FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

週明けの今日は、ユーロの下落で始まりました。ユーロドルは一時1.2665ドルまで、ユーロ円は97.23円まで安値を更新、ドルと円が強い動きとなりクロス円は軟調に推移しています。

今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週もユーロに注目が集まる週となりそうです。
今週の欧州は12日のECB政策金利発表・ドラギECB総裁の会見をはじめ今日9日に独仏首脳会談、11日に独伊首脳会談、12日にスペイン国債入札、13日にイタリア国債入札と注目材料が目白押しです。今週も早速安値を更新のユーロがまだまだ下を目指すのか、それとも相場を反転させる材料が出てくるか、ユーロから目が離せない週となりそうです。

今週の政策金利関連は、12日にBOE政策金利発表、ECB政策金利発表とドラギECB総裁の会見が予定されています。
政策金利は双方とも据え置きの予想となっています。
今週の主な経済指標等は、9日に独・11月鉱工業生産、11日に英・11月商品貿易収支、ベージュブック、12日に英・11月鉱工業生産、米・12月小売売上高、米・新規失業保険申請件数、13日に米・11月貿易収支、米・1月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値などの発表が予定されています。

今週は先述の通り今日9日に独仏首脳会談、11日に独伊首脳会談、12日にスペイン国債入札、13日にイタリア国債入札が予定されています。また、10日に3年債320億ドル、11日に10年債210億ドル、12日に30年債130億ドルの総額660億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

今週も先週の流れを引き継ぎユーロ売りのスタートとなっていますが、この流れが果たして週末まで続くのか、下落が急だった分急反発も十分考えられますし、乱高下に注意しながら今週の相場を見ていきたいです。
では、今週も頑張りましょう!


今日は、77円割れで推移のドル円、1.27ドル台へ戻せないユーロドル、118円台へと下落のポンド円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替