FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・5月中古住宅販売保留は、市場予想前月比+3.0%に対し結果前月比+8.2%と予想より強い結果となりました。
NYダウは、ギリシャ緊縮財政法案が可決されたことでデフォルト懸念が後退し続伸、前日比+72.73ドルの12261.42ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、独・5月小売売上高指数、独・6月失業率/6月失業者数、欧州・6月消費者物価指数・速報値、加・4月GDP、米・新規失業保険申請件数、米・6月シカゴ購買部協会景気指数などの発表が予定されています。米・新規失業保険申請件数は42.0万件、米・6月シカゴ購買部協会景気指数は54.0の市場予想となっています。

昨日の東京時間はギリシャ議会の緊縮財政法案採決を控え様子見の流れに、欧州時間はギリシャ野党議員が法案賛成を示唆したとの報道などから楽観的な見方が広がりユーロが上昇、リスク選好の流れとなりました。NY時間はギリシャ緊縮財政法案の採決の途中でユーロが急落するなど大変不安定な動きとなり、法案可決の報道で知ったらしまいの円買いとなり、その動きが収まると再び円売り・ドル売りのリスク選好の流れとなる荒れた動きとなりました。ユーロドルは採決前後1.43ドル台中盤~1.44ドル台前半で乱高下しましたが、結局方向は上で1.44ドル台へと上昇しNY午後は1.44ドル台前半で落ちついた動きとなりました。

今日は朝からドル売りの動きが進んでり、ドル円は80.38円まで下落、ユーロドルはついに1.45ドル台へ乗せ、1.4516ドルの高値をつけています。
ここからはまだドル売りが続きユーロドルは1.45ドル台を保ち上値を狙う流れとなるのか、ドル円も再び80円台前半へと下落していくのか、今日はギリシャ緊縮財政法案の細目に関する関連法案の採決も予定されていますし、引き続き乱高下に注意しながらリスク選好の動き・ドル売りが継続するのかを見ていきたいです。
では、今日も頑張っていきましょう!


今日は、また80円台へ逆戻りのドル円、1.45ドル台へと上昇のユーロドル、130円台へ乗せていけないポンド円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替