FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は、主な米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは小幅続伸し、前日比+9.99ドルの13333.35ドルで引けました。

今日の政策金利関連は、SNB政策金利発表、そしてFOMC政策金利発表、FOMC経済・FFレート見通しの公表・バーナンキFRB議長記者会見が予定されています。
FOMC政策金利発表では、先週末7日の弱い米雇用統計の結果を受けQE3の実施が決定されるかどうかが注目されています。

今日の主な経済指標等は、米・8月生産者物価指数、米・新規失業保険申請件数などの発表が予定されています。
米・8月生産者物価指数は前月比+1.2%、米・新規失業保険申請件数は37.0万件の市場予想です。
また、今日は30年債130億ドルの米国債入札が予定されています。

昨日は、ドイツ憲法裁判所がESMへのドイツの拠出を条件付きで承認したことを受けユーロは上昇、また、FOMCを控えドルの他通貨に対し軟調な動きは継続しました。
ドル円は、底堅いながら80円を前に上値を抑えられ77円台後半で小動きでした。
ユーロドルは欧州時間にドイツ憲法裁判所がESMへのドイツの拠出を条件付きで承認したことを受け1.29ドル台へ乗せ1.2936ドルまで上昇、その後反落するも1.28ドル台後半では底堅く、1.28ドル台後半で推移しました。

今日は、FOMCを控えていることもあり今のところほとんど動きがなく、ここからもなかなか動きづらいところです。
FOMCの結果次第で相場は大きく変動しそうで、更なるドル安・ドル高どちらに進んでも対応できるようにしておきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、78円で上値抑えられるドル円、1.29ドル台へ上昇したユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替