FC2ブログ
転勤族の夫を持つ、さすらいの専業主婦です。高校生の子供が2人います。2005年からFXをはじめましたが、みごとにハマりました。いろんな意味でね・・。  このブログは自分なりの安全なデイトレードで資産を増やしていこうという、あるママのFX記録です。


こんにちは。FX大好きママしましまです。

昨日発表された米・1月耐久財受注は市場予想前月比+2.8%に対し結果前月比+2.7%、除輸送用機器も市場予想前月比+0.5%に対し結果前月比-3.6%と予想より弱い結果、米・1月新築住宅販売件数も市場予想30.5万件に対し結果28.4万件と予想より弱い結果となりました。一方、米・新規失業保険申請件数は市場予想40.5万件に対し結果39.1万件と予想より強い結果となりました。
NYダウは、原油高が嫌気され売られるも押し目買いも入り下げ幅を縮め、前日比-37.28ドルの12068.50ドルで引けました。

今日の主な経済指標等は、英・第4四半期GDP・速報値、米・第4四半期GDP・改定値、米・第4四半期個人消費・改定値、米・2月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値、独・2月消費者物価指数・速報値などの発表が予定されています。

昨日もリスク回避の円買い・スイスフラン買いが目立つ流れとなり、欧州序盤にはユーロ円は112.18円、オージー円は81.88円など大幅にクロス円が売られました。しかしそれからはドル売りが強まりドル円はNY時間には81.62円まで、ドルスイスも0.9234CHFまで下落、ユーロドルは1.3819ドル、オージードルは1.0123ドルまで急上昇し、結果クロス円は反発しました。ただ、ポンドに関してはNY時間も軟調で、対米ドルに対して1.6084ドルまで売られ、対円でも131.55円の安値をつけました。

今日はドル円・クロス円とも反発の動きとなり、ユーロドルも1.3820ドル台を維持していますが、ここからはドル円は82円台へ戻すことができるのか、ユーロドルは引き続き利上げ期待から1.38ドル台を維持しながら2日の高値1.3861ドルを目指すのかなど、通貨ごとにテーマが異なり少々複雑な動きとなっていることに気をつけながら取引していきたいです。今日も全体的にはドルが弱い流れとなるのでしょうか。
来週は米雇用統計をはじめRBA政策金利発表、ECB政策金利発表など、注目材料多く重要週となっています。今日は重要週を控え流れが出にくいかもしれませんし、取引できたらする、ぐらいでよいかと思います。
では、今日も頑張りましょう!


今日は、82円台へと反発できるかのドル円、早期利上げ期待からついに1.38ドル台へと上昇のユーロドル、昨日はきつい下げとなったポンド円を勝手に分析です。では、続きをご覧ください。

→続きを読む   →このブログの順位は? 
スポンサーサイト





SEO対策:スワップSEO対策:外国為替