FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは、欧州債務問題への懸念が重しとなり小幅反落し、終値前日比-13.02ドルの12449.45ドルで引けました。

今日の政策金利関連は、BOE政策金利発表、ECB政策金利発表とドラギECB総裁の会見が予定されています。政策金利は双方とも据え置きの予想となっています。
今日の主な経済指標等は、英・11月鉱工業生産、米・12月小売売上高、米・新規失業保険申請件数などの発表が予定されています。米・12月小売売上高は前月比+0.3%、米・新規失業保険申請件数は37.5万件の市場予想となっています。
また、今日はスペイン国債入札、30年債130億ドルの米国債入札が予定されています。

昨日は、フィッチが「ECBはユーロの崩壊を食い止めるため、さらに行動しなければならない」との見解を示したことや、フランス格下げの噂やギリシャ問題等欧州債務問題への懸念が高まりユーロが売られました。
ユーロは対米ドルでは一時1.2661ドル、対円では一時97.43円の安値をつけ、ポンドも貿易収支で赤字額が拡大したこと等から弱い動きとなりポンドドルは一時1.5308ドルまで下落、一方オージーなど資源国通貨は底堅い動きとなりました。
今日は今のところイベント待ちで様子見の相場となっています。
今日はBOE政策金利発表、ECB政策金利発表・ドラギECB総裁の会見、スペイン国債入札に米・12月小売売上高と注目材料が多いですが、これらの材料を受け大きく相場が動くのか、ユーロの更なる下落があるのか注目しながら、慎重に取引していきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、小動き続くドル円、1.27ドル台へ戻すも上値重いユーロドル、117円台へ下落のポンド円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替