方はぜひ口座開設されてみてください!


今日は、今週100円台を目指し上昇できるかのドル円、なかなか1.34ドル台へしっかり乗せていけないユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場/クロス円分析については、昨日の記事「来週は米耐久財受注・中古住宅販売保留等に注目/週末のクロス円分析」の方をご覧ください。)




こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・7月新築住宅販売件数は、市場予想48.7万件に対し結果39.4万件と予想より弱い結果となりました。
NYダウは続伸、前日比+46.77ドルの15010.51ドルで引けました。


さて、来週の相場についてですが、来週は今週99.15円まで上昇したドル円が1か月ぶりに100円台回復となるか、米長期金利や株価の推移等注意しながらドルの強さを見ていきたいです。

来週の主な経済指標等は、26日にNZ・7月貿易収支、米・7月耐久財受注、27日に独・8月IFO景況指数、米・8月消費者信頼感指数、28日に米・7月中古住宅販売保留、29日に独・8月消費者物価指数・速報値、米・第2四半期GDP・改定値、米・新規失業保険申請件数、30日に加・第2四半期GDP、加・6月GDP、米・8月シカゴ購買部協会景気指数、米・8月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値などの発表が予定されています。

今週は週前半はドイツ連銀が月報で利上げの可能性を排除しないとしたこと等からユーロが上昇しユーロドルは20日に1.34ドル台中盤まで上昇するも1.34ドル台時は維持できず21日には1.33ドル台へ反落、また新興国通貨やオセアニア通貨の下落が目立ちリスク回避的な流れに、しかし週後半は株価の上昇や中国指標の改善を受けリスク選好的な流れとなりドル円・クロス円とも堅調に推移しました。
来週はドル円が100円を目指す動きとなるのか、ユーロドルは底堅く推移し再び1.34ドル台へ乗せていけるのかどうか等見ながら取引していきたいです。
では、来週も頑張りましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・新規失業保険申請件数は、市場予想33.0万件に対し結果33.6万件と予想より弱い結果となりました。
NYダウは反発、前日比+66.19ドルの14963.74ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、加・7月消費者物価指数、米・7月新築住宅販売件数などの発表が予定されています。
米・7月新築住宅販売件数の市場予想は48.7万件です。


昨日は、株価の上昇や中国指標の改善を受けリスク選好的な流れとなりドル円・クロス円は堅調に推移、ドル円は98.81円の高値を、ユーロ円は131.96円、ポンド円は154.02円、オージー円は89.20円の高値を付けました。

今日は日経平均の大幅上昇を受けドル円は99円台へ上昇し99.11円の高値を、クロス円も堅調な動きとなっています。
今日は米・7月新築住宅販売件数等に注目、ここからもドル円は99円~98円後半を維持し99円台中盤~100円を目指す動きとなれるか、ユーロドルは上値重いながら1.33ドル台で底堅く推移できるか等見ながら、今日も株価等にも注意し取引したいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、99円台へ乗せてきたドル円、1.33ドル台維持なるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・7月中古住宅販売件数は、市場予想515万件に対し結果539万件と予想より強い結果となりました。
NYダウは米量的緩和早期縮小観測の高まりから大幅続落し、前日比-105.44ドルの14897.55ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、米・新規失業保険申請件数、加・6月小売売上高などの発表が予定されています。
米・新規失業保険申請件数の市場予想は33.0万件です。


昨日は、ドル円はFOMC議事録を控えそれほど大きな動きはなかったもののドル買い優勢、ユーロドル等も株価の下落等からドルが強い動きでした。
FOMC議事録後は米量的緩和早期縮小への思惑から乱高下しドル買い、その後ややドル売り方向となりました。

今日は中国指標発表後ドル円は98円台へ上昇、クロス円も反発しています。
今日は米・新規失業保険申請件数等に注目、ここからもドル円は98円付近を維持し上昇できるか、ユーロドルは1.33ドル台は維持できるか等見ながら、株価の推移等にも注意し取引したいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、98円台へ上昇のドル円、1.33ドル台へ反落のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日は、米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは小幅続落し、前日比-7.75ドルの15002.99ドルで引けました。

