FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・8月耐久財受注は、市場予想前月比-5.0%に対し結果前月比-13.2%(除輸送用機器は前月比-1.6%)、米・第2四半期GDP・確報値は市場予想前期比年率+1.7%に対し結果前期比年率+1.3%、米・8月中古住宅販売保留は市場予想前月比+0.3%に対し結果前月比-2.6%といずれも予想より弱い結果となりました。
一方、米・新規失業保険申請件数は、市場予想37.5万件に対し結果35.9万件と予想より強い結果となりました。
NYダウはスペイン債務問題への懸念が後退したことから反発し、前日比+72.46ドルの13485.97ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、欧州・9月消費者物価指数・速報値、加・7月GDP 、米・9月シカゴ購買部協会景気指数、米・9月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値などの発表が予定されています。
米・9月シカゴ購買部協会景気指数は52.8、米・9月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値は79.0の市場予想です。


昨日は、スペイン政府が2013年度予算案・改革案を発表、その内容を受けスペイン債務懸念がやや後退しユーロは反発しました。
また、NYダウが前日比72.46ドル高で引けるなど株価も堅調に推移し、全体的にリスク回避の巻き戻しの流れとなりドルが軟調に推移しました。
ドル円は終日77.70~77.50円台での上下20銭ほどの小動きで推移し、上値の重さが目立ちました。
ユーロドルは東京時間は1.29ドルまで反発するも1.29ドルを越えることができず、欧州時間には1.28ドル台中盤へ反落、NY時間はスペイン政府の予算案・改革案発表直後1.2829ドルまで売られるも、その後は大きく反発し1.29ドル台へ乗せ、1.29ドル台前半で底堅く推移しました。


今日も今のところは緩やかなドル売り基調が継続しユーロドルは1.2942ドル、ポンドドルは1.6263ドル、オージードルは1.0473ドルまで上昇、ドル円は一時77.46円の安値を付けています。
今日はスペインの銀行のストレステストの結果が発表される予定でその結果を受け相場が動くか、また格下げの動きにも注意、今日は週末・月末ですしあまり無理をせず、様子見主体でもよいかと思います。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、77.40円台へじりじり下落のドル円、やっととりあえず反発のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替