FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は、米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは一時100ドル超下落する場面もありましたがそこからは持ち直し3営業日ぶりに小反発し、前日比+2.38ドルの13345.89ドルで引けました。

今日の政策金利関連は、BOC政策金利発表が予定されています。
政策金利は据え置きの予想となっています。
今日の主な経済指標等は、加・8月小売売上高などの発表が予定されています。
今日も米主要企業の決算を受けてのダウの動きに注意、また、今日は2年債350億ドルの米国債入札が予定されています。


昨日は、日銀追加緩和期待の高まりや、S&Pが「赤字トレンドが現在のままであるならば、日本の格付けを引き下げる可能性も」との見解を示したことを受け、円売りが進みました。
ドル円は、東京午前は79.30円付近でのもみ合いでしたが、東京午後には先週の高値79.46円、8月20日の高値79.66円を超える堅調な動きとなり欧州~NY時間は79円台後半まで上昇し底堅く推移しました。
ユーロドルはじりじりと下値を切り上げ1.30ドル台中盤へ上昇、終日ほぼ1.30ドル台中盤での動きとなりました。

今日は朝方ドル円が7月6日以来の80円を付けるなど円売りが強まりましたがそれ以上の動きとはならず、現在ドル円は79.90円付近、ユーロドルは1.3050ドル台で推移しています。
ここからは、ドル円が80円台へしっかり乗せていく動きとなるかどうか、ユーロ円などクロス円も上昇継続となるか、円売り基調の相場を見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、しっかり80円台へ乗せることができるかどうかのドル円、1.30ドル台中盤から動きが出るかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替