今日の政策金利関連は、FOMC議事録が予定されています。
今日の主な経済指標等は、米・7月中古住宅販売件数などの発表が予定されています。
米・7月中古住宅販売件数の市場予想は515万件です。


昨日は、米長期金利の低下等を受けユーロが買われ、ユーロドルは今まで止められていた1.34ドル台へ乗せ1.3452ドルの高値を付けました。
ドル円は米長期金利の低下や株価の下落等から軟調な動きで一時97円を割り込む動きに、しかしFOMC議事録を控え大きな動きとはなりませんでした。
また、昨日もオセアニア通貨は軟調に推移、オージーは対米ドルで0.9027ドル、対円で87.59円の安値を付け、NZドルもRBNZ総裁の発言を受け売られました。

今日は今のところ日経平均の軟調推移等からややリスク回避的な動きとなっています。
今日はFOMC議事録を控え動きづらそうですが、ここからもドル円は97円付近を維持できるのか、ユーロドルは1.34ドル台を維持し続伸となるか等見ながら、株価の急落等にも注意し取引したいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、97円付近を維持できるかのドル円、1.34ドル台へ乗せてきたユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日は、米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは続落し、前日比-70.73ドルの15010.74ドルで引けました。
今日は、主な経済指標の発表はありません。


昨日は、欧州時間にドイツ連銀が月報で利上げの可能性を排除しないとしたことからユーロが上昇しユーロドルは1.3374ドルの高値を付けたもののNY時間はドル買いの動きとなり1.33ドル台前半へと下落、ドル円は欧州時間からNY時間に向け98円台前半へと上昇、しかしNYダウの下落を受け97円台中盤へ反落しました。
オージーは対米ドルで軟調に推移、NY時間は対円でも軟調な値動きでした。

今日はRBA議事録後オージーは一段と軟調な値動きとなり対米ドルで0.9043ドル、対円で88.11円の安値を付け、NZドルもRBNZ総裁の発言を受け売られています。
今日は明日にFOMC議事録を控え動きづらい展開が続くと思われますが、引き続きドル円は97円台を維持できるのか、ユーロドルは今度は1.34ドル台へ乗せていけるのかどうか等見ながら、株価の推移にも注意し取引したいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、97円台維持できるかのドル円、1.33ドル台中盤で推移のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


週明けの今日は、ドル円は97.61円と先週終値よりやや上でオープン、ユーロドルは1.3333ドルと先週終値とほぼ変わらずのスタートで、今のところそれほど大きな動きは出ていません。


今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週は21日のFOMC議事録や、米・7月中古住宅販売件数、米・7月新築住宅販売件数等の米経済指標に注目したいです。

今週の政策金利関連は、20日にRBA議事録、21日にFOMC議事録が予定されています。
今週の主な経済指標等は、21日に米・7月中古住宅販売件数、22日に米・新規失業保険申請件数、加・6月小売売上高 、23日に加・7月消費者物価指数、米・7月新築住宅販売件数などの発表が予定されています。


先週は薄商いの中、米経済指標や安倍首相が法人税引き下げの検討を指示したとの報道を受け神経質な動きに、週初よりは円安が進んだ形となったものの明確な方向は掴めない値動きでした。
今週はFOMC議事録や米住宅指標等に注目、ドル円は97円台を維持できるのか、ユーロドルは今度は1.34ドル台へ乗せていけるのかどうか等、ドル円に動きがあるかを中心に見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!


