FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日は、米経済指標の発表はありませんでした。
NYダウは、押し目買いが入り続伸、前日比+76.02ドルの12080.38ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、独・6月ZEW景況感調査、加・4月小売売上高、米・5月中古住宅販売件数などの発表が予定されています。米・5月中古住宅販売件数は480万件の市場予想となっています。

昨日はユーロがまた大きく動きました。現地時間19日に開催されたユーロ圏財務相会合で、ギリシャへの融資実行が7月に先送りされるとの決定を受けユーロは下落していましたが、NY時間にはNYダウの上昇からのリスク選好の流れとなったことや、ユンケル・ユーログループ議長等の要人発言によりギリシャ懸念がやや後退したことからユーロ買い戻しの動きが強まりました。この流れからユーロドルは欧州序盤の1.4191ドルの安値からNY時間には1.4327ドルまで上昇、ユーロ円も欧州序盤の113.58円の安値から114.98円まで回復しました。

今日は、フィッチが「ギリシャ債務再編や繰り延べはデフォルトとみなす」 と指摘したことからユーロが反落しドルストレートも全般的にドル買い基調となっています。また、RBA議事録で「資源以外の経済分野で活動が低迷」「国内経済指標は利上げを正当化する緊急性が増大していない」等の内容が公表されたことから利上げ期待が後退しオージーは売られ、対米ドルで1.0532ドル、対円で84.41円まで下落しています。
ここからはギリシャ債務問題に関してはギリシャ新内閣の信任投票に注目、引き続き要人発言等からの乱高下には注意しておきたいです。現在1.43ドル台を保っているユーロドルですが、再びの急落・それに伴ったクロス円の下落も警戒しておきたいところです。
では、今日も頑張っていきましょう!


今日は、引き続き80円台を維持できるかのドル円、1.43ドル台を保ち上昇継続なるかのユーロドル、130円付近まで戻しているポンド円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替