FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・9月NY連銀製造業景気指数は、市場予想-2.00に対し結果-10.41と予想より弱い結果となりました。
NYダウは反落し、前日比-40.27ドルの13553.10ドルで引けました。


今日の主な経済指標等は、英・8月消費者物価指数、独・9月ZEW景況感調査、米・7月対米証券投資などの発表が予定されています。


昨日は、NY序盤にドル円が堅調な流れとなり78円台後半まで上昇、ユーロ円が103.86円の高値をつけるなど他通貨に対しても円は売られましたが、その後はNYダウが利益確定売り等から軟調な推移となったこともありドル円・クロス円とも反落の流れとなりました。
ドル円は、欧州時間までは78円台前半中心での推移でしたが、NY時間は日銀政策発表への思惑や反日デモへの懸念から円売りの流れとなり一時78.93円の高値を付け、その後も78.60~78.70円台で底堅く推移しました。
ユーロドルは、欧州時間までは1.31ドル台前半~1.31ドルをやや割り込む比較的狭い範囲内での推移に、NY時間は米9月NY連銀製造業景気指数の弱い結果を受け1.3172ドルまで上昇しましたが、その後失速し再び1.31ドル付近へと下落しました。


今日は、昨日NY時間の円売り後の円買いの流れが継続し、ドル円はやや軟調、クロス円も軟調な流れとなっています。
ここからは、明日19日の日銀政策金利発表での追加緩和期待を背景に再び円安が進むのか、それとも調整の流れ継続なるか、明日に日銀政策発表を控え動きづらい中、ドル円が79円台をつけることができるか、ユーロドルは1.31ドル付近でなんとか踏みとどまれるかなど見ていきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、78円台後半まで上昇したドル円、1.31ドル付近維持できるかのユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替