今日は、97円台での推移続くドル円、1.33ドル台前半で推移のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。



おはようございます。FX大好きママしましまです。

今日はまずGMOクリック証券のご紹介をさせていただきます。

GMOクリック証券はすべての通貨ペアにおいて、スプレッド値の原則固定化を実施しています!!
(注:相場急変時等に拡がる場合があります)
そのスプレッドですが、現在感謝スプレッド提供中!
以下の通り狭スプとなっています。

米ドル/円 0.4銭原則固定     
ユーロ/円 0.7銭原則固定       ユーロ/米ドル 0.6pips原則固定
ポンド/円 1.2銭原則固定      ポンド/米ドル 1.5pips原則固定
豪ドル/円 1.0銭原則固定       豪ドル/米ドル 1.4pips原則固定
NZドル/円 1.8銭原則固定       米ドル/スイスフラン 1.8pips原則固定
カナダドル/円 1.8銭原則固定     ユーロ/スイスフラン 1.8pips原則固定
スイスフラン/円 2.4銭原則固定   ポンド/スイスフラン 2.8pips原則固定
南アランド/円 1.9銭原則固定

米ドル円0.4銭原則固定、ユーロ円0.7銭原則固定、ポンド円1.2銭原則固定、かなり狭いスプレッドです!!
スプレッドがこれだけ狭くて、その上固定だと短期トレードに大変有利です。

また、現在GMOクリック証券では、新規でFX取引口座を開設された方に5000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です!FX取引口座を開設後、FX取引口座開設翌月末までのFXネオ取引数量合計が100万通貨単位以上(新規・決済・通貨の別は問いません)の取引をされた方に5,000円キャッシュバックしてくれます。
(2013年9月30日(月)まで)

GMOクリック証券は、口座開設すれば店頭FX口座だけでなく株やくりっく365、CFDにもタブ1つ押すだけで簡単にアプローチできてとても便利!私も株取引メインにFX口座も使っています。
スピーディに取引されたい方はぜひ口座開設されてみてください!


今日は、今週97円台を維持できるかのドル円、今週こそ1.34ドルを超えていけるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場/クロス円分析については、昨日の記事「来週はFOMC議事録、米住宅指標等に注目/週末のクロス円分析」の方をご覧ください。)




こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・7月住宅着工件数は市場予想90.0万件に対し結果89.6万件、米7月建設許可件数は市場予想94.5万件に対し結果94.3万件、米・8月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値は市場予想85.2に対し結果80.0といずれも予想より弱い結果となりました。
NYダウは米指標の弱い結果等から続落し、前日比-30.72ドルの15081.47ドルで引けました。


さて、来週の相場についてですが、来週は21日にFOMC議事録や米・7月中古住宅販売件数、23日の米・7月新築住宅販売件数等に注目したいです。

来週の政策金利関連は、20日にRBA議事録、21日にFOMC議事録が予定されています。
来週の主な経済指標等は、21日に米・7月中古住宅販売件数、22日に米・新規失業保険申請件数、加・6月小売売上高 、23日に加・7月消費者物価指数、米・7月新築住宅販売件数などの発表が予定されています。

今週は薄商いの中、米経済指標や安倍首相が法人税引き下げの検討を指示したとの報道をめぐり神経質な動きに、週初よりは円安が進んだ形となったものの明確な方向は掴めない値動きでした。
来週はFOMC議事録や米住宅指標等に注目、ドル円は97円台を維持できるのか、ユーロドルは今度は1.34ドル台へ乗せていけるのかどうか等、週明けの動きを慎重に見ていきたいです。
では、来週も頑張りましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・7月生産者物価指数は、市場予想前月比+0.3%に対し結果前月比±0.0%と予想より弱い結果となりました。
NYダウはQE縮小への思惑等で大幅反落し、前日比-113.35ドルの15337.66ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、英・7月小売売上高指数、米・8月NY連銀製造業景気指数、米・7月消費者物価指数、米・新規失業保険申請件数、米・6月対米証券投資、米・7月鉱工業生産、米・8月フィラデルフィア連銀景況指数など多数発表が予定されています。
市場予想は、米・8月NY連銀製造業景気指数が10.00、米・7月消費者物価指数が前月比+0.2%、米・新規失業保険申請件数が33.5万件、米・6月対米証券投資が-175億USD、米・7月鉱工業生産が前月比+0.3%、米・8月フィラデルフィア連銀景況指数が15.0です。


