FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・3月S&Pケース・シラー住宅価格指数は、市場予想前年同月比-3.40%に対し結果前年同月比-3.61%と予想より弱い結果、米・5月シカゴ購買部協会景気指数は市場予想62.0に対し結果56.6、米・5月消費者信頼感指数も市場予想66.5に対し結果60.8と軒並み弱い結果となりました。
NYダウはギリシャ問題への懸念が後退したことで大幅上昇、前日比+128.21ドルの12569.79ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、英・5月製造業PMI、米・5月ADP全国雇用者数、米・5月ISM製造業景況指数などの発表が予定されています。米・5月ADP全国雇用者数は+17.5万人、米・5月ISM製造業景況指数は57.1の市場予想となっています。週末に米雇用統計の発表を控え、この2つの指標結果で急変動する可能性があり注意しておきたいです。
外為オンラインの「兵ブロガーの週間相場予想」は、今日は私が当番となっております。またお時間ございましたらご覧下さい。

昨日は、ドイツがギリシャに対する債務再編延長の要求を取り下げる見通しとの報道でユーロは堅調に推移し、ユーロドルは一時1.4437ドルまで急伸し、NY時間は上値を抑えられたものの底堅く推移しました。また昨日は、ムーディーズによる日本の格付け引き下げ方向で見直しとの発表を受けて全体的に円売り優勢となりドル円は一時81.77円まで上昇、クロス円も弱い米指標の結果等でNY時間弱まったものの、ユーロ円が一時118.80円まで上昇するなど全般的には上昇の動きとなりました。

今日は今のところドル円は81.30円付近で小動き、他の通貨ペアもほぼ小動きで、オージーはGDPの結果が予想を下回ったものの事前に懸念されているほど大幅な悪化ではなかったため買われ上昇しています。
昨日は各通貨まちまちな動きもユーロは強め、円は弱い流れとなりましたが、今日もユーロが強くユーロドルは昨日の高値1.4437ドルを越え1.45ドルを目指すのか、円は弱い動きを続けるのか、米・5月ADP全国雇用者数や米・5月ISM製造業景況指数の結果が予想を下回りドル売りとなってこないか等に注意しながら取引していきたいです。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、81円台を維持できるかのドル円、1.44ドル台前半で推移のユーロドル、NY時間から軟調な動きのポンド円の分析をさせていただきます。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替