FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

今日は、26日に公表されたギリシャ世論調査で緊縮財支持の新民主主義党がトップに立ったことや、「EUが金融機関からの課徴金により経営難の銀行を救済する基金を設立する計画に取り組んでいる」との英紙の報道を受けユーロは買われ、ユーロドルは1.2574ドルと先週末の終値1.2515ドルから上へ窓を大きく開けるスタートとなりその後も1.26ドルでは止められるものの底堅い動き、また、ユーロ以外の通貨に対してもドルは売られる動きとなっています。

今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週は1日の米雇用統計が1番の注目材料、その他米・第1四半期GDP・改定値や5月ISM製造業景況指数、欧州指標、30日の豪・4月小売売上高にも注目です。
今週は6月1日に注目の米雇用統計の発表が予定されており、5月非農業部門雇用者数が+15.0万人、5月民間部門雇用者数が万人、5月失業率が8.1%の市場予想となっています。
前回の米雇用統計は、4月非農業部門雇用者数が市場予想+16.1万人に対し結果+11.5万人、4月民間部門雇用者数が市場予想+16.7万人に対し結果+13.0万人と予想より弱い結果に、一方、4月失業率は市場予想8.2%に対し結果8.1%と予想より強い結果となりましたが、今回は3ヶ月ぶりに非農業部門雇用者数が市場予想を上回ることができるか、追加緩和期待も高まっている中その結果に注目です。

米雇用統計以外の今週の主な経済指標等は、29日に独・5月消費者物価指数・速報値、米・5月消費者信頼感指数、30日に豪・4月小売売上高、米・4月中古住宅販売保留、31日に豪・4月住宅建設許可件数、独・5月失業者数/5月失業率、欧州・5月消費者物価指数・速報値、米・5月ADP全国雇用者数、米・新規失業保険申請件数、米・第1四半期GDP・改定値、米・5月シカゴ購買部協会景気指数、1日に加・3月GDP、加・第1四半期GDP、米・5月ISM製造業景況指数などの発表が予定されています。
また、今日28日は米市場がメモリアルデーにより休場です。

今週も、ギリシャやスペイン等欧州情勢で動く相場となるか、また、週末の米雇用統計をはじめ重要指標の発表も多く、今までのリスク回避の動きから変化が出てくるのかどうか、今週もユーロドルの安値更新の動きには注意しながら流れを見ていきたいです。
では今週も頑張っていきましょう!


今日は、やや軟調な動きのドル円、1.26ドル台へしっかり戻していけるかのユーロドル、78円台へ上昇のオージー円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替