昨日は全体的に方向感乏しい動きとなり、ドル円は主に98円台前半、はほぼ1.32ドル台中盤での小幅な動きとなりました。


今日は菅官房長官や麻生財務相が、法人実効税率引き下げの首相指示の報道を否定する発言をしたため日経平均は大幅下落、ドル円も一時97.58円の安値を付ける下落となり現在も軟調に推移しています。
今日は米7月消費者物価指数等多数発表される米指標に注目、夏季休暇で市場参加者も少ない中慎重にここからの動きを見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、98円を割り込む動きのドル円、底堅い動きのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・7月小売売上高は、市場予想は前月比+0.3%に対し結果前月比+0.2%と予想より弱い結果(除自動車は前月比+0.4%に対し結果前月比+0.5%と予想より強い結果)となりました。
NYダウは反発し、前日比+31.33ドルの15451.01ドルで引けました。

今日の政策金利関連は、BOE議事録が予定されています。
今日の主な経済指標等は、独・第2四半期GDP・速報値、英・7月失業保険申請件数/7月失業率、欧州・第2四半期GDP・速報値、米・7月生産者物価指数などの発表が予定されています。
米・7月生産者物価指数の市場予想は前月比+0.3%です。


昨日は、安倍首相が法人税引き下げを検討しているとの報道や、米7月小売売上高は予想を下回ったものの自動車を除く結果は予想を上回る強い結果、そして前月分も上方修正されたこと等からドル買い継続の流れとなりドル円は98円台へ乗せる強い動きに、対円ほど他通貨はドルに対し売られずクロス円も円安が進みました。

今日は日経平均が前日比+183.16円で大引けし、ドル円・クロス円も底堅く推移しています。
今日はBOE議事録・米7月生産者物価指数等に注目、ドル円・クロス円の堅調推移が継続するかどうか、ドル円は98円台を維持し98.50円をしっかり超えることができるか等見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、98円台へ乗せたドル円、軟調な動きも底堅さも見せるユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は主な米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは小幅続落し、前営業日比-5.83ドルの15419.68ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、英・7月消費者物価指数、独・8月ZEW景況感調査、米・7月小売売上高などの発表が予定されています。
米・7月小売売上高の市場予想は前月比+0.3%(除自動車は前月比+0.4%)です。


昨日は、注目材料のない中ドル買いが優勢となりドル円は96円台後半へ上昇、対円以外でもドルは上昇しユーロドルは1.3277ドル、ポンドドルは1.5458ドル、オージードルは0.9134ドルまで下落しました。

今日もドル買いが優勢でドル円は97円台へ乗せ97.53円の高値を、ユーロドルは先1.33ドル付近へ下落しています。
今日は米・7月小売売上高に注目、このままドル買いの流れが継続するかどうか、ドル円は97円台を維持し98円へと上昇していけるか、一方ユーロドルは1.33ドル付近をなんとか守れるか等、今日も急変動に十分注意しながら細かく取引していきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、97円台へ上昇のドル円、上値重いユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。

週明けの今日は、ドル円は96.33円と先週終値とほぼ同位置でオープン、ユーロドルは1.3319ドルと先週終値より20ポイントほど下の位置でのスタートで、今のところ大きな動きは出ていません。


今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週は13日の米・7月小売売上高等多数発表される米経済指標や14日のBOE議事録等に注目、市場参加者が少ないと予想される中相場の急変動を警戒、株価の動きなどにも注意し今週もドル安の流れが継続するか見ていきたいです。

今週の政策金利関連は、14日にBOE議事録が予定されています。
今週の主な経済指標等は、13日に英・7月消費者物価指数、独・8月ZEW景況感調査、米・7月小売売上高、14日にNZ・第2四半期小売売上高指数、独・第2四半期GDP・速報値、英・7月失業保険申請件数/7月失業率、欧州・第2四半期GDP・速報値、米・7月生産者物価指数、15日に英・7月小売売上高指数、米・8月NY連銀製造業景気指数、米・7月消費者物価指数、米・新規失業保険申請件数、米・6月対米証券投資、米・7月鉱工業生産、米・8月フィラデルフィア連銀景況指数、16日に米・7月住宅着工件数/7月建設許可件数、米・8月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値などの発表が予定されています。

