FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・新規失業保険申請件数は、市場予想41.7万件に対し結果42.2万件と予想より弱い結果となりました。
NYダウは、新規失業保険申請件数が予想より弱い結果となったことやゴールドマン・サックスが金融危機の件でNY地検から召喚状を受け取ったとの報道などから続落し、前日比-41.59ドルの12248.55ドルで引けました。

今日は今週一番の注目材料である米雇用統計の発表が予定されています。市場予想は5月非農業部門雇用者数が+16.5万人、民間部門雇用者数が+17.3万人、5月失業率が8.9%となっています。
このところ米経済指標の結果が軒並み弱いものとなっており、1日発表の5月ADP全国雇用者数は予想外に弱い結果、2日発表の新規失業保険申請件数も弱い結果となりました。今回の雇用統計もこの2つの指標を見ても弱いものとなることは想定できますが、下回るのはどの程度なのか、また時々「え?」と思うような数字も出ますので、予想外の上ブレにも一応注意しておきたいです。

その他今日の主な経済指標等は、英・5月サービス業PMI、米・5月ISM非製造業景況指数などの発表が予定されています。米・5月ISM非製造業景況指数は54.0の市場予想となっています。

昨日は、ギリシャ政府高官が「ギリシャに対する3カ年の調整計画で原則合意」と発言したとの報道や、ムーディーズが連邦債務の上限枠引き上げに進展見られない場合、米国債格付けを引き下げる方向で検討していると発表したため、ユーロが強くドルが弱い流れとなりユーロドルは一時1.4513ドルの高値をつけました。
今日は今のところやや円高方向での動きとなっています。今日はNY時間に米雇用統計の発表があり、それまでは動きづらい流れとなりそうです。雇用統計で非農業部門雇用者数が予想に近い数値となればドルは回復しそうですが、果たして雇用統計後ドルはどちらに動いてくるでしょうか。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、81円を越えられないドル円、1.44ドル台後半での動きのユーロドル、132円付近を維持できるかのポンド円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替