FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・9月消費者信頼感指数は、市場予想63.2に対し結果70.3と予想より強い結果となりました。
NYダウは、米経済指標は強かったもののキャタピラーの下落等から大幅続落し、前日比-101.37ドルの13457.55ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、独・9月消費者物価指数・速報値、米・8月新築住宅販売件数などの発表が予定されています。米・8月新築住宅販売件数の市場予想は38.0万件です。
また、今日は5年債350億ドルの米国債入札が予定されています。

昨日は、米指標の強い結果等受け反発する場面もありましたがリスク回避的な流れは継続、NY午後にはダウの大幅下落やスペイン情勢への懸念からリスク回避の動きが強まりました。
ドル円は、やや軟調に推移し欧州序盤に77.66円の安値を付けるもそこからは反発、NY時間は米指標の好結果等から77.93円まで上昇するも、78円を前に上値を抑えられ77円台後半での推移が継続しました。
ユーロドルは上値重く推移し欧州時間には1.29ドルを挟んで小動きとなるも、NY時間には一時1.2970ドルまで上昇、しかしNY午後にはダウの下落やスペイン情勢等を受けリスク回避の動きが強まり再び1.29ドル付近へと下落しました。

今日は、権利落ちということもあり日経平均が約200円の下落、為替もユーロドルが1.2860ドル台へと下落、クロス円も軒並み下落するなどリスク回避の動きが進んでいます。
ここからドル円は引き続き78円がレジスタンスとなり77円台後半での小動きが続くか、ユーロドルがここから更に売られ1.28ドルも割りこんでくるような展開となるのかどうか等、日銀介入への警戒感も強まる中、リスク回避の動き続くか見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、78円台へ戻せず小動き続くドル円、まだ下落は続くかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替