先週はドルが全体的に売られる流れとなり、ドル円は一時95.81円の安値を、またユーロドルは1.34ドル、ポンドドルは1.5573ドル、オージードルは0.9214ドルまで上昇しました。
今週は薄商いが予想される中このドル売りの流れが継続するか注目、ドル円は先週の安値を割り込む展開となるか、ユーロドルが1.34ドル台へ乗せてくる動きとなるか等、急変動に十分注意しながら見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!


今日は、96円台を維持できるかのドル円、弱めのスタートとなっているユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。



おはようございます。FX大好きママしましまです。

今日はまずGMOクリック証券のご紹介をさせていただきます。

GMOクリック証券はすべての通貨ペアにおいて、スプレッド値の原則固定化を実施しています!!
(注:相場急変時等に拡がる場合があります)
そのスプレッドですが、現在感謝スプレッド提供中!
以下の通り狭スプとなっています。

米ドル/円 0.4銭原則固定     
ユーロ/円 0.7銭原則固定       ユーロ/米ドル 0.6pips原則固定
ポンド/円 1.2銭原則固定      ポンド/米ドル 1.5pips原則固定
豪ドル/円 1.0銭原則固定       豪ドル/米ドル 1.4pips原則固定
NZドル/円 1.8銭原則固定       米ドル/スイスフラン 1.8pips原則固定
カナダドル/円 1.8銭原則固定     ユーロ/スイスフラン 1.8pips原則固定
スイスフラン/円 2.4銭原則固定   ポンド/スイスフラン 2.8pips原則固定
南アランド/円 1.9銭原則固定

米ドル円0.4銭原則固定、ユーロ円0.7銭原則固定、ポンド円1.2銭原則固定、かなり狭いスプレッドです!!
スプレッドがこれだけ狭くて、その上固定だと短期トレードに大変有利です。

また、現在GMOクリック証券では、新規でFX取引口座を開設された方に5000円キャッシュバックキャンペーンを実施中です!FX取引口座を開設後、FX取引口座開設翌月末までのFXネオ取引数量合計が100万通貨単位以上(新規・決済・通貨の別は問いません)の取引をされた方に5,000円キャッシュバックしてくれます。
(2013年9月30日(月)まで)

GMOクリック証券は、口座開設すれば店頭FX口座だけでなく株やくりっく365、CFDにもタブ1つ押すだけで簡単にアプローチできてとても便利!私も株取引メインにFX口座も使っています。
スピーディに取引されたい方はぜひ口座開設されてみてください!


今日は、今週96円台を維持できるかどうかのドル円、1.34ドルを超えていけるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。
(気になる今週の相場/クロス円分析については、昨日の記事「来週は米7月小売売上高、BOE議事録等に注目/週末のクロス円分析」の方をご覧ください。)




こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は主な米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは利益確定の動き等から反落、前日比-72.81ドルの15425.51ドルで引けました。


さて、来週の相場についてですが、来週は13日の米・7月小売売上高や14日のBOE議事録等に注目、市場参加者が少ないと予想される中相場の急変動を警戒、株価の動きなどにも注意し来週もドル安の流れが継続するか見ていきたいです。

来週の政策金利関連は、14日にBOE議事録が予定されています。
来週の主な経済指標等は、12日に日・第2四半期GDP・一次速報値、13日に英・7月消費者物価指数、独・8月ZEW景況感調査、米・7月小売売上高、14日にNZ・第2四半期小売売上高指数、独・第2四半期GDP・速報値、英・7月失業保険申請件数/7月失業率、欧州・第2四半期GDP・速報値、米・7月生産者物価指数、15日に英・7月小売売上高指数、米・8月NY連銀製造業景気指数、米・7月消費者物価指数、米・新規失業保険申請件数、米・6月対米証券投資、米・7月鉱工業生産、米・8月フィラデルフィア連銀景況指数、16日に米・7月住宅着工件数/7月建設許可件数、米・8月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値などの発表が予定されています。

