FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は主な米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは、欧州債務問題への懸念再燃するも底堅く推移し、前日比+21.04ドルの12418.42ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、米・12月ADP全国雇用者数、米・新規失業保険申請件数、米・12月ISM非製造業景況指数などの発表が予定されています。
米・12月ADP全国雇用者数は+17.8万人、米・新規失業保険申請件数は37.5万件、米・12月ISM非製造業景況指数は53.0の市場予想となっています。明日の米雇用統計を前に、12月ADP全国雇用者数や新規失業保険申請件数で予想を上回る強い数値となるか注目です。

昨日は、スペインが銀行支援のためにEUやIMFに融資申請を検討しているとの噂やハンガリー情勢への懸念等欧州債務問題への懸念が再燃、欧米株価も軟調に推移したこともありユーロが大きく売られました。
ユーロドルは1.30ドルを割り込み一時1.2897ドルまで下落し全体的にリスク回避的な動きとなりましたが、欧州が制裁のためイラン産の原油輸入停止で合意との報道で商品価格が上昇し資源国通貨が底堅い動きとなったことやNYダウがプラス圏に戻し引けたことでリスク回避の流れは進行しませんでした。

今日はややリスク回避的な動きでドルが強めに推移していますが、大きな動きとはなっていません。
今日は、12月ADP全国雇用者数、新規失業保険申請件数、12月ISM非製造業景況指数の米重要指標に注目、明日に雇用統計を控え米経済の回復を感じさせる内容となるでしょうか。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、横ばいのドル円、再び1.29ドル台へと下落のユーロドル、なかなか120円台へ戻せないポンド円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替