FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・8月ISM製造業景況指数は、市場予想50.0に対し結果49.6と予想より弱い結果となりました。
NYダウは反落し、前日比-54.90ドルの13035.94ドルで引けました。

今日の政策金利関連は、BOC政策金利発表が予定されており、政策金利は据え置きが予想されています。
また、今日の主な経済指標は、欧州・ 7月小売売上高などの発表が予定されています。

昨日は、米・8月ISM製造業景況指数が予想を下回り3カ月連続で景気判断の分かれ目となる50を下回ったことや、一時100ドル超の下落となったNYダウの動きを受け、リスク回避的な流れが優勢となりました。
ドル円は終日78.30円~78.40円台の狭いレンジで推移、ユーロドルは東京時間に1.26ドル台へ上昇し欧州時間までは1.26ドル台で小幅に推移していましたが、欧州時間に1.26ドルを割り込み、NY時間も1.25ドル台後半での推移となりました。

今日もユーロが弱めに推移しておりユーロドルは一時1.2523ドルの安値を付け、オージーも豪第2四半期GDPの弱い結果等を受け軟調に推移しています。
明日6日にECB政策金利発表・ドラギECB総裁の会見、週末7日に米雇用統計とビッグイベントを控え動きづらいところではありますが、ここからユーロドルが1.25ドル台を下抜ける弱い動きとなるのか、小幅な動きを継続するドル円に動きは出るのか等見ながら、慎重に取引していきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、78円台前半での推移続くドル円、1.25ドル台前半へ下落のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替