FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

今日は、ギリシャ再選挙が濃厚になるなど欧州債務問題への懸念からユーロドルは1.29ドルを割り込む動きに、野田首相の円高対応への発言や中国人民銀行預金準備率引き下げを好感した株価の上昇を受けドル円・クロス円は上昇しましたが、株価の失速により現在は円買いの流れが優勢となっています。

今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週は16日のFOMC議事録をはじめ15日の米・4月小売売上高、RBA議事録、日欧のGDP等が注目材料です。
今週の政策金利関連は、15日にRBA議事録、16日にFOMC議事録が予定されています。
今週の主な経済指標等は、14日にNZ・第1四半期小売売上高指数、欧州・3月鉱工業生産、15日に独・第1四半期GDP・速報値、英・3月商品貿易収支、欧州・第1四半期GDP・速報値、独・5月ZEW景況感調査、米・4月消費者物価指数、米・4月小売売上高、米・5月NY連銀製造業景気指数、米・3月対米証券投資、16日に英・4月失業率/4月失業保険申請件数、BOE四半期インフレレポート、米・4月住宅着工件数/4月建設許可件数、米・4月鉱工業生産、17日に日・第1四半期GDP・一次速報値、米・新規失業保険申請件数、米・5月フィラデルフィア連銀景況指数,米・4月景気先行指数、18日に加・4月消費者物価指数などの発表が予定されています。
また、今日14日にはユーロ圏財務相会合が予定されています。

先週は欧州債務問題への懸念の高まりからリスク回避の流れが継続しましたが、今週もギリシャ政局への懸念等からリスク回避の重い動きはまだ継続するのか、今週はFOMC議事録や欧米指標発表も多くそれらの結果も注意しておきたいです。ドル円は80円台へしっかりと乗せていけるか、そして1.29ドル台を維持出来なかったユーロドルはここからまだ下落していくのかどうか、慎重に今週の動きを見ていきたいです。
では今週も頑張っていきましょう!


今日は、80円台へのせることができるかのドル円、1.29ドルも割れてしまったユーロドル、80円付近のオージー円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替