FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・第4四半期GDP・速報値は、市場予想前期比年率+3.0%に対し結果前期比年率+2.8%と予想より弱い結果に、米・1月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値は市場予想74.0に対し結果75.0と予想より強い結果となりました。
NYダウは、米・第4四半期GDP・速報値が予想より弱い結果となったことやフォードやシェブロンなどの冴えない決算内容等を受け続落、終値前日比-74.17ドルの12660.46ドルで引けました。

来週の相場ですが、来週は30日のEU首脳会議と週末3日の米雇用統計に注目したいです。
週末3日に発表される米雇用統計は、 1月非農業部門雇用者数が+15.0万人、1月民間部門雇用者数が+16.8万人、1月失業率が8.5%の市場予想となっています。
先月分の米雇用統計は、12月非農業部門雇用者数が市場予想+15.5万人に対し結果+20.0万人、12月民間部門雇用者数が市場予想+17.8万人に対し結果+21.2万人、12月失業率が市場予想8.7%に対し結果8.5%といずれも予想を上回る強い結果となりましたが、今回も回復を感じさせる強い結果となるのか注目です。

来週の主な経済指標等は30日に米・12月個人所得/12月個人支出、独・1月消費者物価指数・速報値、31日にNZ・12月住宅建設許可、独・1月失業者数/1月失業率、加・11月GDP、米・1月シカゴ購買部協会景気指数、米・1月消費者信頼感指数、1日に豪・第4四半期住宅価格指数、英・1月製造業PMI、欧州・1月消費者物価指数・速報値、米・1月ADP全国雇用者数、米・1月ISM製造業景況指数、2日に豪・12月貿易収支、豪・12月住宅建設許可件数、欧州・12月生産者物価指数、米・新規失業保険申請件数、3日に欧州・12月小売売上高、 加・1月失業率/1月雇用ネット変化、米・1月ISM非製造業景況指数などの発表が予定されています。
また、来週は30日にEU首脳会議が開催されます。

今週は、ドル円が31年ぶりの本邦貿易赤字からの円売りの流れに乗り昨年11月末以来のレジスタンス78.20円台抜けを試すも、「少なくとも2014年遅くまで異例な低金利を正当化」と予想外の内容となったFOMC声明文を受け反落、昨日は弱い米・第4四半期GDP・速報値の結果を受け76.64円まで下落しレンジ上抜けはなりませんでした。
また、ユーロは神経質な動きを見せながらも結局今週も上昇、ユーロドルは昨日1.3233ドルまで上昇し1.3218ドルの高値で引けました。
来週は、EU首脳会議や米雇用統計、ADP全国雇用者数、米・1月ISM製造業景況指数等の米国重要指標等見どころが多いですが、今週もまたドル安の相場が続くか、特にユーロの荒い動きに注意しながら流れを見ていきたいです。
では、来週も頑張っていきましょう!


今日は、週末のクロス円分析ということでユーロ円、ポンド円、オージー円を分析します。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替