今週はドルが全体的に売られる流れとなり、ドル円は一時95.81円の安値を、またユーロドルは1.34ドル、ポンドドルは1.5573ドル、オージードルは0.9214ドルまで上昇しました。
来週は薄商いが予想される中このドル売りの流れが継続するか注目、ドル円は先週の安値を割り込む展開となるか、ユーロドルが1.34ドル台へ乗せてくる動きとなるか等見ていきたいです。
では、来週も頑張りましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・新規失業保険申請件数は、市場予想33.5万件に対し結果33.3万件と予想より強い結果となりました。
NYダウは小幅反発し、前日比+27.65ドルの15498.32ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、加・7月雇用ネット変化/7月失業率などの発表が予定されています。


昨日も目立った材料がない中ドル売りが続き、ドル円はNY時間には96円を割り込み95.81円、ユーロ円は128.22円、ポンド円は147.94円、オージー円は86.86円の安値を付けましたが、NY午後には反発の動きとなりドル円は96.70円付近まで、クロス円も反発の動きとなりました。

今日は東京時間ドル円は96円台後半から96円台中盤へと下落、クロス円も上値の重い動きでしたが、全体的に大きな動きは出ていません、
今日はドル円の反発がまだ続くか注目、ドル円は96円台中盤から97円台へしっかり戻していけるか、ユーロドルが1.34ドル台へ乗せてこれるのか等注目しながら、慎重に今日の流れを見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、96円台維持し97円台へ戻していけるかのドル円、1.34ドル台乗せなるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日は、主な米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは続落、前日比-48.07ドルの15518.74ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、米・新規失業保険申請件数などの発表が予定されています。
米・新規失業保険申請件数の市場予想は33.5万件です。


昨日は株価の下落等からリスク回避の動きが進み円が買われ、ドル円は96.32円、ユーロ円は128.44円、ポンド円は147.81円、オージー円は86.41円の安値を付けました。
ポンドはBOE四半期インフレレポートで「失業率が7%に低下するまで利上げしない」等示されたことで売られましたが、その後カーニーBOE総裁が「長期に渡る低金利は安定性のリスクがある」等の発言を受け急反発し対米ドルでは1.5531ドルまで上昇しました。

今日は日経平均の上昇や日銀金融政策決定会合後の円売りでドル円・クロス円とも底堅い動きでしたが、先ほどから日経平均が前日比200円超下落しリスク回避的な動きとなりドル円は昨日の下値を下抜け96.17円の安値を、クロス円も軟調な動きとなっています。
ここからもリスク回避の動きとなるのか、ドル円が96円割れとなるか等注意しながら、今日もドルが弱い動きとなるかどうか見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、96円台は維持できるかのドル円、1.34ドル台へ向かう動きとなれるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんにちは。FX大好きママしましまです。


昨日発表された米・6月貿易収支は、市場予想-435億USDに対し結果-342億USDと予想より強い結果となりました。
NYダウはQE縮小への思惑や利益確定の売り等から反落、前日比-93.39ドルの15518.74ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、BOE四半期インフレレポート、独・6月鉱工業生産などの発表が予定されています。


昨日はRBA政策金利発表で0.25%の利下げが決定されたものの、利下げは織り込み済みだったことと更なる利下げ余地について言及されなかったことからオージーの買い戻しの動きが強まり、オージードルは一時0.90ドル台を回復、オージー円も88.57円まで上昇しました。
NY時間はダウの下落等からリスク回避の流れとなり円が買われ、ドル円は98円を割り込み97.51円まで下落、その後も97.80~97.60円台で上値重い動きとなりクロス円も軟調に推移しました。

今日も日経平均が約300円と大幅下落しており、ドル円は一時97.09円の安値を、クロス円も軒並み軟調でユーロ円は129.14円、ポンド円は148.80円、オージー円は87.09円の安値を付けています。
ここからはまだドル円・クロス円の下落が続くのか、ドル円が97円台を維持できるかどうか等見ながら短時間の取引を考えています。
では、今日も頑張りましょう!



