FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は、主な米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは、EU首脳会議に対する格付け会社各社の否定的な見解を受け欧州債務危機への懸念が再び強まり大幅反落、終値前日比-162.87ドルの12021.39ドルで引けました。

今日の政策金利関連は、FOMC政策金利発表が予定されています。
政策は現状維持が予想されています。

今日の主な経済指標等は、英・11月消費者物価指数、独・12月ZEW景況感調査、米・11月小売売上高などの発表が予定されています。米・11月小売売上高は前月比+0.6%(除自動車は前月比+0.4%)の市場予想となっています。
また、今日は10年債210億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

昨日は、先週のS&Pの欧州15カ国の格下げ可能性示唆に続き、ムーディーズが「EU首脳会議は域内格付け支援に十分ではない」とし来年3月までにEU27カ国の国債格付けを引き下げる可能性があることを発表、フィッチも「EUサミットは欧州債務における圧力を緩和していない」との見解を示したため、複数機関による欧州格下げへの警戒感からリスク回避の動きが急速に進みました。
ユーロは大幅下落しユーロドルは1.32ドルも割り込み一時1.3162ドルまで下落、オージーなど資源国通貨も大きく売られ、ドル買いの動きが進んだためドル円は78円までの小幅上昇となりました。

今日はユーロドルが朝に1.3160ドルまで下落するもその後1.32ドル付近へと反発、他通貨もドルに対し小幅に反発の動きとなっていますが、ここからまだ反発続くか、それとも再びリスク回避方向となるか、欧州以降の動きに注目です。今日はNY時間にFOMC政策金利発表、米・11月小売売上高と場合によっては大きく相場を動かす重要な注目材料もあり、要注目です。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、少々上昇も小動き続くドル円、一時1.3160ドルまで大幅下落し上値重いユーロドル、今日も121円台半ばで推移するポンド円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替