FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は、主な米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは、デュポン等米主要企業のさえない決算を受け大幅反落し、前日比-243.36ドルの13102.53ドルで引けました。

今日の政策金利関連はFOMC政策金利発表が予定されており、政策金利は据え置きの予想となっています。また、明日早朝にRBNZ政策金利発表が予定されています。
今日の主な経済指標等は、独・10月IFO景況指数、米・9月新築住宅販売件数などの発表が予定されています。米・9月新築住宅販売件数の市場予想は38.5万件です。
今日も米主要企業の決算を受けてのダウの動きに注意、また、今日は5年債350億ドルの米国債入札が予定されています。


昨日は、米主要企業決算の弱い結果やムーディーズによるスペインの5自治州の格下げを受けてのスペイン国債利回り上昇を受け欧米株価が下落、特にNYダウが250ドル近い下落となったことでリスク回避の流れが急速に進みました。
ドル円は、朝方7月6日以来の80円を付けるなど円売りが強まりましたがそれ以上の動きとはならず、終日79円台後半と小幅な値動きで、やや上値重く推移しました。
ユーロドルは欧州~NY時間に大幅下落となり、NY時間には1.30ドルを明確に割り込み一時1.2952ドルの安値を付け、その後はやや反発するも1.29ドル台後半では上値重く推移しました。

今日は、豪第3四半期消費者物価指数の強い結果や中国指標の改善の動きを受けオージーが上昇、日経平均の持ち直し等を受けリスク回避の流れは止まっています。
昨日はリスク回避の動きが進みましたが大きく見ての円売り基調は継続なのか、ドル円が再び80円超えを目指す動きとなるかやユーロドルの下落は止まるか等に注目、また、FOMCや米主要企業の決算を受けてのダウの変動に注意しながら慎重に流れを見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、79円台後半で小動きのドル円、1.30ドル割れのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替