今日は、97円台を維持できるかのドル円、1.33ドル台へしっかり乗せる動きとなれるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




こんばんは。FX大好きママしましまです。

先週末発表された注目の米雇用統計は、7月非農業部門雇用者数は市場予想+18.5万人に対し結果+16.2万人、7月民間部門雇用者数は市場予想+19.5万人に対し結果+16.1万人と予想より弱い結果に、一方、7月失業率は市場予想7.5%に対し結果7.4%と予想より強い結果となりました。
NYダウは米雇用統計の結果を受けQE早期縮小観測が後退したことから小幅続伸し史上最高値を更新、前日比+30.34ドルの15658.36ドルで引けました。


今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきますが、今週は6日にRBA政策金利発表をはじめ5日の豪6月小売売上高、6日の豪6月貿易収支、8日の豪雇用統計等の結果を受けたオージーの動きに注目したい週です。

今週の政策金利関連は、6日にRBA政策金利発表、8日に日銀金融政策決定会合が予定されています。
RBA政策金利発表では、0.25%の利下げが予想されています。
今週の主な経済指標等は、5日に豪・6月小売売上高、米・7月ISM非製造業景況指数、6日に豪・6月貿易収支、英・6月鉱工業生産、米・6月貿易収支、7日にNZ・第2四半期失業率、BOE四半期インフレレポート、独・6月鉱工業生産、8日に豪・7月新規雇用者数/7月失業率、米・新規失業保険申請件数、9日に加・7月雇用ネット変化/7月失業率などの発表が予定されています。


先週は利下げ観測を受けオージードルが0.88ドル台を付けるなどオージー売りが目立った週で、ドル円は週後半上昇、ユーロドルは比較的小幅な動きとなりました。
今週はまず米雇用統計明けの動きに注目、ドル円は100円台を目指す動きとなれるか、また今週はRBA政策金利発表や豪指標の発表も多く、オージー売りが続くのかにも注目しながら週明けの流れを見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!


今日は、今週100円台回復なるかのドル円、レンジを抜ける動きとなるのかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。




おはようございます。FX大好きママしましまです。


1週間ぶりの更新となります。昨日まで家族旅行でシンガポールへ行ってました。
今日は通常通り記事を書くつもりだったのですが、これから買い物や掃除などもしなければならないので、通常の更新はまた深夜にでもさせていただきます。

今日は少しだけ旅行記を♪


kaya
長男と私はカヤトーストにはまってしまい、何度も食べました。


tea

tea

tea

こちらはスイソテルスタンフォードホテル70階のequinoxでのハイティー。
このほかにお料理もたくさんあります。
絶景とともにいただくお茶もよいものです。



chicken
シン・スィーキーのチキンライス。美味しくて2度も食べに行きました(笑)


lion
セントーサ島も観光。マーライオンタワーに上りました。


butterfly
長男の希望でバタフライパークにも行きました。


cable
ケーブルカーは次男が大喜び!


marina
マリーナベイサンズのプールからの夕暮れ。地上約200メートルのプールからの眺めは最高!


marina
夜になりました。


marina
ジャグジーサイドでカクテルを。子供達にはのんべえと思われております(汗)




skate
子供達はマリーナベイサンズ併設のショッピングセンターでスケートも楽しみました。


tea
アフタヌーンティも良かったです♪


旅行記は株・育児ブログの方でぼちぼち更新させてもらいます。
では、また夜に更新させていただきます。今回はFXの内容全くなくてすいません(汗)


誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ 人気ブログランキング誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママにほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ


SEO対策:スワップSEO対策:外国為替