FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・12月個人所得は、市場予想前月比+0.4%に対し結果前月比+0.5%と予想より強い結果、12月個人支出は市場予想前月比+0.1%に対し結果前月比+±0.0%と予想より弱い結果となりました。
NYダウは、ギリシャ債務交換交渉の難航や独財務相の発言等で大幅下落も後に下げ幅を縮小し、終値前日比-6.74ドルの12653.72ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は独・1月失業者数/1月失業率、加・11月GDP、米・1月シカゴ購買部協会景気指数、米・1月消費者信頼感指数などの発表が予定されています。
米・1月シカゴ購買部協会景気指数は63.0、米・1月消費者信頼感指数は68.0の市場予想となっています。

昨日は、ギリシャ債務交換交渉が合意に至らないことへの懸念やポルトガル10年債の利回りの急上昇、独財務相がギリシャが以前合意した緊縮財政改革を進めなければギリシャへの第二次支援を実施しない可能性があるとの見解を示すなどから、欧州債務問題への懸念が高まりユーロが売られ、リスク回避の動きが進みました。
しかし、NYダウの下げ幅縮小やEU首脳がESMを7月から稼動させることで合意したこと、ギリシャ債務交換交渉の合意期待等からユーロは持ち直し、他通貨もドルに対し反発の動きとなりました。
今日も、ギリシャのパパデモス首相が「民間債務者との債務交換協議について今週末までの協議終了を目指す」と述べたことからリスク回避の巻き戻しの動きとなりドルが売られ、ユーロドルは1.3198ドル、オージードルは1.0645ドルの高値をつけ現在も底堅く推移しています。
今日ここからもドル安の流れが続くのか、76.50円を下抜け3カ月ぶりの安値をつけているドル円が下げ止まれるか、ユーロドルはショートの巻き戻し進み再び1.32ドル台へ乗せる動きとなるのか等見ながら、慎重に流れを見ていきたいです。
では、今日も頑張っていきましょう!


今日は、レンジ下抜けじり安のドル円、1.31ドル台後半まで戻してきたユーロドル、81円付近の動きのオージー円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替