FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は、主な米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは、イタリア債務危機への懸念から下落しましたが、シュタルクECB専務理事の「危機は遅くとも2年以内にコントロール下に」等の発言を受け反発、終値前日比+85.15ドルの12068.39ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、英・9月鉱工業生産などの発表が予定されています。
また、今日は3年債320億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

昨日も、欧州債務問題を意識した値動きは続きました。
ユーロドルは、イタリア国債利回りが急上昇し14年ぶりの高水準となったことなどを受け一時1.37ドルを割り込み1.3681ドルまで下落、その後ベルルスコーニ伊首相が辞任するとの噂やギリシャ債務問題への懸念後退で1.3814ドルまで上昇、しかしダウの下落から軟調な推移となり1.37ドル台前半まで下落、その後シュタルクECB専務理事の「危機は遅くとも2年以内にコントロール下に」等の発言を受け1.37ドル台後半まで反発するなど、1.36ドル台後半~1.38ドル台前半のレンジ内で神経質な値動きでした。
また、ドル円は昨日も78円台前半で小動きでした。

今日は全体的に方向感なく小動きとなっています。今日も主な経済指標などなく、相場は欧州債務問題関連の材料を受け動くということになりやすそうですが、ユーロドルは乱高下するものの結局1.36ドル台半ば~1.3850ドルのレンジにおさまり、明確な方向は出ないままなのかなどを見ながら、短時間の取引をしていきたいです。
では、今日も頑張っていきましょう!


今日は、78円付近で膠着が続くドル円、今日もレンジ内での値動きなのかに注目のユーロドル、125円台維持のポンド円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替