FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・新規失業保険申請件数は、市場予想37.0万件に対し結果36.5万件と予想より強い結果となりました。
NYダウは、ECB・ドラギ総裁への失望感から続落し、前日比-92.18ドルの12878.88ドルで引けました。

今日は、注目の米雇用統計の発表が予定されており、市場予想は7月非農業部門雇用者数が+10.0万人、7月民間部門雇用者数が+11.0万人、7月失業率が8.2%となっています。
前回は6月非農業部門雇用者数が市場予想+10.0万人に対し結果+8.0万人、6月民間部門雇用者数が市場予想+10.6万人に対し結果+8.4万人と予想より弱い結果に、6月失業率は8.2%と市場予想通りの結果となりましたが、今回非農業部門雇用者数が+10.0万人を越えることができるか、米追加緩和への期待も高まる中、今日の結果は大いに注目したいです。

その他今日の主な経済指標等は、欧州・6月小売売上高、米・7月ISM非製造業景況指数などの発表が予定されています。米・7月ISM非製造業景況指数の市場予想は52.0です。

昨日は、ECB政策金利発表・ドラギECB総裁の記者会見を受け、ユーロが大荒れとなりました。
ECBが政策金利を据え置いたことやドラギ総裁会見への期待感からユーロは買われ、ユーロドルは一時1.2404ドル、ユーロ円も96.97円の高値を付けましたが、その後のドラギ総裁の会見で欧州債務危機解決に向けた具体策が示されなかったことからユーロは急落、ユーロドルは1.2134ドル、ユーロ円も94.93円の安値を付け、その後も軟調に推移しました。
ドル円は昨日も狭い値幅で推移もやや軟調に、ドルが買われたことでクロス円もNY時間は軟調でした。

今日は、日経平均が100円を越える下落幅でドル円・クロス円ともに上値重く推移、しかし米雇用統計を前に大きな動きは出ていません。
今日は何と言っても米雇用統計に注目、7月非農業部門雇用者数が+10.0万人を越えてくるかどうか、値幅小さいドル円がどちらかにブレイクするか等見ながら、雇用統計後の値動きを追いたいです。
では、今日も頑張っていきましょう!



今日は、78円台前半で動き少ないドル円、1.21ドル台へ急落のユーロドルを分析します。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替