FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

週明けの今日は、ギリシャ与野党が大連立で合意したことからユーロドルは1.3824ドルと上へ窓を開けてのスタートとなりましたが、G20が欧州債務問題解決に期待外れな内容となったことやイタリアの先行き不透明さ、株価の軟調推移等から窓を埋める下落をし1.3753ドルの安値を付け、現在は1.3770ドル付近で推移しています。

今週の概要は外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」の方にも書かせていただきましたが、今週も経済指標等でそう大きな注目材料がない中、ユーロの動きに注目したいです。ユーロドルは50日線も走る1.38ドル台半ばをしっかり越え200日線1.3950ドル~1.4ドルを目指すのか、それとも今月1日の安値1.3608ドルを下抜ける軟調な流れとなっていくのかなど、方向感出る動きとなるのか見ていきたいです。

今週の政策金利関連は、10日にBOE政策金利発表が予定されています。
先月750億ポンドの資産買入規模の拡大を決定したばかりですし、今回政策に変更はないでしょう。

今週の主な経済指標等は、7日に欧州・9月小売売上高、独・9月鉱工業生産、8日に豪・9月貿易収支、英・9月鉱工業生産、9日に英・9月商品貿易収支、10日に豪・10月新規雇用者数/10月失業率、米・9月貿易収支、米・新規失業保険申請件数、11日に英・10月生産者物価指数、米・11月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値などの発表が予定されています。
また、今週は8日に3年債320億ドル、9日に10年債240億ドル、10日に30年債160億ドルの総額720億ドルの米国債入札が予定されており、入札を受けての米長期金利の動向にも注意しておきたいです。

G20で欧州債務問題について期待していた内容とならなかったこと、イタリアの債務問題等、不安要素が多々あるユーロですが、今週どちらに動いてくるか、まだ、ドル円は今週も今週も78円付近をサポートに78円台前半での狭いレンジを継続させるのか、今週も乱高下を警戒しながら慎重に流れを見ていきたいです。
では、今週も頑張っていきましょう!


今日は、78円付近で膠着が続くドル円、今週も不安定ながらも底堅い動きとなるかのユーロドル、125円台を保てるかのポンド円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替